シュガーのファンタイム

ようこそ、シュガーです。音楽、ライブ、小説、マンガ、アニメ、映画など私の楽しいこと、好きなことについて書いていきます。コメントもらえると嬉しいです! 基本リンクフリーですが、悪質な利用はやめてくださいね。

セットリストあり! UNISON SQUARE GARDEN 音楽と行こう by au 5G LIVE 感想、レポート

ようこそ、シュガーです。

昨日、2022年3月27日(日)に、

UNISON SQUARE GARDEN 音楽と行こう by au 5G LIVE

が開催されました!

live.au5g.jp

岐阜県各務原市の「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」が会場になっていました!

宇宙ということで、星だったり空だったり宇宙だったりに関連する曲が多く披露されていました。

配信ライブ、凄く楽しかったのでセットリストや感想を書いて行こうと思います。

 

 

UNISON SQUARE GARDEN 音楽と行こう by au 5G LIVE

音楽と行こう by au 5G LIVE セットリスト

1.エアリアルエイリアン(多分収録)

 

(ここから生)

2.マスターボリューム

3.to the CIDER ROAD

4.10% roll, 10% romance

5.ライトフライト

6.流れ星を撃ち落とせ

7.オリオンをなぞる

8.ライドオンタイム 

9.桜のあと(all quartets lead to the?)

10.シュガーソングとビターステップ

11.シャンデリア・ワルツ

 

12.アンドロメダ(多分収録)

 

音楽と行こう by au 5G LIVE 感想 ライブレポート

収録された映像と生ライブが混ざったものになっていて驚きました。

こういう見せ方もあるんですね~。

特に印象に残った曲やMCなどについて書いて行きます。

エアリアルエイリアン、宇宙人のイメージですね。

Dr.Izzy (初回限定盤)(CD+2 LIVE CD)

Dr.Izzy (初回限定盤)(CD+2 LIVE CD)

Amazon

そういえばこの曲も宇宙関連の曲でした。

そして、私がユニゾンを好きになるきっかけとなった曲であり、今なおユニゾンで1番好きな曲でもあるマスターボリュームがライブイントロ付きで披露されてテンション上がりまくりでした!

マスターボリューム

マスターボリューム

Amazon

格好良すぎます!

マスターボリュームは1年に1回は披露されて欲しいし生で聴きたいです!

10% roll, 10% romanceでは、田淵さんがあっちこっち動き回る様子を見てニコニコ笑顔になる斎藤さんが映っていて和みました~。

こんなテンポが速くて息継ぎが出来なくて高音域連発な曲なのに、ニコニコで歌っちゃうから斎藤さんスーパーボーカリスト過ぎます。

鈴木さんもカメラ目線たくさんくれて、見ている私もニコニコ楽しくなれました。

会場が「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」で、色々な宇宙関連のレプリカ?が展示されていたので、斎藤さんが「ロケットと飛行機の間からこんばんは、UNISON SQUARE GARDENです」と挨拶をしていて面白かったです。

その後に「僕らが17年前に19歳だった時に作った曲」という導入からのライトフライト!

披露されるのめちゃくちゃレアです!

17年前に作られた曲をキャリア17年になった今のユニゾンが演奏して歌う。

胸が熱くなります!

ギターソロが原曲とかなり違ったものになっていた気がします。

私はまだライトフライトを生で聞いたことが無いので、いつか目の前で演奏を聴けるときを楽しみにしておきます。

次は流れ星を撃ち落とせでした。

Catcher In The Spy(通常盤)

Catcher In The Spy(通常盤)

Amazon

確かに宇宙関連で「流れ星」というワードが入っているのですが「撃ち落とせ」ですよ?

過激ですね~笑

この曲すごくロックしていて大好きです。

2番サビ前の「また余計なこと言っちゃってゴメンだよね、あーあ」が特に好き!

この感じが、最近の曲の「世界のファンシー」の2番サビ前「こんな世界が楽しすぎちゃって 愛しすぎちゃって ハッピー」に繋がっているような気がします。

続いてオリオンをなぞる

オリオンをなぞる

オリオンをなぞる

Amazon

TIGER&BUNNYとUNISON SQUARE GARDENの化学反応で、彼らの知名度を一気に押し上げた曲ですね。

オリオン座から星のイメージで今回のライブのコンセプト?にも通じます。

オリオンをなぞるは2022年2月5日(土)に福岡PAYPAYドームで開催されたFUKUOKA MUSIC FES.でも披露されており、私はこの時も生で聞きいていました。

でも何回聞いてもイイ曲には変わりないですね!

爽やかで疾走感があって、メッセージ性もあって、ユニゾンっぽい曲の1つだと思います。

ここで少しMC。

スモークを焚いていて、ロケットがあったら、いよいよそれっぽいよねと言うお話。

言うまでもないかもしれませんが、それっぽいはロケットの発射シーンみたいだね、ということだと思います。

気にしてませんでしたが、言われてみたらその通りに見えてくるから不思議です。

ニゾンの曲には意外と「空」とか「星」とか「宇宙」のようなテーマや歌詞の曲が多いというお話から、次はロケットが発射するときの音が入った曲です、の流れでライドオンタイム!

JET CO.

JET CO.

Amazon

もしかして今回だけ特別に「レディス & ジェントルメン ライド オン タイム」というセリフ?が披露されるかと思いきや、そんなことは無かったですね笑

ライドオンタイム聴いていると無意識に体が動いて楽しい気分になれるので良いですよ!

晴れた日のお昼前とかに聞くと個人的に1番楽しいです。

少し飛んで桜のあと(all quartets lead to the?)について。

3月という時期からの選曲でしょうか?

卒業や進学、新しい出会いや今までと違う環境などを連想させる桜の季節。

桜のあと(all quartets lead to the?)と春が来てぼくら 、どちらかは披露されるだろうと予想していましたが、今回は桜のあとでした!

生演奏最後はシャンデリア・ワルツ!

ファンの間でも特に人気がある(ように感じている)この曲!

何を隠そう隠さないけど、私がユニゾンで2番目に好きな曲です!

明るくて楽しくてノリノリになれて幸せ成分もある素晴らしい曲だと思います!

「桜のあと」で春が訪れて新しい世界に飛び込んで、シャンデリアワルツで「世界が始まる音がする」わけですか?

勝手な妄想ですけど、ストーリーがある気がします。

2番Aメロで斎藤さんと田淵さんが向き合って演奏する姿が見られて微笑ましく楽しい気持ちになりました。

 

最高のライブでした!

この会場の雰囲気に、このセットリストは強すぎるので、どうにかしてBlu-rayにしてください。

偉い人、お願いします!

 

ライブのあとは、ユニゾンメンバー3人と芦沢ムネトさんが、岐阜かかみがはら航空宇宙博物館を歩いて回るロケとトークが見られました。

ニゾンの曲の歌詞に「星、空」などが多いのは、「恋、気持ち」などに比べて生々しくなくて漠然としたものだからと田淵さんが言われていて興味深かったです。

色々考えて楽曲が作られているんだなぁと改めて思いました。

あと「無重力スベリ」「パイロットベアー」というキャッチーなワードが出ていたのが印象的でした。

パイロットベアーは、岐阜かかみがはら航空宇宙博物館のお土産の宇宙服を着たクマのぬいぐるみです。

結構可愛かったです。

パトリックベジーに通じる響きがあるので、もしかしたら今後のアルバムタイトルになったりして?

感想はこんな感じです。

 

アーカイブ、特別映像コンテンツ について

UNISON SQUARE GARDEN 音楽と行こう by au 5G LIVE のアーカイブ視聴期限は、2022年3月31日(木) 23:59 までです!

そして、視聴チケット購入期間は2022年3月31日(木) 22:00まで。

つまり、今からチケットを買えば、もう少しの間であれば配信ライブが見られるということです!

気になった方がいらっしゃいましたら、考えてみたはいかがでしょう?

それから、ユニゾンメンバーと芦沢ムネトさんが、各務原の特産品?を味わったり、トークをしたりする特別映像コンテンツも準備されています!

和気あいあいとした空気感で、見ていて癒されるのでおすすめです。

 

まとめ

UNISON SQUARE GARDEN 音楽と行こう by au 5G LIVE のセットリストやライブの感想、レポートを書いてきました。

久しぶりの配信ライブでした。

気軽に見られて楽しくて、周りの目を気にしなくて良くて、これはこれでいい文化だなぁと改めて感じました。

定期的に開催してくれると嬉しいです。

あと、ライブビューイングとかもあると楽しそうです。

地元の映画館にユニゾン好きな人たちが集結するのは考えただけで面白い。

いつか開催されますように。

 

この記事を読んでいただいてありがとうございました!

参考になったり面白かったりしたら、読者になるボタンのクリックや、コメントをしてもらえると嬉しいです!

モチベーションアップになりますので、よろしければお願いします!

それじゃあ今日はこの辺で。

バイバイッ! 

pic