シュガーのファンタイム

音楽、ライブ、小説、マンガ、アニメ、映画など私の楽しいこと、好きなことについて書いていきます。コメントもらえると嬉しいです! 基本リンクフリーですが、悪質な利用はやめてくださいね。

いかしたやつらが広島にやってきた! THE KEBABSをクラブクアトロで目撃してきた感想、レポート

ようこそ、シュガーです。
2021年11月29日(月)に広島クラブクアトロで開催された「HIROSHIMA CLUB QYATTRO 20th Anniversary “New Now”」へ参加してきました。

f:id:sugarbitter:20211130183534j:plain

pic1

広島クラブクアトロ20周年おめでとうございます。

f:id:sugarbitter:20211130183616j:plain

pic2

この公演は、私が応援しているロックバンドTHE KEBABSが出演するということで、たのしみにしていました。
ケバブス×ネクライトーキーの対バン。
ケバブスめちゃめちゃ格好よかったので、感想、レポートを書いていきます。

 

 


20th Anniversary “New Now” 



披露された曲

セットリストを記憶して帰ろうと思っていたのですが、あまりに楽しくて順番を忘れてしまいました。
なので、順番は正確ではありませんが、披露された曲のリストを掲載しておきます。

 

THE KEBABSがやってくる
THE KEBABSのテーマ
ピアノのある部屋で
恐竜あらわる
THE KEBABSは忙しい
ジャンケンはグー
チェンソー
メリージェーン知らない
てんとう虫の夏
ラビュラ
猿でもできる
ジャキジャキハート

おまけ THE KEBABSのテーマ


THE KEBABS 広島 感想、レポート

f:id:sugarbitter:20211130184752j:plain

pic3

いかしたやつら、めちゃめちゃ格好よかったです!
対バンなので、ケバブスとネクライトーキーどちらが先なのか当日まで分かりませんでした。
でも入場してセンターポジションに紫のギターがセッティングされていたのでケバブスが先だと分かりました。
THE KEBABSは忙しい、チェンソーだ、ジャキジャキハート、てんとう虫の夏、メリージェーン知らない、などのケバブスの中でも特に好きな曲がたくさん聴けてうれしかったです。

てんとう虫の夏で、私の日常生活の中の嫌なノイズをかき消してくれました。
初めての生ケバブスということで、私のテンションが最高潮になっており、飛んだり跳ねたり頭を振ったりこぶしを突き上げたりしてはしゃぎ倒しました笑
マスクをしているので熱いし息はしにくいしで普段より大変ですが、それでも楽しさが圧倒的に勝ちました!
パフォーマンスの方も、佐々木さんのボーカルは圧倒的ですし、田淵さんのボーカルはレアですし、新井さんのギターは弾きまくっていましたし、鈴木さんのドラムもソロパートが少しあったりしてしびれました。
サウンドはバキバキなのに、演奏しているメンバーがみんな楽しそうにしていて、見ているこっちまで幸せになれました。
UNISON SQUARE GARDENで見る田淵さんとも違いましたし、a flood of circleで見る佐々木さんとも違いました。
表現が難しいのですが、ステージ上の空気がやわらかくて和気藹々とした感じに思いました。
音源ではあまり意識していなかったのですが、佐々木さん以外の3人がたくさんコーラスをしていたり、追いかけるような歌を担当していたりしてビックリしました。
みんな結構たくさん歌っている!
新井さんも結構歌がうまい!
THE KEBABSのテーマでは、佐々木さんがアドリブで歌詞を変えて歌っていて、よくもまぁそんなにポンポンアドリブで歌えるなぁと感心したりもしました。
THE KEBABSは忙しいの2番Bメロでは田淵さんが「ケーキアンドアイスクリームでクレイジー」を「トリスハイボールでクレイジー」みたいな(うろ覚え)アレンジで歌っていたのが面白かったですね。
あと、新井さんがギターをステージのいろいろなところで演奏するので、エフェクターを踏むことができなくて、代わりにローディさんがエフェクターを押していたのが面白かったです。
新井さん、いつも速弾きは疲れるといっているのに、ライブではなんだかんだ楽しそうにやっちゃってるのめちゃくちゃ好き。
それを見た佐々木さんがオンマイクで「凄いね」とか「いつもより多めに弾いています」普通に喋っちゃうのも面白くて好き。
それと、何の曲だったか忘れたのですが(ジャキジャキハートかな?)、田淵さんが歌を担当するパートで、マイクの場所に入ってないことに佐々木さんが気がついて、自分のマイクを田淵さんの口元に持っていって歌わせてあげていたのが仲良し感あってよかったです。
田淵さんも歌い終わってから「ありがとうっ」って言っていて、本当にこの人たちは仲良く楽しくバンド活動をしているんだなぁと伝わってきて嬉しくなりました。

整理番号的に私は4列目くらいでした。
場所はセンター。
4人の姿を満遍なく見ることができるポジションを確保できたので我ながらナイス。



会場の様子


入場時には検温と手指の消毒が必要でした。
今となっては、コレはどこも同じですね。
1人1人検温するので、入場のペースは緩やか。
整理番号の若い人が前方で見られるという本来のかたちになっていました。
フロア内は、床に白いテープが立て横に張り巡らされており、お客さんは大体70cm四方のスペースの中で観賞するようにスタッフから指示がありました。
マキシマム・ザ・ホルモンが昔やっていた「”マス”ターオブテリトリー」と同じ感じです。
なので、割り込みもありませんし、快適にステージをみることができました。
フロアの前方は、最前列と2列目くらいは人が入れないようになっていました。
柵がいつもより後方になっていたんです。
最近はコンサートホールでも1列目が使用されていないことが多いので、どこも同じような対策になるんだなぁとか思ったりしました。


広島クラブクアトロについて

f:id:sugarbitter:20211130184724j:plain

pic4

広島クラブクアトロは、収容人数(キャパシティ)800人のライブハウスです。

BLUE LIVE広島ができるまでは広島で1番規模の大きな会場でした。

ステージが高いことや後方に段差があることで出演者が見やすかったり、音響が良かったり、広島パルコの中にあるため開演までの時間も有意義に使えたりで、広島のライブハウスでは1番好きな会場です!

私が初めてライブハウスに行った時の会場もここでした。

忘れもしません、UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2014 Catcher In The Spyでした。

今でもいい思い出です。

広島駅からは路面電車に乗って八丁堀駅まで行けば、あとは徒歩5分くらいです。

広島駅から八丁堀駅までが路面電車で10分くらいなので、合計15分くらいあれば到着します。

また今度写真付きで広島駅から広島クラブクアトロまでの行き方を記事にしようと思いますので、詳しくはそちらで。

 

THE KEBABS これからの活動

ケバブスは「THE KEBABS 椅子」というタイトルの東名阪ホールツアーを行います。

日程と会場は以下の通り。

2021.12.01(水)

愛知・名古屋 日本特殊陶業市民会館ビレッジホール 


2021.12.02(木)  

大阪・大阪 大阪国際交流センター大ホール 


2021.12.15(水)

東京・有楽町 ヒューリックホール東京

 

田舎勢の私は平日の遠征は無理なので参加はできません。

東京名古屋大阪はツアーで飛ばされることがほぼないので羨ましいです。

でも住むのは田舎が良い。

ケバブスのツアー、近隣にお住まいの方、検討してみては?

今ならまだチケットは買えるようです!

なにやら2022年はずっとツアーをするらしい情報も聞こえてきているので、ワンマンを見られる日も近いのかもしれません。

楽しみに待っておきます。

 

リンク

当ブログでケバブス2ndアルバム「セカンド」について書いたがあるので貼っておきます。

全曲感想書いてます!

お時間のある方、見ていただけたら嬉しいです。

sugarbitter.hatenablog.com

 


まとめ

2021年11月29日(月)に広島クラブクアトロで開催された「HIROSHIMA CLUB QYATTRO 20th Anniversary “New Now”」で初めて生でTHE KEBABSを見て、めちゃくちゃ楽しかったので感想を書いてきました!

佐々木さんも田淵さんも新井さんも鈴木さんも、みんな楽しそうに演奏して歌っていたので、ケバブス相当楽しいんだろうなぁと思いましたね~。

「猿でもできる」の「踊れる奴いるか? 猿でもできる」しかない歌詞であそこまで格好いいパフォーマンスできる人たちはそうそういませんよ?

生でのパフォーマンスを浴びると、その後に聞く音源がより一層格好良く聞こえるようになるので、好きなアーティストがいるけど生では見たこと/聞いたことが無いという方は、1回現地に行ってみてもいいと思いますよ!

私はこれで人生変わりましたから!

 

もしこの記事が参考になったり面白かったりしたら、読者になるボタンのクリックや、コメントをしてもらえると嬉しいです!

モチベーションアップにもなりますので、よろしければお願いします!

それじゃあ今日はこの辺で。

バイバイッ! またねっ!