シュガーのファンタイム

ようこそ、シュガーです。音楽、ライブ、小説、マンガ、アニメ、映画など私の楽しいこと、好きなことについて書いていきます。コメントもらえると嬉しいです! 基本リンクフリーですが、悪質な利用はやめてくださいね。

珈琲店タレーランの事件簿 8 願いを叶えるマキアート 感想 レビュー 著者:岡崎琢磨 宝島社文庫 小説

ようこそ、シュガーです。

宝島社文庫から発売されているミステリー小説

著者:岡崎琢磨 さん

珈琲店タレーランの事件簿 8 願いを叶えるマキアート

を読みました。

人が亡くならない日常の謎を扱ったミステリー「珈琲店タレーランの事件簿」シリーズ最新刊。

面白かったです。

さっそく感想、レビューを書いて行きます。

いつも通り私の個人的な評価です。

謎解き部分のネタバレには気を付けて書きますが、まっさらな状態で読みたいという方はブラウザバック推奨です。

 

 

岡崎琢磨 珈琲店タレーランの事件簿 8

珈琲店タレーランの事件簿 8 内容紹介 ストーリー あらすじ

珈琲店タレーラン》のバリスタ兼店長である切間美星と、恋人として正式にお付き合いを始めたアオヤマ。二人は京都で開催されるコーヒーの飲み比べイベントに出店することとなった。かつて関西バリスタ大会で競った《イシ・コーヒー》なども参加しており、懐かしい顔ぶれとも再会するなか、初日から何者かによる妨害事件が発生。翌日には《タレーラン》にも魔手が……。

内容紹介文は宝島社文庫HPより引用

URL:https://tkj.jp/book/?cd=TD032423&path=&s1=

 

珈琲店タレーランの事件簿 8 感想 レビュー 評価

PIC1

お気に入り度を100点満点で表すと90点!

 

バリスタ探偵切間美星(きりまみほし)が、日常の謎を解決していくミステリーの最新刊!

 

京都で開催されるコーヒーの飲み比べのイベントに参加することになった美星さんとアオヤマさん。

これまでのシリーズを通して長い時間をかけて距離を少しずつ近づけてきた2人が、ようやく恋人になってからのお話がこの8巻です。

2人で仲睦まじくイベントに参加するニヤニヤラブコメ展開……になるはずもなく。

以前のお話しでトラブルを起こした人物がイベントに参加することが分かって、監視するためにイベントに参加することに決めるわけです。

このイベントでトラブルが起きないようにという気持ちで参加する美星さん、お人好しが過ぎる。

でもそういうところが素敵で好きです。

美星さんの心配が的中して、やっぱりトラブルが起きてしまいます。

イベントに参加した複数のコーヒー店に、様々な妨害行為がされてしまいます。

誰が、何の目的で妨害行為をしているのか?

そこを読み解いていくお話。

 

謎解きについて。

美星さんの頭脳のキレは相変わらず素晴らしく、推理を披露する場面では納得感を覚えました。

状況証拠で追い詰めて、決定的な証拠を最後に出して言い逃れできないように持っていく流れは綺麗でした。

ただ、犯人が迷惑行為をした理由については、なんとも理解しにくいものでした。

私の考え方や価値観では、この理由で妨害行為に及ぼうとは考えませんね。

でも、十人十色という言葉もあるので、こういうこともあるでしょう。

人は見えている側面や口にしている言葉だけではないと思わされました。

他人の発言がどのような意図からされているのか、本当に言葉通りの意味なのか。

現実世界でも考える必要があるなぁと、学びになりました。

 

私が本シリーズで楽しみにしている美星さんと青山さんの関係について。

序盤から2人の糖度の高いラブコメが見られるかと思っていたら、そうではありませんでした。

言語化するのが難しいような不思議な感覚を持ちつつ読んでいくと、後半で驚きの事実が明かされて、なるほど~そういうことね、という感じでした。

まぁ、これまでの美星さんのことや、ここ最近まわりでおきていた色々なことを考えると、分からなくもないことです。

ヒト1人が大事にできる、抱えられるもののキャパシティには限度がありますもんね。

ただ、ハッピーエンド至上主義者としては納得したくない感じもありました。

人間関係とか仕事って難しいです。

でも安心してください!

最後は素敵な終わり方になっていますから!

読後感が気持ち良くて嬉しかったです!

 

タレーランシリーズは、凄く好きなお話があったり、あまり私に刺さらないお話も合ったりするのですが、今回は当たりでした!

買ってよかったです!

みなさんも読みましょう!

 

こんな人にオススメ!

以下の作品が好きな方は、本作が好きだと思います。

・「氷菓」から始まる米澤穂信さんの古典部シリーズ」

・「春期限定いちごタルト事件」から始まる米澤穂信さんの「小市民シリーズ」

・「午前零時のサンドリヨン」から始まる相沢沙呼さんの「酉乃初の事件簿シリーズ」

三上延さんのビブリア古書堂の事件手帖シリーズ」

松岡圭祐さんの万能鑑定士Qシリーズ」

いずれの作品も、人が死ななくて、生活の中で発生する謎を解き明かしていくお話になっています。

 

珈琲店タレーランの事件簿シリーズ感想記事リンク

PIC2

当ブログで書いているタレーランシリーズの感想記事リンクです。

ブログを始めた時期の関係で、前巻の7巻の記事しかありませんが、もちろん全部読んでいます。

珈琲店タレーランの事件簿 7 感想 レビュー

sugarbitter.hatenablog.com

 

まとめ

PIC3

宝島社文庫から発売されているミステリー「珈琲店タレーランの事件簿 8」を読んだ感想、レビュー記事でした。

なんだかんだあって驚かされたりヒヤヒヤしたりしましたが、最後は素敵なお話が読めたので満足です!

既にはやく続きが読みたいです。

偉い人、お願いですから珈琲店タレーランの事件簿をアニメ化してください!

京都アニメーション制作の氷菓で、アニメでミステリーをやっても成功する前例があります!

コーヒーショップとタイアップしたり、グッズも出せたりしますよ!

美星さんの声優は和氣あず未さんや、高野麻里佳さんでお願いします!

アオヤマさんの声優は内山昂輝さんや、豊永利行さんでお願いします!

好き勝手書きました笑

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

参考になったり面白かったりしたら、読者になるボタンのクリックや、コメントをしてもらえると嬉しいです!

モチベーションアップになりますので、よろしければお願いします!

それでは今日はこの辺で。

バイバイッ! 

PIC