シュガーのファンタイム

ようこそ、シュガーです。音楽、ライブ、小説、マンガ、アニメ、映画など私の楽しいこと、好きなことについて書いていきます。コメントもらえると嬉しいです! 基本リンクフリーですが、悪質な利用はやめてくださいね。

映画 フライト・ゲーム (原題 : Non-Stop) 感想、レビュー

ようこそ、シュガーです。

また面白い映画を見たので、紹介したいと思います。

今回見た作品はコチラ!

「フライト・ゲーム (原題 : Non-Stop)」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フライト・ゲーム【Blu-ray】 [ リーアム・ニーソン ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/8/28時点)

楽天で購入

面白かったです!

それでは作品紹介やストーリー、感想、評価等を書いていきます!

例によって、私の個人的な主観による意見になります!

 

 

映画 フライト・ゲーム

作品紹介、あらすじ

フライトゲームは、2014年に公開されたアメリカのアクションスリラー映画になります。

107分。

メインキャストはリーアム・ニーソン

私の中では96時間シリーズのイメージが強い俳優です。

 

ストーリーはこんな感じ。

若干ネタバレ感が出ちゃってたらごめんなさい。

リーアムニーソンが演じる主人公のビルは航空保安官。

警備のために、ニューヨーク発ロンドン行きの飛行機に乗り込む。

飛行機が大西洋上空を飛んでいる時に、ビルの携帯に匿名でメッセージが届く。

その内容は「指定の口座に1億5000万ドル送金しなければ、20分ごとに機内の誰かに危害を加える(ブログのため多少オブラートに包んだ表現に変更)」というものだった。

ビルはメッセージの送り主を探そうと行動をおこすも、そんな彼をあざ笑うかのように犠牲者が出てしまう。

しかも、指定の口座はビルの名義になっていることが発覚し、それが知れわたったことで、国土安全保障省や乗務員、乗客からも彼自身が犯人なのではないかという疑いの目を向けられてしまう。

はめられてしまったのか?

味方のいない状況の中、ビルは犯人を捜しながら、乗客の命を救うことを決意する……といった感じです。

 

今回は、そこそこうまくあらすじを書けた気がします私的に。

 

感想、レビュー

めちゃくちゃ面白かったです!

私の満足度は、100点満点で表すなら85点はいってますね!

ビル(リーアムニーソン)の吹き替えは、96時間と同じ石塚運昇さん。

ポケモンのオオキド博士や、海外ドラマCSIマイアミのホレイ・ショケインでも有名な方ですね。

非常に残念なことに、2018年に亡くなってしまいましたが。

 

最初の方で、ビルが飛行機の離陸が苦手だという描写があって、何かトラウマになることがあったのかなぁ~と思いながら観ていました。

途中でビルが航空保安官だと分かった時には「いやいや仕事の選び方考えろよビル笑」とか心の中でツッコんだりもしましたが、本編は飛行機が離陸してから最後までずっとシリアスな雰囲気。

静かで張り詰めるような緊張感が流れていたかと思えば、ストロングなアクションシーンが来たりして、気づかないうちにずっと集中して見ていました。

 

犯人が狡猾で頭脳が優れた存在であることが、作品を面白くしていると思いました。

面白い、というかハラハラするというか。

メールの内容や、それを見てビルが何を考えて、どのような行動を起こすかを、犯行計画に織り込んで進めていましたからね。

作品を外から見ている私からすれば、ビルの行動を応援したい気持ちを持つのですが、犯人の巧妙な罠により、作品内の人物たちがビルを信用できないのも無理ないよなぁと思ってしまう状況になっていくので、ツラかったです。

海外ドラマ24(トゥエンティフォー)で、ジャックバウアーが捜査のために思いもよらない行動を起こして、関係者から疑われてしまい、身動きしづらくなるアレと似た感覚。

そんな状況を動かしたのが、ビルの真摯で正直な態度だったのは、すごく素敵だなぁと思いました。

 

終盤は、ハリウッド映画らしい派手なアクションが見られて嬉しかったです。

飛行機の備品の1つである酸素マスクを使って敵と戦うビルの姿は頼もしかった。

洋画では、能力の高い人間は何でも武器にしますよね笑

最後の、飛行機の副機長(≒副操縦士)が、覚悟を決めて自分の任務に忠実に取り組む姿は、格好良すぎて惚れそうでした。

よくやったぞカイル副機長! ホントに素晴らしい!

ヒーローだぞ! って感じで気持ちが高ぶりました!

 

あと、ビルが娘にもらったおまじないの魔法のリボンが、いい活躍をしてくれているのもニクい!

詳しくは言いませんが。

 

作品を見終わった後は、どっと疲れを感じました笑

自分が思っている以上に作品の世界に浸って集中していたのか、ひりついた緊張感や最後の派手なアクションシーンで、興奮して心臓がドクドクしていたのが分かるようでした。

大きく息を吐いて、静かに気持ちを落ち着けるように意識して呼吸をしていましたよ。

めちゃくちゃ入り込んでました。

面白かった。

 

物語の流れのつかみやすさは、普段から洋画を見ている人は全然難しくないと思います。

普段、日本の作品しか見ない方は、集中して見ないと振り落とされてしまうので注意!

 

とにかく面白かった!

映画館で見ればよかったです!

 

まとめ 

 アメリカのアクションスリラー映画「フライト・ゲーム」を見た感想を熱量と感情のままに書いてみました!

面白かったので、是非見てほしいです!

海外ドラマ24が好きな人は楽しめると思うので、チェックしてみてください。

……にしても離陸してからの、息苦しさを感じるような緊張感はすごかった。

空気を演出するのが上手い人たちが作った作品なんでしょうね。

ナイスb

 

もしこの記事が参考になったり面白かったりしたら、読者になるボタンのクリックや、コメントをしてもらえると嬉しいです!

モチベーションアップにもなりますので、よろしければお願いします!

また、おすすめの洋画がありましたら、コメント等で教えてもらえたら凄く助かります!

それじゃあ今日はこの辺で。

バイバイッ! またねっ!