シュガーのファンタイム

月間PV数16000達成! ようこそ、シュガーです。音楽、ライブ、小説、マンガ、アニメ、映画など私の楽しいこと、好きなことについて書いていきます。 コメントもらえると嬉しいです! 基本リンクフリーですが、悪質な利用はやめてくださいね。本ブログはプロモーションが含まれています。お仕事や献本等待ってます!

オススメのロックバンド紹介! BIGMAMA編

ようこそ、シュガーです。

私の好きなロックバンドを紹介する記事シリーズ。

今日はBIGMAMAを紹介します!

私は、UNISON SQUARE GARDENのライブに1番多く参加していますが、おそらく2番目がBIGMAMAだと思います。

ライブのBIGMAMAは音源をはるかに上回る格好良さなので、「BIGMAMA好きだけどライブはまだ行ったことない」という人がいたら、1度は参加してみてほしいです!

ちなみに、なのか、ちなまないのかも分かりませんが、ユニゾンBIGMAMAは昔から知り合いで仲良しバンドのようです。

話がそれてしまいました。

BIGMAMAは2006年CDデビューのロックバンドです。

メンバーはギターボーカルの金井政人さん、同じくギターボーカルの柿沼広也さん、ベースの安井英人さん、バイオリンキーボードコーラスの東出真緒さん。

そして現在ドラマーはサポートでBucket Banquet Bis、通称ビスたん。

ビスたんはYouTubeでドラムのコピーや解説をしていた、いわゆるYouTuberで、サポートドラマーとして加入する前から存在を知っていたので、まさかBIGMAMAのサポートドラマーになるとは思いもしませんでしたよ。

頑張れビスたん。

 

さて。

バイオリンプレイヤーがメンバーにいるのが特徴で、バンドサウンドにバイオリンが絡むという日本では珍しいスタイルが特徴です。

バイオリンプレイヤーがいることで、クラシックのフレーズを取り入れた楽曲もあります。

文字で読むより聞いた方が分かりやすいので、こちらをどうぞ。

www.youtube.com

イントロで分かるように、ドヴォルザーク交響曲第9番新世界よりBIGMAMAが解釈してバンドサウンドに昇華した楽曲。

その名も「荒狂曲-シンセカイ-」です。

ライブでめちゃくちゃ盛り上がるファンからの人気も高い楽曲の1つ。

シリアスな雰囲気で疾走するスーパー最高ソングです。

この曲好きにならないロックバンド好きっているのか? と冗談抜きで思うほど好きです。

 

BIGMAMAが活動し始めて最初の方は、テンポの速いパンクにバイオリンの音が入った楽曲が多く、歌詞もほぼすべて英語でした。

私はこの頃のBIGMAMAが特に好きなので、ライブで古めの曲が演奏されると気分が高まります!

バンドの活動が長くなるにつれて、日本語の歌詞が登場したり、ファンタジック、メルヘンチックな楽曲が出てきたり、クールなロックも出てきたりと、音楽性は多岐にわたります。

初期の楽曲が好きだと上では書いていますが、新しめの曲もそれはそれで良いのでBIGMAMAさん素晴らしや。

では、オススメ曲と、収録アルバムを順番に紹介したいと思います。

たくさんあるので1アルバム1曲で。

 

 アルバム「short films」の2曲目「CPX」

 切なさや寂しさのこもったバイオリンの音とともに疾走するこの楽曲は、ファンからの人気も高いライブ映えするものになっています。

ライブハウスの最前列付近ではモッシュやダイブが起きる定番曲でもありますね。

私は痛いのとか無理ですし、ライブはしっかり楽曲を聞きたい派閥なので、後列でよく見ています。

私はCPXでBIGMAMAにハマったので、まだBIGMAMAを知らないという人にはこの曲を聴いてもらいたい!

全英詞。

 

アルバム「Love and Leave」の7曲目「Neverland」

優しい歌いだしから、急に疾走し始める華やかなパンク楽曲!

歌詞が全部英語。

サビで金井さんと柿沼さんの歌声が重なるところが非常に素晴らしい! 

曲の中での緩急も凄くて、速くて楽し気な曲に聞こえるのに泣けたりもする不思議な曲。

ライブで披露されるとフロアが大変なことになる爆盛り上がり曲の1つ。

 

 アルバム「and yet, it moves ~正しい地球の廻し方~」の3曲目「I Don't Need a Time Machine」

and yet, it moves 〜正しい地球の廻し方〜

and yet, it moves 〜正しい地球の廻し方〜

 

 こちらは明るいバイオリンの音色とともに疾走するパンクっぽい楽曲になっています。

キラキラした疾走曲で聞き心地がたまらなく良い。

当然ファン人気も高く、ライブで演奏されるとテンションが上がりまくる楽曲の1つです。タイトルからして「タイムマシンは必要ない」ですからね~。

 歌詞には日本語も出てきます。ファンタジック感もあり。

 

 アルバム「Dowsing For The Future」の1曲目「Paper-craft」

DOWSING FOR THE FUTURE(reissue) by BIGMAMA (2013-08-28)
 

 シリアスなロック楽曲で凄く格好いい! 

当然ファンからの人気も高い曲です。

AメロBメロは大人しめの切なさ強めな雰囲気から、サビで強烈なメロディを打ち付けてくる感じがたまらない。

バイオリンソロも必聴。

歌詞の内容も考えさせられるものになっています。

あと、PVにトイレットペーパーが大量に登場することでも有名?です笑

 

アルバム「君がまたブラウスのボタンを留めるまで」

の3曲目「最後の一口」

日本語歌詞。

確か、BIGMAMAの楽曲ファン投票で1位になったことがある曲だった気がします。

聞き心地のいいテンポに優しくて暖かい音色で超絶名曲だと思います。

愛してるという感情には縁遠い私ですら感じるものがある歌詞も素敵。

好きな人に歌ってほしいですねぇ~笑

 

アルバム「君想う、故に我在り」「春は風のように」

聞き心地の良いテンポで、明るくてキラキラした音色にのせて、四季の移り変わりとともある人を思い出す感情を表した楽曲なのかな?

約2分30秒という短い曲なのですが、めちゃくちゃ素晴らしいので全音楽好き人に聞いてもらいたい。

ライブで毎回披露してもらいたいと本気で考えているほど大好きです。

 

 アルバム「The Vanishing Bride」の14曲目「神様も言う通りに」

The Vanishing Bride (初回限定盤)

The Vanishing Bride (初回限定盤)

  • アーティスト:BIGMAMA
  • 発売日: 2015/02/25
  • メディア: CD
 

 「たった3秒あれば僕たちは未来を変えて行ける」という歌詞が心強い。

聞き心地のいいテンポとキラキラした楽曲で元気がもらえます。

正直このアルバムは(というかこのアルバム以外でも)他にも好きな曲が何曲もあるので、どの1曲にするか非常に悩ましかったです。

でも悩んだ末にコレです。

 

アルバム「Fabula Fibula」の7曲目「Weekend Magic」

新しめのBIGMAMA曲ではかなり好きな楽曲の1つです。

メルヘンチックな歌詞とキラキラしたメロディがマッチしているかわいらしくて爽やかな恋愛ソング。

PVのメガネ金井さんが格好いいのも宣伝しておきます!!笑

 

アルバム「-11℃」の6曲目POPCORN STAR」

約2分の中に、BIGMAMAのキラキラした良さがこれでもかと詰まっているスーパー名曲で超好きです。

歌も高音域が多いので、金井さんの歌声を堪能できます。

明るいメロディに歌詞の内容も相まって、前向きになれるのも好きなところ。

元気を出したいときや前を向きたいときによく聞いています。

素人の私には、、、歌うのはかなり難しい。高音が続き過ぎで息ができなくなる。

さすがプロのボーカリストは違うわ~。

 

いや、長いなこの記事!

それだけBIGMAMA好きなんですよ私は!

好きな曲はもっともっとたくさんあるのですが、それはまたいつかの機会に。

この記事でBIGMAMAに興味を持ってくれる人がいたら、それだけで幸せです。

そんな人は、とりあえず下で紹介するベストアルバムから聞いてもいいかもしれません。

「BESTMAMA」

当然いい曲しか入っていません!

 

BIGMAMAファンが増えますように。

それでは、バイバイ!