シュガーのファンタイム

ようこそ、シュガーです。音楽、ライブ、小説、マンガ、アニメ、映画など私の楽しいこと、好きなことについて書いていきます。コメントもらえると嬉しいです! 基本リンクフリーですが、悪質な利用はやめてくださいね。

天才王子の赤字国家再生術12 ~そうだ、売国しよう~ 感想、レビュー 著者 : 鳥羽徹 / イラスト : ファルまろ GA文庫 ライトノベル

ようこそ、シュガーです。

GA文庫から発売されているライトノベル

著者 : 鳥羽徹 さん

イラスト : ファルまろ さん

天才王子の赤字国家再生術12 ~そうだ、売国しよう~ 

を読みました。

アニメ化もされた弱小国家運営物語のシリーズ第12巻。

さっそく感想、レビューを書いて行きます。

いつも通り私の個人的な評価です。

ネタバレがあるかもしれないのでご注意を。

 

 

鳥羽徹 ファルまろ 天才王子の赤字国家再生術12

天才王子の赤字国家再生術12 内容紹介 ストーリー あらすじ

アースワルド帝国の皇位継承戦も決着し、ようやくナトラ王国にも平穏が訪れたかに見えた。
だが、ナトラ王国と、その王子であるウェインには、さらなる試練が待ち構えていた。
帝国の皇位継承問題をも凌駕する、ナトラを根幹から揺るがす大波乱。
シリーズ第12弾、ここに開幕!

帝国の皇位継承戦が終息し、大陸の情勢は新たな局面を迎えていた。
帝国は安定を取り戻しつつあり、
西側からはカルドメリアが来訪するなど、
ウェインは依然として東西の間で難しい舵取りを求められていた。
そんな折、ナトラ国内に新たな動きが生じる――フラム人による独立国家。
そして本人も望まぬ形で、その渦中へと巻込まれていくニニム。
内憂外患、かつてない試練に直面するウェインにさらなる衝撃が。
「――お兄様、今いいかしら?」
思い詰めたフラーニャから発せられたひと言が、ナトラを揺るがす。
ニニムの苦悩、フラーニャの決意。疾風怒濤の第12弾!

内容紹介文はGA文庫HPより引用

URL:https://ga.sbcr.jp/product/9784815616410/

 

天才王子の赤字国家再生術12 感想 レビュー 評価

PIC1

お気に入り度を100点満点で表すと80点!

 

優秀な頭脳を持つ怠け者王子ウェインが弱小国家を運営していく物語シリーズ第12巻。

面白かったです。

11巻では紆余曲折あって女性版ウェインことロワがアースワルド帝国初の女帝となりました。

また、ナトラ王国内ではフラム人に怪しい動きがあったりもしました。

その続き。

 

ウェインとニニムの出会いのエピソードが読めました。

さいころのウェインは達観していて自分の人生に関心が薄いような雰囲気でした。

そんなウェインが同じく小さい頃のニニムに出会ったことで現在は、時には真面目に、時には面白おかしく人生を過ごすように変わったんだなぁと思うと、ウェインにとってニニムとの出会いが大きいものだっただろうと改めて思いました。

ニニムもまたウェインと出会ったことで人生がガラリと変わったわけですから、お互いの存在がお互いに良い影響を与える良い関係性だと感じました。

 

ナトラ王国を治めていく方針について、ウェインの妹のフラーニャが、正面切ってウェインに意見を言う場面なんかもありました。

今まではウェインの背中を見ていたフラーニャですが、ここ最近は外交に赴いたり自分の目で王国を見て回ったりしたことで、兄であるウェインの方針とは違う考え方を持つようになります。

時間をかけて成長してきたフラーニャの姿を読んでいると、一介の読者でしかない私まで誇らしい気持ちになってきます。

今まではウェインの背中を追いかけてばかりだったのに、今となっては自分で考えて進言できるまでになったなんて凄いですよ。

フラーニャが王になってもナトラは大丈夫そうだと思わせてくれます。

ただ、これすらもウェインが仕組んでいそうなのが彼の恐ろしいところ。

ウェインは色々と国のために手を打って、なにかしらさばき切れない不都合を自分の責任にして退く、みたいなストーリーを描いてそうなんですよね~。

どうなることやら。

 

フラム人の怪しい動きは今回も続いていて、ニニムも顔を出したり口を出したりして動きを抑えようとしますが、思ったよりも動きが強くて難しい状況に陥ります。

これをうけて終盤に「えぇぇーー!? 嘘でしょ?!」と思わず口に出るような展開になって12巻が終わります。

こんなところで終わってお預けなんて、そんなことありますか!?

ただこれは……何かしらの策略の可能性が高い……とも思いますが。

とにかく鳥羽さん早く続き書いてくださいお願いします!

 

 

天才王子の赤字国家再生術シリーズ感想記事リンク

PIC2

当ブログで書いている天才王子の赤字国家再生術シリーズの感想記事です。

ブログを始めた時期の関係で9巻からになります。

一緒に見てもらえたら嬉しいです。

天才王子の赤字国家再生術9

sugarbitter.hatenablog.com

 

天才王子の赤字国家再生術10

sugarbitter.hatenablog.com

 

天才王子の赤字国家再生術11

sugarbitter.hatenablog.com

 

まとめ

PIC3

GA文庫ライトノベル「天才王子の赤字国家再生術12 ~そうだ、売国しよう~」を読んだ感想、レビュー記事でした。

最後の展開が強烈で続きが早く読みたい気持ちでいっぱいです。

くせ者カルドメリアがどのような動きを見せるかもソワソワ半分ワクワク半分という感じで楽しみです。

アニメが好きだった方は是非原作を読むことをおすすめします!

アニメより濃い内容になっていて面白いですよ!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

参考になったり面白かったりしたら、読者になるボタンのクリックやコメントをしてもらえると嬉しいです!

モチベーションアップになりますので、お願いします!

それでは今日はこの辺で。

バイバイッ!

PIC

自称Fランクのお兄さまがゲームで評価される学園の頂点に君臨するそうですよ? 2 感想 レビュー 著者:三河ごーすと / イラスト:ねこめたる ライトノベル MF文庫J

ようこそ、シュガーです。

MF文庫Jから発売されているライトノベル

著者:三河ごーすと さん / イラスト:ねこめたる さん

自称Fランクのお兄さまがゲームで評価される学園の頂点に君臨するそうですよ? 2

を読みました。

面白かったです。

さっそく感想、レビューを書いて行きます。

いつも通り私の個人的な評価です。

ネタバレが含まれるかもしれないのでご注意ください。

ではいきましょう!

 

 

三河ごーすと ねこめたる 自称Fランクのお兄さま2

自称Fランクのお兄さま2 内容紹介 ストーリー あらすじ

相手の裏をかけて二流、流れを読めて一流、お兄様は――運命すらも支配する

【シリーズ累計50万部突破! 今最高に熱い学園ゲーム系頭脳バトル!!!!!】

ゲームの結果ですべてが評価される弱肉強食の学園・獅子王学園。
面倒のない日常を過ごしたい砕城紅蓮は、Sランクの生徒会役員を倒して得たポイントを妹の可憐に譲渡し、最低位のFランクを維持していた。
だが、生徒会長・白王子透夜の『生徒会選賭』開幕宣言により事態はまたも激変。学園全てを巻き込んだゲームが始まってしまう――。
「教えてやる。あんたらが遊び半分で望んでいた──戦争の怖ろしさをな」
愛する妹との絆を断ち切ろうとする卑劣な罠を前に、圧倒的な天才の力が愚かな生徒たちを断罪する! 
今、最も熱い学園ゲーム系頭脳バトル、伝説再来の第二弾!

内容紹介文はMF文庫Jより引用

URL:https://mfbunkoj.jp/product/f-rank/321704000704.html

 

自称Fランクのお兄さま2 感想 レビュー 評価

PIC1

お気に入り度を100点満点で表すと85点!

 

ゲームで全てが決まる学園で、普通の日常を過ごしたいと願うも、ゲームから逃れられない紅蓮を描いたお話シリーズ第2巻。

1巻で、見かけ上で格上の相手を圧倒してしまったことで、紅蓮の名前は学園中に知れ渡ることになりました。

この圧倒的な勝利をした相手が、学園の生徒会の1人だったことで、生徒会役員の入れ替えを目的としたゲーム「生徒会選賭(せいとかいせんきょ)」が開催されます。

紅蓮は早々に脱落しようとしますが、1巻で生徒会長の白王子透夜(しらおうじとうや)に目を付けられたことにより、脱落できないまま時間が過ぎてしまいます。

そんな中で、紅蓮のもとに水葉という少女がやって来て、弟子入りさせてほしいと言われます。

水葉と関わりはじめて、じわじわと違和感が広がり始め、生徒会選挙内の動きに巻き込まれてしまう……というお話。

 

この2巻で主にゲームに挑むのは、紅蓮ではなく妹の可憐。

彼女の並外れた情報処理能力や観察力が見られる展開は、読んでいてワクワクしました。

紅蓮がチート級に強いのは1巻の時点で分かっていましたが、妹の可憐も中々の実力者でした。

そういった場面が前半で描かれただけに、終盤のゲームで可憐が追い詰められた時の絶望感は大きかったです。

上には上がいる、ということですか……。

世の中は広い。

しかも、可憐を追い詰めるゲームは、紅蓮を勝負の場に引きずり出すための手段でしかなかったのが余計キツかったです。

自分たちの利益のために他人を当然のように利用する。

この学園ではゲームの実力がある人間が正義ですから、方法としては理解できます。

でも感情の部分は素直に納得できませんでした。

可憐が窮地に陥る様子は見ていられなかったです……。

この終盤のゲームに至るまでには少しのサプライズがあって、そこにたどり着く流れは読んでいて興味深かったです。

まぁ、予想していた展開の範疇ではあったんですけど、それはそれとしてね。

 

あと、紅蓮がゲームに超強い理由も少し描かれていて納得感を得ました。

それと同時に、グレンが道徳的でない、モラルが存在していない世界で小さいころから生きてきたことに胸が苦しくなったりもしました。

詳細はネタバレ防止のために伏せますが、こんな世界で生きてきたら、なんてことない平凡な日常にあこがれるのも凄く理解できます。

これは1巻でも描かれていましたが、日常にあこがれていた紅蓮が、それでも過去の5年間は裏世界でゲームに挑んでいたのは、砕城家が可憐をゲーム世界に送り込むのを防ぐためだったんですよね。

格好いいお兄さんですよ。

 

最後の最後、大事な妹を卑劣な罠にかけられた紅蓮が怒ってしまって、裏世界での紅蓮の側面を見せながら生徒会へ勝負をたたきつける場面で終わっています!

こんなの先が気になるじゃないですか!

続き読みます。

 

こんな人にオススメ!

本作を読んだうえで、下記の作品が好きな方は本作が好きなんじゃないかと私が思うものを上げてみます。

MF文庫J ライアー・ライアー

電撃文庫 Fランクの暴君

ようこそ実力至上主義の教室へ

メインテーマがゲーム、学生が主役となる作品つながりです。

MF文庫J ノーゲーム・ノーライフ

全てがゲームの勝敗で決まる設定つながりです。

・ガンガンコミックスJOKER 賭ケグルイ

ゲーム、というかギャンブルですべてが決まるという設定、学生が主役という作品つながりです。

 

自称Fランクのお兄さま 感想記事リンク

当ブログで書いている自称Fランクのお兄さま~の感想記事リンクです。

一緒に見てもらえたら嬉しいです。

自称Fランクのお兄さま 1 感想  レビュー

sugarbitter.hatenablog.com

 

まとめ

PIC2

MF文庫Jから発売されているライトノベル「自称Fランクのお兄さまがゲームで評価される学園の頂点に君臨するそうですよ? 2」を読んだ感想、レビュー記事でした。

新たなキャラクタがたくさん出てきて、しかも軒並み実力者で、読んでいてワクワクしたりヒヤヒヤしたりゾッとしたりしました。

ワチャワチャしたシーンは1巻より少なくて、その分だけ勝負の場面で真剣になることが多かったです。

次の3巻では紅蓮と生徒会のバチバチの勝負が読めるはずなので楽しみにしておきます。

 

この記事を読んでいただいてありがとうございました!

参考になったり面白かったりしたら、読者になるボタンのクリックや、コメントをしてもらえると嬉しいです!

モチベーションアップになりますので、よろしければお願いします!

それでは今日はこの辺で。

バイバイッ! 

PIC

七つの魔剣が支配する X (10) 感想 レビュー 著者:宇野朴人 / イラスト ミユキルリア 電撃文庫 ライトノベル

ようこそ、シュガーです。

電撃文庫から発売されているバトルファンジーライトノベル

著者:宇野朴人さん 

イラスト:ミユキルリアさん

七つの魔剣が支配するX (10)

を読み終わりました。

アニメ化も決定した七つの魔剣が支配する、略称ななつまシリーズ第10弾!

言葉を失うほど凄まじい物語でした……。

ただ、私の中に残った感情を残しておきたいので感想、レビューを書いて行きます。

ネタバレがあると思いますのでご注意ください。

 

 

宇野朴人 ミユキルリア七つの魔剣が支配する X (10)

七つの魔剣が支配する X (10) 内容紹介 ストーリー あらすじ

激烈な決闘リーグの結果や、いかに? 魔法バトルファンジー第10弾!!

 長きに亘った決闘リーグの終盤戦。ゴッドフレイとレオンシオの因縁が決着し、キンバリーは新たな学生統括を迎える。そうして喧騒が一段落した校舎の中、自分を求めるナナオと向き合い、姿を見せないユーリィの身を案じながら、オリバーはその裏で三人目の仇敵デメトリオの攻略へ向けて同志たちと策を練る。教師側の捜査による事態の切迫も決断を急かし、彼らはついに決戦へと身を投じる。
 迷宮四層の原野にてオリバーたちを迎え撃つデメトリオ。白日の下に晒された神代の秘奥を前に、彼らが用意した必勝の策はあっけなく踏み潰されていく。絶望的な戦況はやがて、少年がその胸に秘めた凄惨な過去を暴き始め――。

内容紹介文は電撃文庫HPより引用

URL:https://dengekibunko.jp/product/7-maken/322203002161.html

 

七つの魔剣が支配する X (10) 感想 レビュー 評価

PIC1

お気に入り度を100点満点で表すと90点!!

面白いのは間違いありませんが読後の精神的疲労が凄いので元気な時に読みましょう。

 

作者曰く「児童文学じゃないハリーポッター」こと「ななつま」のシリーズ第10巻。

想像を絶する苦しい内容になっていて、読み終わってからブログで感想記事を書くまでにクールダウン期間が必要なくらいでした。

大きなお話としては「決闘リーグ」と「復讐劇」の2つになっていました。

ですが、それだけでは語りつくせないことがたくさん起きています。

ナナオとオリバーの関係性が変わったり、シェラやピートが剣花団に向ける思いの強さだったり、カティのぶっ飛んだ部分が見える過去編だったり盛りだくさん過ぎました。

そりゃこんだけの内容なら470ページを超えてくるのも納得です。

全てに触れていたらきりが無いので特に印象的だった部分について書いてみます。

 

1つ目はカティの過去編です。

前の9巻での異界生物との関わりで、自分から手を伸ばして触れ合う信じられない危険行為をとった彼女。

そんな彼女の人格は幼いころから見えていたようです。

モンスターがお腹を空かせているから自分の腕を食べさせたり、食物連鎖を認識してから成長期にもかかわらず肉を一切食べなくなった時期があったり。

自分自身の命へのこだわりというか優先順位が低くて、好奇心を制御しきれない無茶なところがあったのです。

何の変哲もない一般人の私からしたら、カティの考えていることや行動は共感できないところが多すぎて怖さすら覚えます。

そんな彼女は好奇心旺盛なままで大人になっていて、これからもそのまま進んでいくと「魔にのまれる」ことになるかもしれません。

剣花団のメンバーの見立てでは、その時はそう遠くないようで心配になってしまいます。

理性的なオリバーやガイ、シェラがカティのことを見守って、時には無理やりにでも道を正してあげて欲しいです。

 

2つ目はオリバーが復讐をすることになるまでのお話しです。

幼少期のオリバーと父親のエドガー、母親のクロエのエピソードが読めると思って最初はワクワクしていましたが、途中雲行きが悪くなってきてからその先は長い苦しみを味わうものになっていました。

クロエが、エスメラルダやデメトリオ達キンバリーの教師たちの手に落ちる場面は無力感や絶望感を覚えずにはいられませんでした。

オリバーはそんな苦しい出来事を幼少期に経験して、その上シャーウッド家の命令で教師たちに復讐するために死ぬような思いで鍛錬を積んだり、常人であれば精神が崩壊するような仕打ちを受けたりしてきたことが描かれていました。

このあたりになってくると、読者の私が持つ感情は辛さや苦しさを越えて怒りや憎しみみたいなものになっていました。

オリバーはこんな過去を背負ってキンバリーでの生活を送っていたのかと思うと何も言えない気持ちになります。

そんな彼だからこそ、ナナオやシェラ、ガイ、ピート、カティ、ユーリィに本心から救われていたんだろうなぁと思うと「キンバリーにきて良かったね」と言葉をかけてあげたくなります。

 

そして3つ目が復讐劇。

今回もクロエに手を下した教師の1人に復讐をしていきます。

当然ながら超の付く実力者なので苦戦を強いられるオリバー達。

そんなオリバー達を助けてくれたのは、9巻でスパイと思われるような行動をしていた彼でした。

表の顔ではナナオと彼とで3人のチームを組んで戦ったオリバーです。

今回の敵を倒すことが彼とのお別れに繋がるであろうことに、オリバーは薄々気が付いていたとは思うんです。

それでも実際にその時が来たらオリバーは悲しんでしまうし寂しい思いをしてしまうんです。

だってオリバーは根本が優しいから。

優しい世界を作るために生きているから。

読者の私はそれを知っているので、この場面では胸が張り裂けそうな気持ちにさせられてしまうのです。

あぁ……みんなが幸せに暮らせる未来は無いのでしょうか……?

オリバーが壊れてしまう前に誰かオリバーを救ってください!

 

ほとんど感情に任せて書いてきました。

面白いのは間違いないですが、内容がえげつないので感受性豊かな人は特に苦しくなってしまうお話だったと思います。

これを踏まえた上で、これから先はエスメラルダなどの強敵と戦っていかなければならないなんて……オリバー本当に大丈夫なんでしょうか?

物語の結末をこの目で見届けるまで私は生きます!

 

七つの魔剣が支配するシリーズ感想記事リンク

PIC2

当ブログで書いているななつまシリーズ感想記事のリンクです。

ブログを書き始めた時期の関係で7巻からになっています。

七つの魔剣が支配する VII (7) 感想 評価記事

sugarbitter.hatenablog.com

 

七つの魔剣が支配する VIII (8) 感想 評価記事

sugarbitter.hatenablog.com

 

七つの魔剣が支配する IX (9) 感想 評価記事

sugarbitter.hatenablog.com

 

まとめ

PIC2

電撃文庫から発売されているライトノベル「七つの魔剣が支配する X (10) 」を読んだ感想レビュー記事でした。

読みごたえがあって重くて黒い部分が多かったように感じます。

読んだ人の感想を聞いてみたいです。

ななつまはアニメ化が決定しているので、続刊と共にそちらの続報も待とうと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

参考になったり面白かったりしたら、読者になるボタンのクリックやコメントをしてもらえると嬉しいです!

モチベーションアップになりますので、お願いします!

それでは今日はこの辺で。

バイバイ!

PIC

WILD BUNCH FEST.2022 DAY1 感想 レポート 夏フェス!

ようこそ、シュガーです・

2022年9月17日(土)に山口きらら記念公園で開催された野外ロックフェス

WILD BUNCH FEST.2022 DAY1

に参加してきました!

PIC1

台風の影響でDAY2、DAY3が中止になってしまったのは残念です。

誰が悪いわけでもないので諦めるしかないですね。

 

DAY1に参加した人はもちろん、DAY2DAY3参加予定だった人にも少しでも会場の空気感が伝わればいいなぁと思いつつ、ライブの感想や会場レポート、セットリストなどを書いて行こうと思います。

 

 

ワイルドバンチフェス2022

シュガーのマイタイムテーブル

私のタイムテーブルはコチラでした!

PIC2

計画ではヘッドライナーのSUPER BEAVERまで見るようにしていたのですが、sumikaまで見たところで体力ゲージがゼロになったので帰宅しました。

普段の引きこもり生活があだになってしまった……。

でも全然楽しかったのでOKです。

見たライブそれぞれについてセットリストや感想、MCの内容等を書いて行きます。

 

ヒトリエ

セットリスト

リハ1.カラノワレモノ
リハ2.ハイゲイン

1.ポラリス
2.ゲノゲノゲ
3.風、花
4.SLEEPWALK
5.curved edge
6.3分29秒
7.アンノウン・マザーグース
8.ステレオジュブナイル

 

感想、レポート

はじめてヒトリエのライブを見たのですが格好良かったです!

前方エリア抽選に当選して1列目で見られたのが嬉しかったです!

儚げな曲から力強い曲までいろいろ聞けて満足度が高かったですね~♪

楽曲の中でベースの主張が強いなぁと思いながら見ていました。

3ピースということもあるのか分かりませんがベースが目立っている感じ。

シノダさんの「wowakaからワイルドバンチに愛をこめて」のような言葉から入るアンノウン・マザーグースは胸に来るものがあってじっくり聞きました。

ハイゲインが凄く好きなので本編で聞きたかった気持ちもありますが、リハで聞かせてくれたので、まぁ良し笑

パフォーマンスが良かったのでワンマンライブに行ってみたくなりました。

トーキーダンスを聴きたかった!

 

フレデリック

セットリスト

1.YONA YONA DANCE

2.KITAKU BEATS

3.Wake Me Up

4.ジャンキー

5.オドループ

 

感想、レポート

セットリストは人気曲かつテンポのいい曲だらけで好みでした。

ただ、ギターボーカル三原健司さんの歌が調子悪かったように聞こえました。

普段のライブであれば力強い歌声で歌われている音域がファルセットになっていたり、声が弱かったりしていて聞いているこっちが心配になってしまうくらいでした。

フレデリックのライブを何回か見ているのもあって、普段の綺麗で強い声のイメージと違い過ぎました。

セットリストが良かったことやタイムテーブルの中でも期待していた方だったこともあって残念な思いは残ってしまいました。

喉は繊細な楽器なので調子の良し悪しがあるのは理解しているつもりなんですよ。

それでもやっぱり思うところはありました。

会場は盛り上がっていて楽しかったんですけどね。

特にオドループの盛り上がりはすごかった。

本当はもっと格好いいハズなんです!

またワンマンライブに行こうと思います。

直近で参加したフレデリックのライブ感想記事はコチラ。

sugarbitter.hatenablog.com

 

秋山黄色

セットリスト

リハ1.やさぐれカイドー
リハ2.宮の橋アンダーセッション

1.見て呉れ
2.アイデンティティ
3.ソーイングボックス
4.Caffeine
5.PUPA
6.ナイトダンサー
7.シャッターチャンス
8.クソフラペチーノ

 

感想、レポート

はじめて秋山黄色さんのライブを見ました。

秋山さん歌がうますぎる!!

高音域から低音域まで喉を自由自在にコントロールして歌を歌っているように聞こえるパフォーマンスでした!

音域だけでなく声の強弱の付け方も凄くて表現力高いなぁ~と見ていて感心しっぱなしでした。

生歌を聞いてこんなに「上手いなぁ~」と感じたのはUNISON SQUARE GARDENの斎藤宏介さんやsajiのヨシダタクミさん、MY FIRST STORYのHiroさん以来かもしれません。

本当に歌が魅力的でした。

7曲目のシャッターチャンスが終わってから少し時間が余ったようで秋山さんが「残り何分ですか?」と運営に確認して「あと5分」あることが分かって「クソフラペチーノ演ります」と言って曲に入る一面がありました。

恐らく急遽やることが決まったんだと思います。

「運営さんすいません」みたいに一言ことわってから、歌が始まったかと思えばステージに寝っ転がって歌ったり縦横無尽に動き回ったりしていて面白かったです。

あのむちゃくちゃな行動はユニゾン田淵智也さんを思い出させますね笑

田淵さんで慣れていたので驚きはせずに純粋に楽しめました笑

ワンマンライブが近くで行われたら行ってみたいです。

猿上がりシティーポップが聞きたかった!

 

MY FIRST STORY

セットリスト

ANTITHESE(初回限定盤)(DVD付)

ANTITHESE(初回限定盤)(DVD付)

Amazon

リハ1.白日/King Gnuカバー

リハ2.なんでもないよ/マカロニえんぴつカバー

リハ3.TRACE/WANIMAカバー

1.Second Limit

2.モノクロエフェクター

3.1,000,000TIMES

4.ACCIDENT

5.I'm a mess

6.REVIVER

7.不可逆リプレイス

 

感想、レポート

S・S・S(通常盤)

S・S・S(通常盤)

Amazon

リハーサルの時間で「2日目3日目が中止になってしまったから少しでも楽しんでもらえればと思って歌います」のようなHiroさんの言葉からカバー3曲がワンコーラス披露されるサプライズ!

ビックリしたのと同時にミュージシャンのつながりとか意地みたいなものを感じて熱くなりました。

観客の盛り上がり方も尋常では無かったです。

私がマイファスにそこまで詳しくないこともあって本編は知っている曲もあれば知らない曲もあった感じです。

S・S・Sツアー福岡サンパレス公演に参加した時にも思いましたが、今回も同じく歌がうますぎて圧倒されてしまいました。

REVIVERを生であの完成度で歌われたら、もう黙って聞くことしかできません。

それくらい圧倒的なボーカリストだと思います。

本当に歌が上手い。

スクリーム、ファルセット、地声の切り替えも瞬時に行われていて「喉が3つあるのか?」とか馬鹿なことを考えてしまうくらい凄かったです。

曲については好みの問題なので何も隠さず書きますがACCIDENTやI'm a messは私にそんなにハマりませんでした。

ALONEやMissing You、KING & ASHLEYのようにテンポが速くて焦燥感や緊迫感のあるが好きですね~。

そういうハイテンポの曲ばっかりでセットリスト構成してほしいです。

 

sumika

セットリスト

リハ1.1.2.3..4.5.6

リハ2.Lovers

1.MAGIC
2.マイリッチサマーブルース
3.グライダースライダー
4.Summer Vacation
5.透明(新曲)
6.ファンファーレ

7.Shake&Shake

 

感想、レポート

I co Y

I co Y

  • アーティスト:sumika
  • Noid (jp)
Amazon

sumikaは今まで何度かライブを見たことがあります。

今回はグライダースライダーが聞けてめちゃくちゃ嬉しかったです!

爽やかだけどロックバンドを感じる勢いもあって楽しくて超好きです!

セットリストは爽やかな曲が中心で「綺麗なsumika」という感じを受けました。

私はチェスターコパーポットふっかつのじゅもん、ペルソナ・プロムナードなどの「やんちゃなsumika」が好きなので1曲くらいそういう曲も聞きたかったですね~。

でもリハで1.2.3..4.5.6がワンコーラス聞けましたし楽しかったです!

パフォーマンスも安心感があって頼もしかったです。

私がsumikaで1番好きなrem.をライブで聞ける日はいつになるのでしょうか?笑

 

WANIMA

セットリスト

(ネットで調べたものです)

1.BIG UP
2.Japanese Pride
3.雨上がり
4.Cheddar Flavor
5.THANX
6.眩光
7.Hey Lady
8.いいから
9.ともに
10.オドルヨル

 

SUPER BEAVER

セットリスト

(ネットで調べたものです)

1.東京
2.突破口
3.美しい日
4.アイラヴユー
5.mob
6.正攻法
7.予感
8.名前を呼ぶよ
9.東京流星群
10.人として
11.青い春
12.さよなら絶望

 

会場の様子レポート

色々写真を撮ってきたので紹介します。

プライバシーの関係で画像を一部加工しています。

入場ゲート

PIC3

2つのメインステージと太陽がデザインされているように思います。

 

フラッグ

PIC4

ワイルドバンチフェス2022のフラッグ。

入場ゲートをくぐると旗がたくさんありました。

 

リストバンドチェック所

PIC5

ここでリストバンドを見せて入場します。

消毒液が設置してあったような記憶……。

 

メインステージ

PIC6

メインステージとなるBANDIT STAGEとPIRATES STAGEです。

盗賊ステージと海賊ステージ、今更ですけど物騒な名前のステージですね笑

 

もう1つのステージ

PIC7

メインステージとは少し離れたところにあるもう1つのステージTUBE RIDINGです。

ロゴもありました。

PIC8

 

前方エリア入場口

PIC9

ワイバン公式アプリの抽選で前方エリア観覧に当選した人は、専用の入り口から前方エリアに入場するようになっていました。

ここにきてアプリ画面をスタッフに見せてはいる感じです。

立ち位置は次の写真のようなポールで示されていました。

(秋山黄色さんの時の私の位置)

PIC10

その他撮影スポット等

PIC11

PIC12

 

退場ゲート

PIC13

入場ゲートの裏側はこんな感じでした。

コチラもメインステージ2つがデザインされていますね。

太陽が無いのは、帰るときには日が沈んでいることを表しているのかもしれません。

 

リストバンド

PIC14

17日だけ参加する人のリストバンドはコチラ。

綺麗に外せました。

 

入場時の体調登録

PIC15

順番が前後しましたが、入場時には公式アプリで体調や住所を登録した画面を提示する必要がありました。

 

写真はこんな感じです。

 

払い戻し情報

TICKET

台風によるDAY2DAY3の中止に伴ってチケット等の払い戻し情報が公式ページにのっていますので対象者は必ずチェックしましょう!

コチラからどうぞ→ https://www.wildbunchfest.jp/?cn=220002

シャトルバスやホテルプランなど、ケースによって対応が変わってきますので、自分がどのケースの当たるのかを見ておきましょう。

ひとまずリストバンド、駐車券、キャンプチケット、シャトルバス券など、入手にお金が必要だったものは全て大切に保管しておきましょうね。

 

払い戻し情報 2022/10/7追記

公式HPから払い戻し情報の案内がされたので追記します。

入場チケットの払い戻し

チケットの券種ごとに払い戻し方法が異なるそうです。

まずは

・9/17(土)18(日)2日通し券
・9/17(土)19(月祝)2日通し券
・3日通し券

をお持ちの方です。

コチラに該当する方は、夢番地払い戻し登録を行った後に、「リストバンドのタグ部分もしくは未使用のチケット」と「必要事項を記入したメモ用紙」を指定された場所へ郵送することで払い戻しを受けられるようです。

払戻WEB登録期間は2022年10月7日(金)正午~2022年11月7日(月)23:59までなのでご注意ください!

そしてリストバンドタグ/未使用チケット返送締切は2022年11月14日(月)必着のようです。

払い戻しWEB登録についてやメモに記載する必要事項等はこちらよりご確認ください。

www.yumebanchi.jp

 

続いて

・9/18(土)1日券

・9/19(月祝)1日券

・9/18(日)19(月祝)2日通し券
をお持ちの方。
こちらに該当する方は、お買い求めのプレイガイドによって払い戻し方法が異なるようです。

ただ、どのプレイガイドでも払戻受付期間は2022年9月30日(金)10:00~2022年10月30日(日)23:59になっています。

これを過ぎると払い戻しが受けられませんので、ご注意ください。

詳細はコチラよりどうぞ。

https://www.wildbunchfest.jp/?cn=220016#anc-fv

 

駐車場利用券の払い戻し

9月18日(日)・19日(月,祝)の駐車場利用券について払戻しが行われます。

駐車場券を購入する際に使用したメールアドレスに払い戻しに関する詳細が記載されたメールが来るそうです。

払戻し受付期間は10月7日(金)正午~11月7日(月)23:59になっています。

お忘れなく!

詳細はコチラ。

https://www.wildbunchfest.jp/?cn=220021#anc-fv

 

まとめ

PIC16

ワイルドバンチフェス2022DAY1に参加した感想だったり会場の様子だったりセットリストだったりをまとめてみました。

体力が続かなくてSUPER BEAVERを見られなかったのは心残りですが、十分楽しみつくしたのでOKです。

次に夏フェスがあるときは、2か月前くらいからランニングなどのトレーニングをしてから望みたいと思います。

台風でDAY2DAY3が中止になってしまったのは残念です。

参加予定だった人たちのことを考えると心が痛いです。

でも台風は人間には対処できないことで誰が悪いわけでもないので、誰かを悪く言ったりしないように心掛けたいです。

台風に左右されずに熱中症のリスクも少ない春にワイルドバンチを開催すればいいのになぁ~と昔から思っています。

ビバラロックやジャパンジャム、メトロックなど春フェスも多いわけですし。

もしくは屋内で開催するとか。

音響も環境も改善されるはずです。

偉い人や運営さん……素人の低なんですが少し考えてみてくれませんか!?

偉い人がこのブログを読むはずないですけどね笑

とにかく楽しかったです。

音楽が好きで良かった。

開催に関わったすべての皆様、ありがとうございました。

楽しい夏を過ごさせてもらいました。

お気に入りのミュージシャンが見つかったそこのあなたはワンマンライブに行くことをおすすめします!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

参考になったり面白かったりしたら、読者になるボタンのクリックやコメントをしてもらえると嬉しいです!

モチベーションアップになりますので、お願いします!

それでは今日はこの辺で。

バイバイ!

S・S・S(通常盤)

S・S・S(通常盤)

Amazon

魔導具師ダリヤはうつむかない ~今日から自由な職人ライフ~ 8 感想 レビュー 著者:甘岸久弥 / イラスト:景 ライトノベル MFブックス

ようこそ、シュガーです。

MFブックスから発売されているライト文芸(ライトノベル)

著者:甘岸久弥 さん 

イラスト:景 さん

魔導具師ダリヤはうつむかない ~今日から自由な職人ライフ~ 8 

を読みました。

このライトノベルがすごい2022単行本部門で9位にランクインしている人気シリーズ。

今回も面白かったです。

さっそく感想、レビューを書いて行きます。

いつも通り私個人の評価になります。

ネタバレがあるかもしれないのでご注意を。

 

 

甘岸久弥 影 魔導具師ダリヤはうつむかない 8

魔導具師ダリヤはうつむかない 8 内容紹介 ストーリー あらすじ

スライム製品に補助魔導具――ダリヤの開発で騎士の背中を守る!
遠征訓練へ同行するなど、魔物討伐部隊との関係を強固にしていく女性魔導具師のダリヤ。
彼女は魔物討伐部隊員から、ヴォルフのアンダーシャツに『背縫い』をしてやってほしいと頼まれる。『背縫い』とは、戦いに赴く者の無事を願い、その者の衣服の背に施す縫い取りのことだった。
彼らの頼みを引き受けたダリヤは、シャツへ縫い取りのみならず、スライムを使ったとある付与ができないかを試すのだが――。
「ロセッティの『商会紋』になりそうだ。このシャツも、防具に使えるかも……」
思わぬかたちで、ダリヤは『商会紋』とともに新たな開発品を生みだしてしまう。さらに各界の重鎮をも巻き込み行われた新製品の実験の場で、魔物討伐部隊を引退した侯爵家元当主の義足の不調に遭遇したダリヤは、その改良を試みることにもなり――!?
魔導具師ダリヤのものづくりストーリー、挑戦と前進の第八弾、開幕!

内容紹介はMFブックスHPより引用

URL:https://mfbooks.jp/product/dariya/322110001101.html

 

魔導具師ダリヤはうつむかない 8 感想 レビュー 評価

PIC1

お気に入り度を100点満点で表すと85点!

 

異世界転生×クラフトファンタジー第8巻。

面白かったです。

またまたスライム関係で新しい素材を生み出したダリヤ。

今回はイエロースライムと呼ばれる種類のスライムが原料になっていました。

作り出された素材が何に使えるのか、色々なギルドや組織のお偉いさんが集まって知恵を出し合っていく流れ、もはや慣れたものです笑

最初はダリヤとヴォルフだけでひっそり行われていた魔導具開発だったような気がします。

今や他の人を巻き込むのが当たり前になって来て、作品の登場人物たちも、読者の私も、それを当然だと思うようになっているので面白おかしいです笑

なんなら、最近は開発者のダリヤですら、その節があるように感じます。

 

また、素材開発の過程でちょっと面白いところが描かれていたので紹介します。

各々が持つ魔力の属性によって、加工後のものが変わるパターンがあるというものです。

これを確かめるために、ダリヤが後先考えずにお偉いさん達に実験協力する場面は「魔導具のことになったら止められない」ダリヤらしいなあと思いました。

そんな彼女の性格を分かっているお偉いさん達が、進んで協力してくれたのも読んでいて気持ちが良かったです。

今までの彼女の頑張りが実を結んだ形だと思うので、一読者ながら誇れるような気持になりました。

素材と魔力の種類で結果が変わるという話は扱われていなかった気がするので、新鮮で、新しい可能性が広がるなぁと思いながら読んでいました。

これからも楽しくて便利で人を笑顔にする魔導具を作って欲しいです。

 

ダリヤとヴォルフの恋愛模様は……あまり進捗無しです。

ヴォルフの周りの人たちは、外堀を固めようとするような動きを少し見せたりもしますが、天然な2人にあっけなくやられちゃってました笑

これは……ヴォルフに急に結婚の話が来て、もうダリヤと会えなくなる……みたいな展開が来ないと進展しないかもしれません。

恋愛だけが全てではないと思いますが、2人は互いに良く思っているわけですから、もどかしい!

 

最後カルロとテリーザのお話は、かなり辛いものになっていて、読み進めながら苦しい気持ちを味わいました。

カルロとテリーザが一緒にいられなくなった経緯が分かるエピソード。

運命はカルロに厳しすぎませんか?

それでもダリヤに愛情を注いで、立派に育てたカルロは偉すぎる!!

 

魔導具師ダリヤはうつむかない 8 試し読み

ブックウォーカーで試し読みができるので紹介します。

リンクはこちら。

https://viewer-trial.bookwalker.jp/03/13/viewer.html?cid=5fa8192b-1f3d-4450-a19d-4827d699f414&cty=0&adpcnt=A2XxZY53

 

魔導具師ダリヤはうつむかない シリーズ感想記事リンク

当ブログで書いている魔導具師ダリヤシリーズの感想記事リンクです。

一緒に見てもらえると嬉しいです。

魔導具師ダリヤはうつむかない 1 感想 レビュー

sugarbitter.hatenablog.com

 

魔導具師ダリヤはうつむかない 2 感想 レビュー

sugarbitter.hatenablog.com

 

魔導具師ダリヤはうつむかない 3 感想 レビュー

sugarbitter.hatenablog.com

 

魔導具師ダリヤはうつむかない 4 感想 レビュー

sugarbitter.hatenablog.com

 

魔導具師ダリヤはうつむかない 5 感想 レビュー

sugarbitter.hatenablog.com

 

魔導具師ダリヤはうつむかない 6 感想 レビュー

sugarbitter.hatenablog.com

 

魔導具師ダリヤはうつむかない 7 感想 レビュー

sugarbitter.hatenablog.com

 

まとめ

mfbooks.jp

MFブックスの「魔導具師ダリヤはうつむかない ~今日から自由な職人ライフ~ 8 」を読んだ感想、レビュー記事でした。

ダリヤの周りに色々な組織の有力者が集まって、強力な防御力を発揮するような体制になってきました笑

下手にダリヤに手を出したら、とんでもない反撃をくらってしまうことが予測されるので、ダリヤの身は守られることでしょう。

安心できて良いですね。

次はどんな便利道具を生み出してくれるでしょうか?

楽しみです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

参考になったり面白かったりしたら、読者になるボタンのクリックやコメントをしてもらえると嬉しいです!

モチベーションアップになりますので、お願いします!

それでは今日はこの辺で。

PIC