シュガーのファンタイム

音楽、ライブ、小説、マンガ、アニメ、映画など私の楽しいこと、好きなことについて書いていきます。コメントもらえると嬉しいです! 基本リンクフリーですが、悪質な利用はやめてくださいね。

劇場版 僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション 感想

ようこそ、シュガーです。

2021年8月6日(金)より、映画僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション」の放映が開始されました!

ヒロアカ映画第3弾!

土曜日の朝、早起きして見てきたので、さっそく感想を書いてみます!

ネットの評価とか見てないので、私の思ったことを書く感じです!

ネタバレというような要素は映画の中にもないような気がしますが、気を付けつつ書いてみます。

では行ってみましょう!

 

 

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション

映画 僕のヒーローアカデミア  PV

まだ見に行ってな人は、このPVを見て気持ちを高めましょう!

www.youtube.com

引用元:東宝MOVIEチャンネル

 

ASIAN KUNG-FU GENERATIONアジカンのテーマソングがいいですよね!

そして、諦めない心、さらに向こうへ、プルスウルトラですよ!!

熱い!

映画を見終わった後にこのPVを見ると、なかなか美味しい場面を切り取っているなぁと思います。

 

映画 僕のヒーローアカデミア  内容紹介

個性保持者を殲滅させることを目的としたテロ組織「ヒューマライズ」が、個性持ちを崩壊させるトリガーボムという兵器をしかけます。

ヒーローたちは、そのトリガーボムから人々を救うために世界選抜チームを結成し、各地で任務にあたっていきます。

エンデヴァー事務所でインターン中のデク、爆豪、轟は、オセアン国で作戦行動中に、ある事件に関わったことで、テロ事件に巻き込まれていく……といった感じです。

 

映画 僕のヒーローアカデミア  感想

f:id:sugarbitter:20210807121928j:plain

ヒロアカ

まずはシンプルな感想ですが、面白かったです!

映画館でお金を払って見たことを1ミリも後悔しないくらいの満足度でした。

アクションを作ったら光り輝くアニメーション制作会社bones(ボンズ)が作っているので、アクションシーンは凄まじい迫力で、目が喜んでいましたよ!

なんなら、画が凄いスピードで動き過ぎて、目が置いていかれるくらいでもありました。

これは劇場版だからこそ出来るクオリティですね! 

Fate/Apocryphaのバトルシーンを思い出させてくれるような超絶作画でした。

アニメーターさんありがとう!

 

お話を見て感じたのは「たった1人との出会いで、自分の価値観や人生の生き方が変わることもあるんだ」ということですね。

ゲスト声優で参加された吉沢亮さん演じるロディが、デクに出会ったことで、徐々に考え方や態度が変わっていく様子が描かれるところで強くそれを感じました。

ロディの置かれていた状況をここで書いてしまうよりも、映画で見た方がいいと思うので書きませんが、自分のなりたい姿を明確に持ち、それに向かって諦めずに努力しているデクのことを見て、ロディ思うことがあったんだなぁと。

私もロディの目を通してデクを見て格好いいなぁと思わされました。

デクみたいな格好いい人間になりたいものです。

 

もう1つ感じたのが、登場するヒーローたちはそれぞれ違う能力や性格をしているのですが、色々な形で正義の心を持っているんだなぁということです。

戦闘能力が高い個性持ちは正面切って戦いますし、サポート系の個性持ちは人を助けたり戦うヒーローを助けたりして、トリガーボムの脅威から人々を救うという1つの目標に向かって進んでいました。

この団結力がヒロアカの魅力なんだと思うんですよね私は。

 

あと、映画をも1度見たくなってしまう仕掛けとして、ロディの個性があります。

ロディの個性がどのようなものか明かされるタイミングがかなり終盤の方で、それを知ると序盤の「あれってもしかしてこういうことか?」とか「このシーンの行動と感情って……もしかして?」とか色々と考えて作られていたんだということが分かるわけです。

これは、ニクい演出!

私は好きなものに対する短期的な記憶力が良い方なので、ロディの能力が明かされたタイミングで、それまでのシーンを思い出して一気に頭の中で情報処理をかけて、胸がいっぱいになりましたよ。

でも完全に把握できているわけでは無いので、時間があればもう1回みたいですね。

 

ラストシーンの壮絶なバトルで、見に来ているお客さんが待っていた「さらに向こうへ、プルスウルトラ!」のセリフが来た時には、気持ちが燃え上がりましたし、心は揺さぶられましたし、もう手を固く握る程でした!

頑張れ!!!という気持ち以外の感情がないくらいでした。

とにかく良かった!

僕たちは諦めない言葉を知っている! 更に向こうへ! プルス​ウルトラ!

名言すぎる!

 

あとは、吉沢亮さんの声の演技ですけど、プロの声優じゃない割に違和感なく聞けたので良かったです。

基本的に私はアニメや洋画の吹き替えはプロの声優がやるのが1番だと考えています。

だって上手いから。

ゲストで有名人声優を起用すれば一時的には話題になるかもしれませんが、作品のファンにとってプラスになることは少ないように思います。

今までの経験から。

芸能人の中にも声の演技がめちゃくちゃうまくて、プロの声優かどうか判断が付かないような人もいるので、一概には言えませんがね。

遠藤憲一さんがナルニア国物語の吹き替えをされていた時は、信じられないほどの巧みな演技で度肝抜かれましたからね。

で、本作。

私はかなりの本数アニメを見ているので、今回の吉沢さんもさすがにプロじゃないなというのは一瞬で分かりました。

ただ、物語の集中できないほどの違和感ははなかったので一安心でした。

それに、吉沢亮さんはヒロアカのファンであると公言して、朝の情報番組等でもヒロアカについて熱を入れて語っていた姿を見たこともあったので、好印象でした。

作品を好きな人が関わってくれるといいものができるのは当たり前ですからね~。

有名人をゲスト採用したなかなかいい成功例なんじゃないかと思いますb

 

まとめ

劇場版 僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッションの感想を感情のままに書いてきました。

2018年の「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 〜2人の英雄〜」、2019年の「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング」も映画館で見ている私としては、この2作は熱さに重きを置いていたように思います。

そして3作品目の「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション」は、熱さもありますが感動という気持ちを強く感じさせてくれました。

僕のヒーローアカデミアファンの皆さんはもちろん、今からヒロアカを見ようかという人も、是非とも劇場へ足を運んでほしいです!

ヒロアカ、面白いな~~~!!

 

もしこの記事が参考になったり面白かったりしたら、読者になるボタンのクリックや、コメントをしてもらえると嬉しいです!

私が喜びますし、モチベーションアップにもなりますので、よろしければお願いします!

それでは今日はこの辺で。

バイバイッ! またねっ!