シュガーのファンタイム

ようこそ、シュガーです。音楽、ライブ、小説、マンガ、アニメ、映画など私の楽しいこと、好きなことについて書いていきます。コメントもらえると嬉しいです! 基本リンクフリーですが、悪質な利用はやめてくださいね。

やっぱり生バンドは良い! DIALOGUE+ 1st ライブツアー DIALOGUE+1 大阪公演 感想、レポート

ようこそ、シュガーです。
2021年11月6日(土)に開催されたDIALOGUE+ 1st ライブツアー DIALOGUE+1 大阪 Zepp Namba 公演に参加してきました!

f:id:sugarbitter:20211107133233j:plain

Zepp Namba

 

UNISON SQUARE GARDEN田淵智也さんが音楽プロデュースをしている女性声優8人組アーティストユニットのダイアローグ。
1stアルバム「ダイアローグワン」を引っさげてのツアー、めちゃくちゃ楽しかったので感想、レポートを残そうと思います!
ツアーはまだ続くので、ある程度ぼかして書きますが、ネタバレかあるかもしれないので自己責任でお願いします。

 

 

DIALOGUE+1  大阪 Zepp Namba公演 感想、レポート


感想、レポート

f:id:sugarbitter:20211107134139j:plain

ticket-

公演時間は90分予定と事前に公式サイトに案内がありました。
実際の大阪公演ではアンコール含めて100分でした。
終わり時間が19時40分くらいだったはず。
公演はMCほとんどなしのストロングスタイルで好みでした。
UNISON SQUARE GARDENや、ここ数年のBIGMAMAスタイルで上機嫌だ私が。
私は、MCの時間あるならその分だけ曲を聞きたいと考える人間なので、これは嬉しかったです。
90分という公演時間やダンスパフォーマンスがあることから、披露される曲数は18曲くらいと思っていましたが、それを超えてきました!
DIALOGUE+のメンバー体力無尽蔵か?笑
息継ぎが出来ないような譜割りだったり、テンポの速さだったりする楽曲たちばかりで、更に高音域を要求されるのに、めちゃくちゃパフォーマンス良くて驚きと感動の連続でした。
メンバー全員の歌唱力も上がっていたように感じましたし、バンドメンバーの生演奏も相まって、圧倒されてしまいました。
しかもみんな笑顔絶やさずに。
凄いな!
やっぱりこの生歌生演奏の迫力とか熱量とか説得力は現地に行かないと味わえない特別なものなんだと再確認しました。
ドラマティック・ピースの歌詞を借りると
「リモートじゃ不十分でしょ?」
でしたね。
また、歌やダンス、生演奏以外の楽しみも準備されていたので、今からツアー行く人は期待しても大丈夫ですよ!
いや〜高い交通費を支払ってでも行ってよかった。
まったく後悔してない。

セットリストについては現状ぼやかして書きますが、DIALOGUE+1 収録の曲もたくさん聞けましたし、DREAMY-LOGUEの曲も聞けましたし、カップリングからの披露もありました!
まんべんなく色々聞けて嬉しかったです。
ただ、めちゃくちゃ聞きたかったあの曲とあの曲が披露されなかったので、それらを生で聞くためにこれからもDIALOGUE+を追いかけると思います。
東京ドームシティホールで行われた公演である、ぼくたちのかくめい![再]に参加したときも感じたことですが、今回も生ハモだったのめちゃくちゃ嬉しかったです。
私だったら絶対主旋律パートにつられてしまう笑

 

私は田淵さんの曲が好きなのでDIALOGUE+の曲を聞いています。
なので普段は誰かどのパートを歌っているのかということをあまり考えてません。
もちろん例外はあって、あやふわアスタリスクで宮原さんが歌う最後の早口から「嫌いにならないでー!」の強烈に感情がのった部分とか、走れで稗田さんが歌う「世界にバラ撒け」の強くて芯のある部分とは、そこが聞きたくて聞いてたりもするんですけど。
で、それはいいとしてパートの話に戻ります。
いざ目の前で歌われるのを見ると、「このパートはこの人が歌ってたのか!」となる部分が結構あって、貴重だったなぁと思いました。
DIALOGUE+メンバーは本職が声優ということもあって色々な声色を使い分けて歌っているので、こういうことが起きるんですかね? 
分かりませんけど。
これが私にとっては新鮮で、もっと色々な細かいとこまで気をつけて音源を聞いてみようという気持ちにさせてくれました。
ありがとう!

 

ダイアローグのメンバーが水分補給したりステージ袖にはけたりする時間は、バンドメンバーがセッションを聞かせてくれて、集中力が切れにくい流れになっていたのが良かったと思います。
あとは生演奏だからできる、ライブ限定のオリジナルセッションから楽曲につながるというパフォーマンスもあってテンション爆上がりでした!
ロックバンドでよく見るやつ!
特殊イントロ的な!
それから、披露された曲の中で数曲くらい重低音がビリビリズンズン響いて鳴るような音作り(?)になっていて、会場に音の波が伝播して揺れていたり、自分の体にその揺れが伝わってくるような感覚を味わったりしました。
これも現地に行かないと味わえない。
狙ってるんでしょうかね?
この数曲は重低音が出すぎて歌を喰う勢いでした笑
良きb

 

今回私は1階の上手側3列目の席でした。
上手側でも外側だったので、ステージのセンターは斜めに見る感じでした。
DIALOGUE+のファンは男性が多いので、背の低い私がステージを見るには、背伸びをしたり、人と人の隙間を探したりする必要があってちょっと見にくい状態でした。
でも生歌生演奏をデカい音量で浴びられたのでOKです!
この席は上手側スピーカーの目の前でした。
音がビリビリ体の中に流れてくるのを感じました。
久しぶりのこの感じ。。
痛恨のミスなのですが、音楽用の耳栓(クレッシェンドミュージック)を持っていき忘れてしまい、寝るとき用のウレタン耳栓を緩く使うことになりました。
これは少し残念。
音楽用の耳栓は音の劣化を最小限にして耳を守ってくれますけど、ウレタンは音が結構変わってしまうんです。
でもスピーカー前で耳を保護しないままだと、騒音性難聴になってしまい、最悪の場合は耳が聞こえなくなりますからね……。
私の周りは誰も音楽用の耳栓や普通の耳栓を使っていなかったので心配になります。

リーダーの内山さんが最後の方に少しあったMCで「音楽を好きになれた」という発言をされていて、音楽を好きじゃない人がいることに最初は驚きました。
よくよく話を聞くと、なかなか思うように歌えなかったりパフォーマンスできなかったりして落ち込むこともあって音楽を辞めたいと考えることもあった、ということでした。
ファンである私には想像も出来ない演者側の苦労なんでしょうね……。
それでも今は音楽を好きになれているし、そんな自分に誇りを持っていると言われていて、安心しましたし姿が格好良いと思いました。
そういえばDIALOGUE+1が発売された時にネットのインタビューでも内山さんが「前より音楽が好きになっている」といったような発言をしていたのを読んだ記憶が確かにあります。
確か田淵さん、内山さん、宮原さんのインタビューだったはず。
あのお話は、こういうことだったんですね。
音楽を好きになってくれて嬉しいです!
内山さんも、ダイアローグ全員も、パフォーマンス最高ですよ!
これからも応援しています!

ライブの感想、レポートはこんな感じ。

 


会場の様子について

f:id:sugarbitter:20211107133515j:plain

Zepp Namba2

Zepp Nambaは本来の収容人数2500人超えの大きな会場です。
今回のDIALOGUE+1大阪公演では、キャパシティ50%にしていたようですね。
1階のフロアに簡易的な椅子が置いてあって、前後左右空けは無し。
私の左右どちらも体が大きい人だったので、窮屈でした……。
ちなみに私はBMI18.4くらいなので低体重。
もっと増やさないと身体弱っちゃうな……。
入場前にはGoogleフォームを用いた来場者登録の確認、体温の確認、撮影機器有無の確認、チケットの確認が行われました。
普段から体温が低い私ですが、今回の検温で35.5度だったので、さすがに誤差大きいなと、ちょっと思ったりもして笑
普段は35.8度くらいなので似たようなものですか笑
また、座席ブロックごとに時間差入場するようにアナウンスがありました。
私は1階の前側のブロックでした。
よって時間差入場が最後の設定で、ゆったり会場に行きました。
いざ到着してみると、入場していない人がかなりの人数会場近くにたまっていて、これはこのご時世苦情来そうだなぁ〜とか、思いましたね。
ネット上で繋がった人とリアルで会って挨拶とか話とかをしてるんですかね?
そのコミュニケーション能力は私には無いので、めちゃくちゃ羨ましいし凄いと思うけど、もう少し時代の流れとか周りからの見られ方を考えてもバチはあたらないのでは?
私はすぐさま入場して自分の席で待機。

ライブハウスなので、入場時にドリンク代600円を支払ってコインをもらい、そのコインをドリンクカウンターで飲み物と交換してもらうという流れ。
どこのライブハウスでも思うのですが、この入場時にドリンク代を現金で払って引換券を貰ってドリンクと交換する流れ、効率悪いですよね?
チケット代にドリンク代も入れて発売して欲しい。


Zepp Nambaについて

私は今回遠征勢でした。
公演終了時間的に日帰りもできそうでしたが、体が疲れるので1泊することにしました。
ホテルはソビアルなんば大国町に泊まりました。
ホテルについては別記事で書こうと思います。

※追記ホテルレポ記事はこちら

sugarbitter.hatenablog.com

Zepp Nambaの近くはここ以外にもダイワロイネットホテルアパホテルリッチモンドホテル東横インなどたくさんのホテルがあるので、予算や目的に応じて選べるのがいいですね。
ZeppNambaのアクセスについては以下の通り。
南海電鉄、地下鉄御堂筋線四ツ橋線「なんば駅」より徒歩12分
地下鉄堺筋線恵美須町駅」1-B番出入口より徒歩10分
地下鉄御堂筋線四ツ橋線「大国町駅」1番出入口より徒歩7分
私はホテルの関係で御堂筋線を使いました。
新大阪→御堂筋線大国町駅下車。
大国町駅から会場までは徒歩で7分とゼップの公式サイトにありますが、10分くらいはかかりました。
ちょっとした差ですけど一応記録しておきます。
ゼップに行くとオリジナルのドリンクホルダーを貰えるのが地味に嬉しい。 今回もらったのはこれでした。

f:id:sugarbitter:20211107133736j:plain

drink_holder

今まで何度か色々なゼップに行っているので、5種類くらいは持っています。
あとゼップは音響が良いところも嬉しいポイント!
天井が高くて開放感ありますし、ステージも高さがあって見やすいですし、音もいい。
素晴らしい会場ですね。

 


まとめ


DIALOGUE+大阪公演に行ってきた感想やレポート、その他いろいろ書いてみました。
DIALOGUE+メンバーの歌やダンス、バンド演奏の音、どれも素晴らしくて参加できたことを嬉しく思います。
ありがとうございました!
ただ、パフォーマンスとは別のところでマイナスポイントがありました。
というのも、私の後ろの席の人が私の椅子にぶつかっていたのかガタガタ動かしてきて、それが私の足に何度も当っていて気が散ってしまったのです。
楽しくてテンション上がってはしゃぐのは勝手だし気持ちはめちゃくちゃ分かるけど、周りに迷惑かけるなよ。
子供じゃないんだから。
楽しみ方は自由だと思いますが、それは他人に迷惑をかけないという前提条件があると思います。
自分を客観的に見る力をつけたほうがいいぞ?
他の場所でも似たようなことがあったのか知りませんけど、途中からゼップのスタッフさんが「ダイブ、モッシュ、ジャンプ禁止」の案内をしてましたね。
最初からそうしてくれればいいのに。
そういう人たちはしっかりパフォーマンス見てるのか?
メンバーが、我々の想像もつかない時間と労力を費やしてようやく完成させてくれたパフォーマンスなんですよ?
しっかり目に、頭に、心に焼きつけなきゃ!
愚痴っぽくなってしまいましたが、これはファン側のモラルの問題であって、上でも言いましたがDIALOGUE+メンバーやバンド演奏のパフォーマンスは最高でした!
本当にありがとうございました!
DIALOGUE+はイイゾ!
音楽好きな人は特におすすめです!


ちなみに私の好きなDIALOGUE+楽曲ランキングらこちら。
1位 ぼくらは素敵だ
2位 おもいでしりとり
3位 走れ 
4位 ぼくたちのかくめい! 2021
5位 大冒険をよろしく

以上です。

 

もしこの記事が参考になったり面白かったりしたら、読者になるボタンのクリックや、コメントをしてもらえると嬉しいです!

モチベーションアップにもなりますので、よろしければお願いします!

それじゃあ今日はこの辺で。

バイバイッ! またねっ!