シュガーのファンタイム

音楽、ライブ、小説、マンガ、アニメ、映画など私の楽しいこと、好きなことについて書いていきます。コメントもらえると嬉しいです! 基本リンクフリーですが、悪質な利用はやめてくださいね。

著者:相沢沙呼 medium 霊媒探偵城塚翡翠 感想、レビュー 講談社文庫

ようこそ、シュガーです。

待ちに待った相沢沙呼さんのmedium 霊媒探偵城塚翡翠が文庫化したので、すぐに購入して読みました!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

medium 霊媒探偵城塚翡翠 (講談社文庫) [ 相沢 沙呼 ]
価格:990円(税込、送料無料) (2021/9/24時点)

楽天で購入

面白かったです! 表紙イラストも美しい!

内容的に、ネタバレを踏まずに読むことを強くおすすめします!!

この記事ではネタバレに配慮して紹介や感想を書いていますので、多分大丈夫です。

さて本作ですが、2019年9月の発売後、

このミステリーがすごい!」2020年版国内編第1位、

本格ミステリ・ベスト10」2020年版国内ランキング第1位、

「2019年ベストブック」(Apple Books)2019ベストミステリー、

「第20回本格ミステリ大賞」小説部門受賞、

SRの会ミステリベスト10」第1位と合わせて5冠を獲得した大注目作品です!

まぁ私は相沢さんのファンなので、賞をとるとらない関係なく読む予定でしたけどね。

 

ではさっそく内容紹介、レビュー、感想などを書いていきます!

 

 

medium 霊媒探偵城塚翡翠

内容紹介、あらすじ、ストーリー

推理作家として難事件を解決してきた香月史郎は、心に傷を負った女性、城塚翡翠と出逢う。彼女は霊媒として死者の言葉を伝えることができる。しかしそこに証拠能力はなく、香月は霊視と論理の力を組み合わせながら、事件に立ち向かう。一方、巷では連続殺人鬼が人々を脅かしていた。証拠を残さない殺人鬼を追い詰められるのは、翡翠の力のみ。だが殺人鬼の魔手は密かに彼女へと迫っていた――。

内容紹介は講談社BOOK倶楽部より引用

URL:https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000324692

 

感想、レビュー、評価

毎度のことですが、周りの評価は気にしない私の独断で書いていますのでご了承を。

 

文庫の帯文に「すべてが伏線。」とあったのですが……なるほどこういうことかーーー!という気にさせてくれました!

こういう気分を味わえる機会は日常生活の中になかなかないので、いい読書体験だったなぁと思います。

面白かった!

100点満点で言うと90点くらい!

 

推理作家で警察へ捜査協力をして実績もある香月史郎(こうずきしろう)は、とある事情で霊媒城塚翡翠(じょうづかひすい)に出会い、2人で協力して事件を解決していきます。

翡翠は霊の声を聴いて事件の犯人や手がかりを知ることができるのですが、推理の根拠が「霊能力」というのを認めるわけもないので、香月が翡翠の能力と実際の犯行現場状況や物証をロジカルに推理して事件を解決に導くという設定。

基本は短編連作になっており、あるお話とあるの間に証拠を残さないサイコパスによる犯行の様子が描かれ、お話が交わっていく……という感じ。

 

何を語ってもネタバレになってしまいそうで、感想を書くのも難しいのですが、とにかく面白かったですし、読んでよかったと思いました。

約470ページくらいで、比較的ボリュームがある作品ですが、後半に行くにつれてどんどんお話が加速していき、それにつられて私が本を読む集中力も上がっていきました。

続きがどんどん読める。

ページをめくる手が止まらないとはこのことか。

 

すべてが伏線との推薦文があったので構えて読みだしたのですが、最初の方は普通のミステリーだよなぁ~と思いながら読み進めていました。

ただ、ところどころ引っかかるところあるなぁ~という気はしていました。

そんな感じで読みながら「ん? これもしかして……?」みたいにヒヤヒヤしながら疑いつつ進めていたら「うんうんそうだよね~」と大体予想していた展開になって、そこからの「えぇえええええ!? マジかよーーー?!」という流れになって、もう"驚き""やられた感"でため息が出るほどでしたよ。

はぁ~こう来たか~それは分からんよ。

気持ちよくやられました。

いっそ清々しいくらいの気持ちです。

これがあるからミステリーはやめられない。

すごく抽象的な表現になってしまいますが、ネタバレに配慮しているからなのです。

 

あと、相沢さんのこれまでの作品を結構読んできたファンの私としては、第3話で写真部やカメラの話題が出た時に、光文社文庫の「ココロ・ファインダ」を思い出したりもして嬉しかったです。

 

本作「medium 霊媒探偵城塚翡翠」が好きな方は、御影瑛路さんが講談社タイガで書いている「殺人鬼探偵の捏造美学」も好きだと思いますので、読んでみてください。

アマゾンのリンク張っておきますね。

設定とかは全然違いますが、作品全体を流れる雰囲気が近いと思います。

 

しかし……日常の謎というジャンルで「午前零時のサンドリヨン」や「ロートケプシェン、こっちにおいで」などの面白い作品を書いていて、本作のように本格ミステリーというジャンルを書いてこんな面白い作品を生み出せる相沢さんが、講談社タイガで「小説の神様」という青春小説というジャンルでも素晴らしい作品を生み出しているなんて……天才か?

小説の神様も名作なので読んでみてください。

感想を書いた記事もあるので、よかったら見てみてください。 

sugarbitter.hatenablog.com

 

城塚翡翠シリーズ紹介

このmediumに続いて、シリーズ第2巻の「invert 城塚翡翠倒叙集」が発売されているのでリンクを紹介します。

 

文庫化したら絶対読もうと思っています!

 

相沢沙呼さん作品感想リンク

当ブログでも何件か相沢さんの作品を読んだ感想を書いていますので紹介します。

よかったら一緒に読んでみてください。

小説の神様

sugarbitter.hatenablog.com

「マツリカ・マハリタ」

sugarbitter.hatenablog.com

 

まとめ

相沢沙呼さんの本格ミステリー小説「medium 霊媒探偵城塚翡翠」について内容紹介や読んだ感想を書いてみました。

感想の部分では書きませんでしたが、漆原さんという方が書いている「あとがき」の内容も興味深いものになっていて良かったです。

相沢さんのマジシャンの側面が作品とリンクされて紹介されているので、あとがきまで読んでいきましょう!

普段からあとがきも必ず読みますけど、今回特によかったですからお忘れなく!

 

もしこの記事が参考になったり面白かったりしたら、読者になるボタンのクリックや、コメントをしてもらえると嬉しいです!

モチベーションアップにもなりますので、よろしければお願いします!

それじゃあ今日はこの辺で。

バイバイッ! またねっ!