シュガーのファンタイム

ようこそ、シュガーです。音楽、ライブ、小説、マンガ、アニメ、映画など私の楽しいこと、好きなことについて書いていきます。コメントもらえると嬉しいです! 基本リンクフリーですが、悪質な利用はやめてくださいね。

天才王子の赤字国家再生術12 ~そうだ、売国しよう~ 感想、レビュー 著者 : 鳥羽徹 / イラスト : ファルまろ GA文庫 ライトノベル

ようこそ、シュガーです。

GA文庫から発売されているライトノベル

著者 : 鳥羽徹 さん

イラスト : ファルまろ さん

天才王子の赤字国家再生術12 ~そうだ、売国しよう~ 

を読みました。

アニメ化もされた弱小国家運営物語のシリーズ第12巻。

さっそく感想、レビューを書いて行きます。

いつも通り私の個人的な評価です。

ネタバレがあるかもしれないのでご注意を。

 

 

鳥羽徹 ファルまろ 天才王子の赤字国家再生術12

天才王子の赤字国家再生術12 内容紹介 ストーリー あらすじ

アースワルド帝国の皇位継承戦も決着し、ようやくナトラ王国にも平穏が訪れたかに見えた。
だが、ナトラ王国と、その王子であるウェインには、さらなる試練が待ち構えていた。
帝国の皇位継承問題をも凌駕する、ナトラを根幹から揺るがす大波乱。
シリーズ第12弾、ここに開幕!

帝国の皇位継承戦が終息し、大陸の情勢は新たな局面を迎えていた。
帝国は安定を取り戻しつつあり、
西側からはカルドメリアが来訪するなど、
ウェインは依然として東西の間で難しい舵取りを求められていた。
そんな折、ナトラ国内に新たな動きが生じる――フラム人による独立国家。
そして本人も望まぬ形で、その渦中へと巻込まれていくニニム。
内憂外患、かつてない試練に直面するウェインにさらなる衝撃が。
「――お兄様、今いいかしら?」
思い詰めたフラーニャから発せられたひと言が、ナトラを揺るがす。
ニニムの苦悩、フラーニャの決意。疾風怒濤の第12弾!

内容紹介文はGA文庫HPより引用

URL:https://ga.sbcr.jp/product/9784815616410/

 

天才王子の赤字国家再生術12 感想 レビュー 評価

PIC1

お気に入り度を100点満点で表すと80点!

 

優秀な頭脳を持つ怠け者王子ウェインが弱小国家を運営していく物語シリーズ第12巻。

面白かったです。

11巻では紆余曲折あって女性版ウェインことロワがアースワルド帝国初の女帝となりました。

また、ナトラ王国内ではフラム人に怪しい動きがあったりもしました。

その続き。

 

ウェインとニニムの出会いのエピソードが読めました。

さいころのウェインは達観していて自分の人生に関心が薄いような雰囲気でした。

そんなウェインが同じく小さい頃のニニムに出会ったことで現在は、時には真面目に、時には面白おかしく人生を過ごすように変わったんだなぁと思うと、ウェインにとってニニムとの出会いが大きいものだっただろうと改めて思いました。

ニニムもまたウェインと出会ったことで人生がガラリと変わったわけですから、お互いの存在がお互いに良い影響を与える良い関係性だと感じました。

 

ナトラ王国を治めていく方針について、ウェインの妹のフラーニャが、正面切ってウェインに意見を言う場面なんかもありました。

今まではウェインの背中を見ていたフラーニャですが、ここ最近は外交に赴いたり自分の目で王国を見て回ったりしたことで、兄であるウェインの方針とは違う考え方を持つようになります。

時間をかけて成長してきたフラーニャの姿を読んでいると、一介の読者でしかない私まで誇らしい気持ちになってきます。

今まではウェインの背中を追いかけてばかりだったのに、今となっては自分で考えて進言できるまでになったなんて凄いですよ。

フラーニャが王になってもナトラは大丈夫そうだと思わせてくれます。

ただ、これすらもウェインが仕組んでいそうなのが彼の恐ろしいところ。

ウェインは色々と国のために手を打って、なにかしらさばき切れない不都合を自分の責任にして退く、みたいなストーリーを描いてそうなんですよね~。

どうなることやら。

 

フラム人の怪しい動きは今回も続いていて、ニニムも顔を出したり口を出したりして動きを抑えようとしますが、思ったよりも動きが強くて難しい状況に陥ります。

これをうけて終盤に「えぇぇーー!? 嘘でしょ?!」と思わず口に出るような展開になって12巻が終わります。

こんなところで終わってお預けなんて、そんなことありますか!?

ただこれは……何かしらの策略の可能性が高い……とも思いますが。

とにかく鳥羽さん早く続き書いてくださいお願いします!

 

 

天才王子の赤字国家再生術シリーズ感想記事リンク

PIC2

当ブログで書いている天才王子の赤字国家再生術シリーズの感想記事です。

ブログを始めた時期の関係で9巻からになります。

一緒に見てもらえたら嬉しいです。

天才王子の赤字国家再生術9

sugarbitter.hatenablog.com

 

天才王子の赤字国家再生術10

sugarbitter.hatenablog.com

 

天才王子の赤字国家再生術11

sugarbitter.hatenablog.com

 

まとめ

PIC3

GA文庫ライトノベル「天才王子の赤字国家再生術12 ~そうだ、売国しよう~」を読んだ感想、レビュー記事でした。

最後の展開が強烈で続きが早く読みたい気持ちでいっぱいです。

くせ者カルドメリアがどのような動きを見せるかもソワソワ半分ワクワク半分という感じで楽しみです。

アニメが好きだった方は是非原作を読むことをおすすめします!

アニメより濃い内容になっていて面白いですよ!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

参考になったり面白かったりしたら、読者になるボタンのクリックやコメントをしてもらえると嬉しいです!

モチベーションアップになりますので、お願いします!

それでは今日はこの辺で。

バイバイッ!

PIC