シュガーのファンタイム

ようこそ、シュガーです。音楽、ライブ、小説、マンガ、アニメ、映画など私の楽しいこと、好きなことについて書いていきます。コメントもらえると嬉しいです! 基本リンクフリーですが、悪質な利用はやめてくださいね。

UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2021-2022 ”Patrick Vegee” at TOKYO GARDEN THEATER 2022.01.26 感想 レビュー

ようこそ、シュガーです。

2022年7月6日に、

UNISON SQUARE GARDEN

TOUR 2021-2022 ”Patrick Vegee”

at TOKYO GARDEN THEATER 2022.01.26

が発売となりました!!

以前、ユニゾンパトリックベジーBlu-ray/DVDについてまとめた記事はコチラ。

sugarbitter.hatenablog.com

 

当然購入し、先日届きました!

しっかりと見たので、感想レビューを書いて行きます。

ようやくセットリストについて具体的に触れながら感想をかけます。

当然ですが、オススメです!

ではいきましょう!

 

 

UNISON SQUARE GARDEN Patrick Vegee ツアー ライブ ディスク

感想、レビュー

www.youtube.com

動画はunisonsgofficialより引用

全曲感想を書くととんでもない長さになるので、特に気に入ったところを書いて行きます。

1曲目はSimple Simple Anecdoteから!

このはじまり方は、1曲目がさわれない歌だったプログラムcontinuedツアーを思い出します。

しっとりした曲から始まって、アルバムの1曲目Hatch I need、2曲目マーメイドスキャンダラスが続く流れ!

パトリックベジーのアルバムツアーライブが始まったぞ!!という感じが強く感じられます。

ライブBlu-ray/DVD「UNISON SQUARE GARDEN Revival Tour “Spring Spring Spring” at TOKYO GARDEN THEATER 2021.05.20」に紙ジャケットで収録されて、本ツアーで披露されることがあらかじめ発表されていたNihil Pip Viper!

テンポは速いし早口だし展開が複雑だしで、歌いこなすのめちゃくちゃ難しい曲だと思いながら聞いていましたが、普通に歌いこなしちゃう斎藤さん、やっぱりスーパーボーカリストすぎます。

ドラムソロ~セッション~世界はファンシーの流れ、超絶格好良かったです!

鈴木さんの「世界はファンシー1.2.3.4!!!!」のコールから、始まる展開、天才!

これも早口で複雑な展開で息継ぎが出来ない曲なのに、生であの完成度の歌はヤバイ。

「抜かりなさすぎる るるるるるるるる」の「る」が巻き舌っぽいのもお気に入りポイントです笑

オーケストラを観にいこうでは、MODE MOOD MODEツアーの頃からの曲が終わるとともに照明が全部落ちて真っ暗になる演出が再度見られて嬉しかったです。

本編終盤のシュガーソングとビターステップ、101回目のプロローグの流れは、感動とか誇らしさとか存在証明とか集大成感とか、そういった気持ちを味わわせてくれるものになっていたと感じます。

ツアーに参加した感想レポートの記事でも書いてきましたが、UNISON SQUARE GARDENがここ(ステージ)にいるぞ」「これまでやってきたことは間違いじゃなかった」「今までの活動を誇らしく思う」みたいなメッセージがのっていたように感じるんです。

だから感動しちゃうんですよね。

今までのツアーは「楽しい・最高・やったね!」みたいな気持ちで満たされて帰っていたのですが、今回のツアーはそれらの気持ちにと同じくらい「感動」があって、私の中でいつもと少し違ったんです。

妄想力が高いので、勝手にそんな気持ちを作り出しているだけかもしれませんけど笑

それにしたって101回目のプロローグは名曲過ぎる。

メロディも歌詞も好きなところだらけで多分一生飽きずに聞くと思います。

「君だけでいい~」の部分で斎藤さんの生声アカペラが聞けたところや、「世界は七色になる」の部分で照明が虹色になるところだったりから、武道館ワンマンや舞洲ワンマンで披露されたフルカラープログラムを思い出しました。

あ~~~この曲も今後は重要な場面でしか披露されなくなるんでしょうか?

素敵なことだとも思いますが、今はもったいない気持ちが勝っています。

この曲は全ワンマンツアーで披露されてほしいくらい好きです。

 

アンコールはcrazy birthday、オトノバ中間試験と、にぎやかな曲が2曲続いて、最後は名曲春が来てぼくらでしめるという流れ。

オトノバ中間試験で鈴木さんのドラムが大暴れしていて、テンション爆上げでした!

ライブって、あのようなアレンジとか、その日のテンションからくるパフォーマンスがあるからイイですよね。

同じセットリストでも同じライブは1つもないわけです。

春が来てぼくら、ユニゾンの曲の中でも特に大好きな曲の1つなんですけど、このツアーでもっと大好きになりました。

「これからも変わらず音楽を鳴らし続けるんだ」とでもいうようなメッセージが乗っかっている気がします。

それから「ユニゾンを追いかけてきて良かった」という気持ちにさせてくれたりもします。

私の好きなロックバンドは今も格好いいし、この先も多分格好いいだろうと、そんな嬉しさや誇らしさを覚えます。

世間の状況だったり、それを踏まえた上での歌詞の内容だったりから、こういった感情になっているんですかね?

言葉で説明するのは難しいです。

とにかく良かったです!

 

今回のセットリストの中では、ラクリカルカレ夜が揺れているオトノバ中間試験あたりが披露されるのが結構レアな曲で嬉しかったです。

ラクリカルカレなんて、生で聞いたのは2014年のCatcher In The Spyツアー依頼じゃないですかね?

8年ぶりですか?

時間の経ち方ヤバすぎます。

配信ライブを含めると、2020年のfun time HOLIDAY ONLINEで披露されていましたかね ?

それでも1年以上ぶり。

好きな曲なのでもっと聞きたいです!

でも、あまり披露されない好きな曲はたくさんあるので、言いだしたらきりが無いです。

 

感情のままに感想を書いたので、若干まとまりがないですが、まぁ今回は良いでしょう!

とにかく素晴らしいツアーでした。

斎藤宏介さん、田淵智也さん、鈴木貴雄さん、ありがとう。そしてありがとう。

最高でした。

 

シュガーのツアー参加記録

Patrick Vegee TOUR、私は3公演参加しました。

その時の感想を書いた記事はコチラ。

岡山市民会館公演 感想 ライブレポート

sugarbitter.hatenablog.com

 

福岡サンパレスホテル&ホール公演 感想 ライブレポート

sugarbitter.hatenablog.com

 

・JMSアステールプラザ公演 感想 ライブレポート

sugarbitter.hatenablog.com

 

当時はツアーが開催中で、ネタバレに配慮してセットリストについては触れていません。

 

まとめ

PIC1

UNISON SQUARE GARDEN Tour 2021-2022 ”Patrick Vegee” at TOKYO GARDEN THEATER 2022.01.26を見た感想を書いてきました。

素晴らしいツアー、素晴らしいライブ映像でした。

この記事を書いているタイミングでは、ユニゾンの次の全国ツアー「TOUR 2022 kaleid proud fiesta」がすぐそこまで来ている、もしくは始まっている頃だと思います!

私は山口公演、福岡公演、広島公演の3公演に参加予定です。

今からめちゃくちゃ楽しみにしています!

また感想記事を書こうと思っているので、もしよろしければそちらも読んでいただけると嬉しいです。

この記事を読んでいただいてありがとうございました!

参考になったり面白かったりしたら、読者になるボタンのクリックや、コメントをしてもらえると嬉しいです!

モチベーションアップになりますので、よろしければお願いします!

それでは今日はこの辺で。

バイバイッ! 

PIC