シュガーのファンタイム

ようこそ、シュガーです。音楽、ライブ、小説、マンガ、アニメ、映画など私の楽しいこと、好きなことについて書いていきます。コメントもらえると嬉しいです! 基本リンクフリーですが、悪質な利用はやめてくださいね。

豚のレバーは加熱しろ (2回目) 感想 レビュー 著者:逆井卓馬 / イラスト:遠坂あさぎ ライトノベル 電撃文庫

ようこそ、シュガーです。

電撃文庫から発売されているライトノベル

著者:逆井卓馬 さん 

イラスト:遠坂あさぎ さん

豚のレバーは加熱しろ (2回目) 

を読みました。

アニメ化も決まっている異世界転生×豚ファンタジーの2巻!

面白かったです!

それでは感想、レビューを書いて行きます。

いつもの通り、私個人の評価なのでご了承ください。

ネタバレが含まれるかもしれないのでご注意を。

では行きましょう。

 

 

逆井卓馬 遠坂あさぎ 豚のレバーは加熱しろ (2回目)

豚のレバーは加熱しろ (2回目) 内容紹介 ストーリー あらすじ

転生したらやはり豚だった俺。最愛の人と再会するため、戦火を駆け抜ける!

 剣と魔法の国に再び豚として参上! しかし肝心のジェスがいない。なぜだ! ジェスたそをブヒブヒ舐め回したい一心でやってきたというのに……!
 ……失礼、違うんだ。俺が少し離れている間に、闇社会の連中が王朝に反旗を翻して、この国は今大変なことになっているらしい。俺がここに再臨したのは、そんななかイェスマ解放を目指し戦うイケメン狩人ノットに協力し、残酷な運命を課されたイェスマたちを救うため。
 べ、別に、ジェスへのガチ恋が溢れて会いたくて会いたくて仕方がないだなんて、これっぽっちも思ってないからな!
「くそどーてーさんも、私と同じなんですね。いつか私もノットさんに……」
 こらセレス、地の文を読むんじゃない。あとその呼び方、どうにかならないか?

内容紹介文は電撃文庫HPより引用

URL:https://dengekibunko.jp/product/butaliver/322002000186.html

 

豚のレバーは加熱しろ (2回目) 感想 レビュー 評価

PIC1

お気に入り度を100点満点で表すと85点!

 

異世界転生いちゃラブ豚ファンタジー2回目!

1巻で無事にジェスを王都へ送り届け、本来の自分の世界に戻った主人公。

彼は自分の体験談をネット小説サイトへ投稿します。

すると、その作品が話題になり、数人からコンタクトがありました。

なんでも、その人たちも異世界メステリアへ転生したことがあるという話。

彼ら彼女らと話しているうちに、再度メステリアへ行こうということになり、色々あって3人で2回目の転生をします。

前回、主人公はヒロインのジェスの近くに転生しましたが、今回は別の場所でした。

前回の王都までの冒険で出会った若いイェスマセレスの近くに登場する主人公ともう1人の豚さん。

3人目、いや3匹目は近くにいないし、メステリアは組織対立が起きているしで、大変です!

しかも、組織対立の中心の1人は、王都までの冒険で力を貸してくれたイケメンノットらしいのです。

そしてノットはピンチに陥っている、と。

豚さんは、この状況にどんなアクションを起こすのか?

そしてジェスには会えるのか? といったお話。

 

1巻に比べて登場人物が多くなっています。

王都で登場する王様のイーヴィスやその家族たち。

イェスマを解放しようと活動する解放軍の面々。

そして、新しく一緒に転生することになった黒豚のセレス。

誰がどこに属していて、何を目的に活動しているのかを整理しながら読まないといけません。

1巻よりも少しだけ頭を使う必要がありました。

 

とある理由からジェスは王都へ来るまでの記憶を封印されています。

その状態で豚さんと再会する場面があります。

豚さんはジェスとの記憶を持っていますが、色々な兼ね合いで初対面を演じなければなりません。

これが読んでいて結構つらかったです。

ジェスに会いたくて再度異世界転生してきたのに、ジェスは自分と過ごした時間を忘れてしまっている。

それを理解した上で初対面として振る舞わないといけない。

ただジェスも、豚さんと自分は何か関係がある気がする……と引っかかっている様子でした。

脳は覚えていなくても心は覚えているんですよね。

ちょっぴり感動。

嘘です、ちょっぴりじゃないです。

かなりグッときました。

切なさと暖かさの両方を感じました。

 

そんな状態の1人と1匹ですが、一緒になって冒険する様子が見られたのは嬉しかったです。

1巻のジェスと豚さんが一緒に行動する場面が好きで本作を読んでいたところも大きかったので、2巻でもそれが楽しめるのはグッド!

 

ネタバレになるので詳細は説明できませんが、終盤ではジェスと豚さんが無事にイチャラブ爆発展開になってくれて、もう大満足です。

ブコメ大好き人間だからハッピーな展開は大好きなのです。

ただし、組織の対立については全てが解決したわけでは無いので、続刊を読んで追いかけていこうと思います。

 

余談ですが、表紙のセレスのビジュアルを見ると、めっちゃ富田美優さんボイスで喋りそうじゃありませんか?!

声優の!

富田さんボイスでセリフを再生しながら読んでいました。

余談終わり。

 

面白かった!

ギャグ、ラブコメ、ファンタジー要素が好きな人には凄くおすすめできます。

豚さんが状況を整理して、情報を統合して推理したり、違和感から結果にたどり着いたりして周りの人たちを救う場面もあって、どこかプロファイリングっぽいなぁとも思ったので、そういう頭脳を使ったキャラクタが活躍するお話が好きな方にもおすすめです。

 

豚のレバーは加熱しろ (2回目) 試し読み

ブックウォーカーで2巻の試し読みが出来ます。

URLはこちら!

https://viewer-trial.bookwalker.jp/03/13/viewer.html?cid=0bfd10a0-90dd-435b-8866-36d979670cfd&cty=0&adpcnt=GDPL5fFl

 

豚のレバーは加熱しろ シリーズ感想記事リンク

当ブログで書いている豚レバ感想記事です。

一緒に見てもらえたら嬉しいです。

豚のレバーは加熱しろ 感想 レビュー 評価

sugarbitter.hatenablog.com

 

 

まとめ

PIC2

豚のレバーは加熱しろ (2回目) を読んだ感想、レビュー記事でした。

ライトノベルというジャンルが好きな方であれば、みんな楽しめる作品だと私は思います。

おすすめです。

アニメも楽しみです。

 

この記事を読んでいただいてありがとうございました!

参考になったり面白かったりしたら、読者になるボタンのクリックや、コメントをしてもらえると嬉しいです!

モチベーションアップになりますので、よろしければお願いします!

それでは今日はこの辺で。

バイバイッ! 

PIC