シュガーのファンタイム

ようこそ、シュガーです。音楽、ライブ、小説、マンガ、アニメ、映画など私の楽しいこと、好きなことについて書いていきます。コメントもらえると嬉しいです! 基本リンクフリーですが、悪質な利用はやめてくださいね。

著者:木緒なち / イラスト:えれっと ぼくたちのリメイク 「十年前に戻ってクリエイターになろう!」 感想、レビュー MF文庫J ライトノベル

ようこそ、シュガーです。

前から読もうと思っていた著者:木緒なち / イラスト:えれっと ぼくたちのリメイクを読み始めました!

私は、ぼくたちのリメイク、通称ぼくリメにはアニメ化した際に初めて触れました。

非常に面白くて原作を読もうと思っていたんです。

2021年夏アニメの個人的満足度ランキングを書いた時にも「かげきしょうじょ」に次ぐ第2位に選んでいます。

sugarbitter.hatenablog.com

今回は第1巻の「十年前に戻ってクリエイターになろう!」 を読み終わったので、感想やレビューなどを書いていきます!

 

 

木緒なち えれっと ぼくたちのリメイク1

ぼくたちのリメイク:内容紹介、ストーリー、あらすじ

僕、橋場恭也は売れないゲームディレクター。
会社は倒産、企画もとん挫して実家に帰ることになる。
輝かしいクリエイターの活躍を横目にふて寝して目覚めると、
なぜか十年前の大学入学時に巻き戻っていた!?
落ちたはずの大学に受かっていて憧れの芸大ライフ、
さらにはシェアハウスで男女四人の共同生活と突如、バラ色の毎日に!
ここから僕の人生ルートを作り直すんだ———
後の超有名クリエイター(の卵)と共に送る新生活がいま始まる!
と、意気揚々と始めてみたもののそんなにうまくはいかないみたいで……。

木緒なち×えれっとの超強力タッグによる、
青春リメイクストーリー!

内容紹介文はMF文庫Jより引用

URL:https://mfbunkoj.jp/special/remake/

 

上記リンク先で試し読みも少しできます!

 

ぼくたちのリメイク:感想、レビュー

面白かったです!

100点満点で評価すると85点くらい!!

アニメを見ていたのもあってスラスラ読めました。

 

28歳の主人公の橋田恭也が気がつけば何故か10年前に戻って大学生活を送ることになり、後の超有名クリエイターと一緒に作品作りをしていくというお話。

登場人物の紹介で若干内容の説明をします。

メインキャラクタは主人公の橋田恭也(はしだきょうや)、脚本家志望の鹿苑寺貫之(ろくおんじつらゆき)、絵を書くのが好きな志野亜貴(しのあき)、歌を歌うのが好きな小暮奈々子(こぐれななこ)になります。

この4人「チームきたやま」を中心にした芸大での作品作りが描かれていきます。

大学生活の楽しい部分が描かれたりもしますが、大半は作品作りのことです。

作品を作っていく中でお互いの譲れない部分でぶつかったり、トラブルが起きたりして思うように進まかったり、厳しい状況に陥ったりします。

ただ、あらすじにもあるように、28歳になった恭也は売れないゲームディレクターで会社も倒産して何もなくなってしまったという経験をしているので、この10年前に戻って手に入れた生活では人生を変えようと全力で物事に向きあいます。

「ぜってぇなんとかする!」という言葉を発してからの恭也の全身全霊をかけた行動力には目をみはるものがありました。

他人の力を借りたり、仲間の気持ちを気遣ったり、時には強引に話を聞かせたり、方法は色々でした。

恭也は自分が持つすべての力を注いで、後悔しないように生きていきます。

それが今回はいい方向に転がっていって、恭也の持つ熱に触発されて貫之やシノアキやナナコも上を目指すようになるという熱さあふれるお話で大好き!

アニメを見ている時に恭也が口にする「ぜってぇなんとかする!」にシビれていたのを思い出しました。

面白い。

これは早く続きを読まなければいけません。

先が気になりすぎる。

 

さて、アニメと原作のことについても少し触れてみます。

この1巻はアニメで言う1~3話になっています。

駅での作品作りをして発表するところまでが1巻の内容です。

ということは原作1冊をアニメ3話で描いているということなんでしょうか?

キャラクタデザインは原作の方が幼いような印象を受けました。

放送当時はあまり思いませんでしたが、原作のイラストを見ると、デザインアニメは洗練されて大人びたような印象。

原作は可愛らしさとか柔らかさの印象が強いです。

どちらもそれぞれいいところがあってどちらも好きです。

 

メディアミックス情報

コミカライズ ぼくたちのリメイク

ぼくリメはマンガにもなっています!

シリウスコミックスというところから出ています。

kc.kodansha.co.jp

上の講談社公式サイトリンクより試し読みが少しだけできるので、漫画で楽しみたい方はお試しあれ!

 

アニメ ぼくたちのリメイク

2021年7月から9月にかけてアニメが放送されていました。

非常に面白かったのでおすすめです!

年末年始時間がある方などは見てみてはいかがでしょうか?

配信ではABEMAやU-NEXT、アマゾンプライムビデオ、Fuluなどで見れると思います。

多分。

 

なんにせよ、文字を読むのが得意な人は原作小説、絵を見ながら楽しみたい人はコミック、色や音声も楽しみたい方はアニメ、といったように、それぞれ自分の好きなメディアで作品を楽しめるなんてイイ時代ですね。

 

まとめ

MF文庫Jから発売されている著者:木緒なち / イラスト:えれっと ぼくたちのリメイク 「十年前に戻ってクリエイターになろう!」 感想、レビュー記事でした。

アニメが良いところで終わってしまったのでアニメ2期制作決定の発表を今か今かと待っていたのですが、なかなか発表が無いので先が気になりすぎて原作を読み始めましたよ。

アニメと原作では少し違う部分もありましたが、両方ともに触れているので2度楽しめて美味しいです。

アニメ2ndシーズンの発表も待っています!

(あるのかは不明、願望です)

 

もしこの記事が参考になったり面白かったりしたら、読者になるボタンのクリックや、コメントをしてもらえると嬉しいです!

モチベーションアップにもなりますので、よろしければお願いします!

それじゃあ今日はこの辺で。

バイバイッ!