シュガーのファンタイム

ようこそ、シュガーです。音楽、ライブ、小説、マンガ、アニメ、映画など私の楽しいこと、好きなことについて書いていきます。コメントもらえると嬉しいです! 基本リンクフリーですが、悪質な利用はやめてくださいね。

カオスが極まる & 放課後マリアージュ 感想 レビュー UNISON SQUARE GARDEN

ようこそ、シュガーです。

2022年10月19日(水)にUNISON SQUARE GARDENの18thシングル

「カオスが極まる」

が発売になりました!!

おめでとうございます!

そして、カップリングの「放課後マリアージュ」を含めてこんなに素晴らしい曲たちを生み出してくれてありがとうございます!

当然初回限定盤を購入しました!

もうヘビロテ中です!

今回は「カオスが極まる」「放課後マリアージュ」を聴いた感想や歌詞を見た感想、「カオスが極まる」と「ブルーロック」のリンクなどについて考察……というか妄想というか、そういうのを書きたくなったので書いて行こうと思います!

ブルーロックを少し知っていることが前提となっています。

 

 

ニゾン 18thシングル カオスが極まる

カオスが極まる&放課後マリアージュ視聴動画

unisonsgofficialで2曲ともを少し聞ける動画があるので紹介します。

www.youtube.com

これを聞いて気になった人は、ひとまずCDをチェックしましょう!

 

カオスが極まる 感想

ロックバンド感があって格好いい!

勢いがすごくて、何かがあふれ出してしまいそうな感じというか、なにかを突き詰めているような感じというか、そういう雰囲気で超好きです。

ただこれライブで歌うのめちゃくちゃ大変そうです。

テンポ速いし歌詞が詰まってるし息継ぎするところが少ないしハイトーンが連続でくるし。

カラオケで歌うのは完全に無理そうですね笑

1番と2番でAメロBメロに当たる部分の流れが違うのも楽曲を複雑にさせる要因でしょうかね?

まさしく混沌、カオス。

ライブで披露されるのを聴いたら大化けしそうな予感がビンビンします。

 

1番サビ前の

足りない 足りない 足りない

の部分が、なんとなく17thシングル「kaleido proud fiesta」の2番サビ前の

今を 今を 今を

の部分を意識して作られている気がします。

以前にも「スカースデイル」の1番Aメロ

見つからないよ絶対に 僕の隠し事は絶対に

の部分と「パンデミックサドンデスの1番Aメロ

間に合わないよ絶対に 君の謀り事は絶対に

の部分がリンクしているような作りになっていたことがありました。

それが頭にあったからなのかもしれません。

優しかったりポップだったり爽やかだったりする「kaleid proud fiesta」「スカースデイル」とは対照的にスピーディでギラギラして焦りや差し迫るものを感じるような「カオスが極まる」「パンデミックサドンデス」で何かリンクするように思える部分があるのは熱い。

 

「どうにも擦り切れてきたみたいだ」

あたりから派手目なギターの音が格好良く入ってくるところめっちゃ好きです。

9mm Parabellum Bulletを思い出すような鋭いギター。

 

私の中で、歌詞とブルーロックのつながりを感じる場所がいくつかあります。

「見たことがなけりゃないほどドラマチックだ」

この部分は、ブルーロックという作品が「1人のエゴイストを生み出す」「圧倒的なストライカーを生み出す」ことを目的とした「今までにないサッカー漫画」であるという部分に関連があるのかな~?と思っています。

主人公の潔世一(いさぎよいち)をはじめ、ブルーロックに集められたプレイヤーたちが、絵心甚八によってサッカーという概念を作り替えられて、その先で見える景色も「見たことが無いドラマチック」なものなのかもしれません。

 

かつてないデットヒート

この部分は、ブルーロックに集められたプレイヤーたちが鎬を削る様子を思い出します。

 

正気の行方に興味はねえや 振りぬけ雑音に飲まれちゃう前に

この部分は、今までの常識とか、人に対する思いやり、他人の価値観、みたいなものを「雑音」に例えているのかなぁ~?と考えました。

そういう正気の人が持っているものが、ブルーロックという極限状態の環境では邪魔になってくるわけです。

ノイズに影響されるんじゃなくて、自分の中の考えや意志を強く持って進め! という主張のようなものを強く感じます。

この曲に限らずですが、ユニゾンは「他人がどうこう言ってきても自分の中で正しければそれでいい」みたいな考えが伝わってくる歌詞が結構ある気がします。

「ラディアルナイトチェイサー」や「シューゲイザースピーカー」、「fake town baby」、「プログラムcontinued」などなど。

 

この曲の歌詞で何度か出てくる「楽園」という表現。

これは、潔たちが互いに蹴落とし合ったり、影響しあったり、それによって実力を上げたりした結果で見えてくるものを「楽園」というワードで表しているのかなぁ? とか思っています。

極限状態の先に見えてくるわずかな光と、それから開かれる未来みたいなもの?

本当の意味はユニゾンのメンバーしか分かりませんけどね。

妄想するのはタダですから笑

 

次はちょっとした豆知識。

歌詞の中で登場する「アリアドネの糸」はギリシャ神話のものです。

クレタ島という場所の王様ミノスの娘の名前がアリアドネです。

テセウスに恋をしたアリアドネは、テセウスが怪物退治のため迷宮に入る時に脱出用の糸を渡したそうです。

これが由来となって「難問を解決する鍵」を「アリアドネの糸」と呼ぶようになったらしいです。

ニゾンとは関係ありませんが、私の大好きな映画「インセプション」でアリアドネという名前の登場人物がいたので、その時に調べて意味や由来を知っていました。

それを考慮した上で……「これのどこがアリアドネの糸だ」と「笑わせないで欲しいのに」が私の中でなかなかつながりません!

「これのどこがアリアドネの糸なのか?」と自問自答しているという解釈なのか、

「こんなのアリアドネの糸じゃない!」という主張なのか……分かりません。

後者だと「こんなの解決の鍵じゃないぞ笑わせるな」という意味で繋がる気はします。

前者だと……よく分かりません笑

誰か、どういうことなのか教えてください笑

 

オチがこんなでしたが、カオスは極まるの感想終わり。

 

放課後マリアージュ 感想

サブスクに無いのでCDを買わなければ聞けないカップリング!

カオスが極まるとは打って変わって楽しくてかわいいポップな曲で大好きです!

「ラディアルナイトチェイサー」と「Micro Paradiso!」と「君の瞳に恋してない」と「フライデイノベルス」を合体させたような感じがします。

ウキウキして楽しくなってきます。

学生時代、放課後に友達と遊ぶ時間が楽しかったのを思い出させてくれるような歌詞になっていますよね。

宿題終わらなくても 約束が宝石みたいに 輝いてたら平気だよ 見たことない16時

この部分とか、学生時代のキラキラした感じとか、元気がある感じとか、根拠のない無敵感みたいなものが表現されているような気がして良すぎます!

 

「田淵さんが女性声優に提供する楽曲をユニゾンが演奏したらこうなる」とか、放課後ティータイムっぽい曲をユニゾンが演奏したらこうなる」とか、そういうifが現実になった曲みたいに感じます。

放課後ティータイムというのは2009年に放送されていたアニメ「けいおん!」に出てくる軽音楽部4人組のガールズバンドのことです。

もう13年前のことだなんて……驚愕!

ツイッターでも同じような意見をいくつか見かけたので、考えることは同じなんだなぁ~ってちょっと嬉しかったりもしました。

 

イントロのテケテケした音を聞いた時はフレデリックの曲はじまった?」って一瞬思ったりしました。

フレデリックにカバーしてほしい。

ニゾンフレデリックは何度か対バンで共演しています。

お互いにお互いのことをリスペクトしているみたいなので両方のバンドが好きな私はニッコリです。

そういえばPVの撮影場所がフレデリックの「ジャンキー」のPVの場所と似てる気がします。

ちなみにジャンキーのPVはフレデリック FREDERIC officialで見ることができます。
コチラです。

www.youtube.com

なんか映像見た感じ、背景とか似てませんか?

 

歌詞も結構面白いので、中でも気になったところを1つ書いてみます。

1番サビの

見たことない16時

だったりラストサビの前の

もう18時

など、時間が登場しますね。

これは放課後の遊べる時間が16時~18時だというのを表しているんだと思います。

また、これは考えすぎかもしれませんが、PVが高校っぽいのを踏まえると16と18の数字は、高校1年生の16歳や3年生の18歳も意識しているのかなぁと思ったりしました。

田淵さんなら1つの言葉に色々な意味を持たせるみたいなことをやりそうじゃありませんか?

分かりませんけど笑

 

放課後マリアージュは曲も可愛いですしPVもかわいらしい雰囲気で良いものですよ!

2番では狭い空間に斎藤さん、田淵さん、鈴木さんの3人がいて、とても楽しそうに演奏するシーンが見られます。

ここがもう素敵すぎて、コンテ切った人ホント天才です!

ありがとうございます。

 

放課後マリアージュの感想はこんな感じです。

 

まとめ

UNISON SQUARE GARDENのニューシングル「カオスが極まる」が素晴らしすぎたので、熱量のままに感想などを書いてみました。

結成18年目の2022年になってもスーパー最高ソングをバンバン爆誕させてファンを楽しませてくれるユニゾンさん、本当にありがとうございます!

毎日曲を聴いたりライブ映像を見たりして元気をもらっています!

私が生きている間はずっと活動してくださいお願いします!

まだユニゾンを聞いていないそこのあなた!!

今からでも聞きませんか?

そして一緒に応援しませんか!?

ニゾンはイイゾ。

これから行われるUNISON SQUARE GARDEN TOUR 2022 fiesta in chaosで「カオスが極まる」は間違いなく聞けるでしょうし「放課後マリアージュ」も多分聞けると思うので楽しみに待っておきます。

ちなみにZepp Fukuoka公演に行きます。

最初は日程的に参加が厳しかったのですが、なんとか仕事のスケジュールを調整して弾丸ツアーで参加できることになりました。

嬉しすぎる。

参加する方がいましたら、現地で会いましょう。

ルールとマナーを守って全力で堪能します!

 

この記事を読んでいただいてありがとうございました!

参考になったり面白かったりしたら、読者になるボタンのクリックや、コメントをしてもらえると嬉しいです!

モチベーションアップになりますので、よろしければお願いします!

それでは今日はこの辺で。

バイバイッ!