シュガーのファンタイム

ようこそ、シュガーです。音楽、ライブ、小説、マンガ、アニメ、映画など私の楽しいこと、好きなことについて書いていきます。コメントもらえると嬉しいです! 基本リンクフリーですが、悪質な利用はやめてくださいね。

セットリストあり! シャニマス2nd LIVE Day2も良かった!

ようこそ、シュガーです。

 

本日はTHE IDOLM@STER SHINY COLORS 2ndLIVE STEP INTO THE SUNSET SKY DAY2」でした!

DAY1に引き続き、私は配信ライブで参加しました。

なんか、もう、

素晴らしすぎて言語化するのが難しいほどの公演でしたね。

ライブでは、DAY1ではトラブルにより披露されなかった「Stella」「Luna」「Sol」の楽曲たちが披露されたり、ユニット曲も変わっている部分があったりで、2日間通して完成するライブでだったように思います。

また、「七草にちか」「緋田美琴」という新しいアイドルの発表もあり、これから先の展開にますます目が離せなくなりました! 

昨日に引き続き今日も思うままに文字を書いていこうと思います。

 

まずはセットリスト! じゃーん!

1 Ambitious Eve
2 シャイノグラフィ
3 いつだって僕らは
4 あの花のように

5 Bloomy!

6 ダブル・イフェクト

7 ビーチブレイバー

8 五ツ座流星群

9 プラニスフィア

10 リフレクトサイン

11 SOLAR WAY

12 NEO THEORY FANTASY

13 Bkack Reverie

14 Wandering Dream Chaser

15 Hide&Attack

16 We can go now! 

17 Twinkle Way

ENCORE
18 Dye the sky.
19 いつか Shiny Days
20 Multicolored Sky
21 Spread the Wings!!

 

2日目で新しく披露された曲を中心に感想のようなものを書いていこうと思います。多分。

 

まずはノクチルのブロック。

ノクチルは登場したのがほかのユニットよりも後なので、2曲ともDAY1と同じでしたね。「いつだって僕らは」で、メンバー1人ずつがカメラに映るところ(確か2番Aメロ)が、好きでしたね。特に、透役の和久井さんが歌っているときに、その後ろに映り込む円香役の土屋さんという構図がグッときました。やっぱり透の後ろには円香がいるんだなぁと。あと「なんだってできるよ」という部分を歌い上げる小糸役の田嶌さんの歌声が今日はものすごく力強く聞こえて胸が熱くなりました。

「あの花のように」の2番Aメロの小糸パートでは土屋さんと田嶌さんが向かい合う形になっていたのも、円香と小糸の関係性を思い出させてくれて素敵でした。

 

続いてアルストロメリアのブロック。

DAY1で「Love Addiction」だったところが「Bloomy!」になっていました。

私はアルストロメリアの楽曲では今のところ「Bloomy!」が1番好きなのでものすごくうれしかったです。ここでDAY1と披露される曲が変わるということを理解したので、この先の展開が変わってくるな……と思いましたね笑

「ダブル・イフェクト」は、音源を聞いた時から好きでしたが、このライブで聞いて更に好きになりました。「Bloomy!」と並ぶくらいです。サビの後半が結構高音を多用する歌になっているので、ライブであの完成度を見せられると感心してしまいます。地声からファルセットになって戻ってくるというね。すごい。いい曲。

 

続いて放課後クライマックスガールズのブロック

DAY1は参加できなかった智代子役の白石さんが今日は参加されていましたので完全体放課後クライマックスガールズ完成でテンション爆上がりです!

DAY1で「よりみちサンセット」だったところが「ビーチブレイバー」になっていました。

「ビーチブレイバー」のイントロが流れた瞬間に私の体を流れる血液が一瞬で沸騰し、

「夏だぁぁぁああ!!はしゃげぇえ!!」

と沸き上がらせてくれました。放クラは季節も凌駕します笑

この曲、楽しすぎますよね。楽しさ銀河級ですよ。反則すれすれ。ミュージックドラッグなんじゃないかと私の中で思ってしまうほど頭がぶっ飛びます。

2番サビ終わりの「旅立ちますか」を歌う凛世役の丸岡さんが、凛々しい表情と声で歌っていたのが印象的でしたし、落ちサビからラスサビに入るところで樹里役の永井さんが

「いくぞぉぉおおー!!」

とあおっていたのもめちゃくちゃ格好良かったですね。

「五ツ座流星群」も5人そろった完全体放クラのパフォーマンスは圧巻で、最後に手で星を作るポーズもばっちり決まっていて最高でした。

 

続いてココが驚きの「Stella」「Luna」「Sol」全体曲ゾーン

DAY1は地震というトラブルがあったので、ここの部分は全体の進行を考えてカットされたのでしょう。でもDAY2は違いました。しっかり見れました。

こういうことがあるので2DAYS公演は絶対2日間とも見ないといけないんですよね。同じ公演なんて1つもないんだから。

「プラニスフィア」「リフレクトサイン」「SOLAR WAY」は3曲とも初披露でしたね。

てっきり3rdライブまで持ち越すものだと思っていたので嬉しい誤算。

特に私は「SOLAR WAY」が好きですね~。ライブで盛り上がること間違いなしの曲だろうとは思っていましたが、これほどとは。シンデレラガールズのOrange Sapphireみたいな曲になりそうですね。

 

続いてアンティーのブロック。

 

 DAY1で「ラビリンス・レジスタンス」だったところが「NEO THEORY FANTASY」になっていました。

私がアンティーカで1番好きな曲がこの「NEO THEORY FANTASY」なので、ここでも血が沸き踊りました笑

もともとシンフォニックメタルやネオクラシカルメタルというジャンルの楽曲が好きなので、アンティーカの楽曲はドンピシャ好みなんですよね~。

その中でも特にこの曲は私の心をつかんで離さない。

最初から最後まで全編にわたって好きなのですが、特に好きなのがソロの部分です。

最初にバイオリンで優雅かつクラシカルな旋律を奏でた後に、ギターとドラムが鳴って激しさを1回思い出させてくれて、もう1回バイオリンの音が帰ってきて、そのあとはバイオリンとバンドサウンドが混ざり合って鳴るという神がかり的な構成。好きにならないわけがない。このメロディは天才すぎます。感謝しかない。全人類聞いてくれ。

 

続いて待ってましたのストレイライトブロック。

DAY1で「Transcending The World」だったところが「Wandering Dream Chaser」になっていました。

私はストレイライトの「Wandering Dream Chaser」をライブで見た時に、私の中でストレイライトでこの曲を超える曲は出てこないだろうな~と思った記憶があります。それくらい最初の印象が強烈過ぎました。

今日も別格の圧倒的パフォーマンスを見せてくれたストレイライトですが、3人の顔にはところどころ笑みが浮かんでいたので驚愕しましたよ。特にあさひ役の田中さんが。これほどのパフォーマンスをしながら余裕まで見せてきているだと? マジか? って感じです。「キラキラな笑顔」ではなく「不敵な笑み」なのがこれまたストレイライトらしい。あの笑みには「目に焼き付けろ!」みたいな雰囲気や「もっと先に行ける」「もっと上に行ける」みたいな雰囲気を感じてシビれました。格好よすぎます。ストレイライトはんぱない。

 

ユニットブロック最後はイルミネーションスターズ

DAY1で「トライアングル」だっとところが「We can go now!」になっていましたね。

今回の2ndライブで唯一2日間とも全メンバーが揃わなかったのがイルミネーションスターズでした。これはこれでレアですし、2人でも十分すぎるパフォーマンスを見せてくれていました。でもやっぱり3人がステージに立っているのを見たい。シンデレラガールズのニュージェネレーションズと同じだよ。

 

アンコールは同じ4曲だったので割愛しますが、情報公開の部分のボリュームが多すぎましたね。

 

まずは新しいアイドル「七草にちか」「緋田美琴(あけたみこと)」の登場。

はずきさんの妹と思われる「にちか」と、なにやら訳ありそうな「美琴」の2人。

美形が多い283プロダクションに「美琴」という新たな美形が登場するのは嬉しい限り。美形は男女関係なく財産ですからね。

なんかこの「美琴」のビジュアルを見ていると、シンデレラの「飛鳥」を思い出しますね。そう思った人も多いのではないでしょうか?

この2人は、3rdライブの福岡公演に出演するとのことなので、ぜひ参加したいです。

チケットご用意しなさいよ?

そしてもう1人、名前は明かされませんでしたが、ビジュアル的に「美琴」と関係ありそうなキャラクタも出ていました。

これから先の展開が楽しみでなりません。

 

いや~2日間ともに楽しい時間を過ごさせてもらいました。

キャストさん、スタッフさん、ライブを作り上げている全員に感謝。ありがとうございます。

 

3rdライブは今のところ東京公演のDAY1は現地チケットが取れているので、行く人は東京ガーデンシアターで会いましょう。

福岡は近いので2DAYS参加したいですが、チケットとれるのか? とれますように。

 

コメント等、いつでも待ってます。

それでは、バイバイ!