シュガーのファンタイム

ようこそ、シュガーです。音楽、ライブ、小説、マンガ、アニメ、映画など私の楽しいこと、好きなことについて書いていきます。コメントもらえると嬉しいです! 基本リンクフリーですが、悪質な利用はやめてくださいね。

セットリストあり! シャニマス4thLIVE 幕張メッセ国際展示場1-3ホール公演 DAY1 DAY2 感想 レポート

ようこそ、シュガーです。

2022年4月23日(土)、24日(日)に開催された

THE IDOLM@STER SHINY COLORS 4thLIVE

空は澄み、今を越えて。

に参加してきました!

pic1

幕張メッセ国際展示場1-3ホールで開催された本公演。

私は運よく現地のチケットを入手できたので、シャニマスは3rdライブの東京ガーデンシアター以来の現地参加でした!

楽しかったり盛り上がったり感動したりと、色々な感情を味わいました。

感想、レポートを書いて行きます。

凄い良かったところもあれば、あまり刺さらなかったところもあったりして、完全に個人の主観です。

 

 

シャニマス4th_day1 シャニマス4th_day2

シャニマス4th DAY1 セットリスト

1 Spread the Wings!!

2 Ambitious Eve

3 abyss of conflict

4 革命進化論

5 Another Rampage

6 Timeless Shooting Star

7 Killer×Mission

8 パステルカラー パスカラカラー

9 ラブ・ボナペティー

10 OH MY GOD

11 Fly and Fly

12 PRISISM

13 スマイルシンフォニア

14 Secret utopIA

15 僕らだけの未来の空

16 今しかない瞬間を

17 クライマックスアイランド

18 拝啓タイムカプセル

19 相合学舎

20 Resonance⁺

21 シャイノグラフィ

22 虹の行方

 

シャニマス4th DAY2 セットリスト

1 Dye the sky.

2 Color Days

3 パステルカラー パスカラカラー

4 ラブ・ボナペティー

5 OH MY GOD

6 Fly and Fly

7 PRISISM

8 スマイルシンフォニア

9 Secret utopIA

10 僕らだけの未来の空

11 今しかない瞬間を

12 クライマックスアイランド

13 拝啓タイムカプセル

14 相合学舎

15 abyss of conflict

16 革命進化論

17 Another Rampage

18 Timeless Shooting Star

19 Killer×Mission

20 Multicolored Sky

21 いつか Shiny Days

22 Daybreak Age

 

シャニマス4th_DAY1 シャニマス4th_DAY2 感想 レポート

pic2

今回は、ユニットごとに感想を書いてみようと思います。

 

イルミネーションスターズ

諸事情により、開催直前に灯織役の近藤さんが出演キャンセルとなったため、真乃役の関根さんとめぐる役の峯田さんの2人でパフォーマンス。

灯織の歌唱パートは音を流して3人の声をお客さんに聞かせるようになっていました。

以前2人でのステージ時は、最初から2人でのステージと分かっていたため、灯織のパートを2人で振り分けて歌っていた気がしたので、今回はこう来たかぁ~という感じ。

時間が無くて変更が聞かなかったという大人の事情もあるかもしれません。

そこは仕方ないとして、スマイルシンフォニアがいい曲過ぎて感動しました!

元から大好きな曲ではありましたが、生のパフォーマンスを見て更に好きになりました。

テンポが良くてキラキラしてて感動的でもある。

シンデレラガールズのニュージェネレーションズの流れ星キセキみたいな曲だと思っています。

イルミネで1番好き。

今度は3人でのスマイルシンフォニア聞きたいです。

私もスマイルシンフォニア歌うの練習します笑

 

アンティー

何といっても三峰結華役の新キャスト希水しおさん初ステージでしょう!

先に結論を言うと、めちゃくちゃよかったです!

歌はうまいしダンスも迫力があるし、熱量もギラギラにこもっていて格好良かった!

歌の低音パートでも迫力を出せるし、ビブラートをきかせていたり、フレーズの最後で息を抜くような歌い方だったり、かなり前任の成海さんの歌に近いものがあるように感じました。

歌い方を寄せているなら技術が凄いし、素で近いならキャスティングお見事って感じです。

もし寄せているなら、段々と自分らしさを出すようにしてくれたら嬉しいなぁと思ったり。

クレヨンしんちゃんで声優が矢島晶子さんから小林由美子さんに変わったみたいに。

DAY1でのキャスト挨拶の時に、希水さんのあいさつの後のお客さんの拍手がめちゃめちゃ大きくて長くて、言葉を発することはできませんが「三峰結華を演じてくれてありがとう」「三峰結華役としてステージになってくれてありがとう」「ようこそ!」みたいに歓迎する雰囲気がこれでもかというほど会場にあふれていて、それを聞いて私まで感動してしまいましたよ。

暖かいファンを持ったコンテンツですね。

あと確かDAY2の終わりの挨拶だったと思うのですが、希水さんが「結華に出会ってから毎日楽しい」と言われていたのにグッときました。

他の人より後からの加入で、覚える曲数も多ければ人間関係もゼロから作らなければなりませんし、前任者と比較されたり、考えることも多かったりで、絶対楽しいばかりじゃなかったはずなんです。

それでもパフォーマンス中はそういう面を一切見せずにバチバチに格好良く決めていてさすがプロって感じですわ!

あと、途中で感極まって喋れなくなった希水さんのもとに、スッと現れて背中を支えてあげる八巻さんがマジで咲耶みたいだったし、ババーッて駆けつける礒部さんは恋鐘のようでした。

いいチームだなぁと、見ているだけで心が暖かくなりました。

それから、八巻さんの歌がめちゃくちゃ上手くなってて驚きました!

「使い古されたデュアリズム その目を睨んだ」のパートとか、こんな表現が適切か分かりませんがラスボス感というか魔王感すら感じる会場の空気の制圧力だったと思います。

これから先が楽しみです。

 

放課後クライマックスガールズ

初日は3人、2日目は白石さんが合流して4人のパフォーマンスでした。

放クラは楽曲のギャップがめちゃくちゃありますよね。

クライマックスアイランドは、ハチャメチャで楽しくて盛り上がってサイコー! 

みたいな感じで、

拝啓タイムカプセルは、テンポよくて盛り上がれるのに寂しかったり感動させてきたりしてヤバイ!

みたいな感じ。

これ伝わってるんでしょうか?

クライマックスアイランドの2番Bメロで果穂役の河野さんが「しゅっぱーーーつ!」を力強く歌っていたのが印象的でした。

放クラは果穂がエンジンなんだなぁって謎の感想を持ったりして。

拝啓タイムカプセルは、ゲーム内シナリオイベント「アフター・スクール・タイム」を思い出して感動しまくりでした。

あまりに良いコミュなので、長文感想を書いた記事があります。

sugarbitter.hatenablog.com

DAY2だったかもあやふやですが、「忘れないよ」のパートを夏葉役の涼本さんが歌われていたのは強烈に刺さりました。

上の感想記事でも書いたのですが、もし放クラに変化か訪れる時が来るなら、それって最年長の夏葉である可能性が高いと思うんです。

そんな夏葉が「忘れないよ」を歌うのは、色々な想像を掻き立てるし、今までが楽しくて仕方がないことも伝わってくるしで破壊力が高かったです。

放クラ、ずっと楽しそうに存在してくれ。

 

アルストロメリア

可愛いし癒されました!

パステルカラー パスカラカラーは、かわいらしい曲調と耳に引っかかる歌詞で、今までのアルストロメリアやBloomy!を思わせる曲ですよね。

1番2番は可愛いキラキラで行くのに、間奏でちょっと格好いいサウンドになったり、ダンスがクイックなものになっていたりして、色々な楽しみができるなぁと思いました。

ラブ・ボナペティートは、今までのアルストロメリアっぽくない、懐かしさを感じたり、童謡で使われていそうだったりする印象を受ける曲。

色々なステップが見られるダンスで、よく踊れるなぁと感心してしまいます。

センターステージの申し子ことアルストロメリア、今回もセンターステージをしっかり活用していてb

 

ストレイライト

また最高を更新していて心を射抜かれました。

私の座席が右側寄りだったのもあって、右側のステージでAnother Rampageを披露してくれたのは最高でした!

この肉眼で3人の姿を確かに確認したし、目に焼き付けました!

3人ともハイパー格好良かったですし、特に愛依役の北原さんが2番最初で歌うパート、歌声にめちゃくちゃ気合い入ってて最高にクールだったし熱かった!

あと、これまで見たことのない高速移動トロッコに度肝抜かれました。

流石に早すぎて、思い出すと笑っちゃうくらいだけど、なんか先へ先へと貪欲に進むストレイっぽい気もします。

Timeless Shooting Starも、言わずもがなの完成度で圧倒されました。

サビではバックのモニターにTimeless Shooting Starと力強い感じで表示されていたのも格好良かったです。

ストレイライト、どこまで進化するんでしょうか?

置いて行かれないように追いかけなければ。

 

ノクチル

1曲目の「いつだって僕らは」を思させる爽やかな2曲が聞けて嬉しかったです。

ノクチルはこの爽やかで駆け上がる雰囲気がたまらないんですよ!

ステージが両サイドからセンターに集まって来るようになっていたのも興味深かったです。

まるで、登下校の待ち合わせで段々と4人が揃ってくるみたいな感じ。

確か、透役の和久井さんと雛菜役の岡咲さんペア、円香役の樋口さんと小糸役の田嶌さんペアだったように思います。

なんかこのペア、ゲームをしていると分かるなぁ~って感じします。

今しかない瞬間をのクラップは、会場の色々なところで鳴っていて、ノクチルのことをみんなしかっりみて応援しているんだなぁと伝わって来て嬉しくなりました。

シナリオイベント天塵では、彼女たちを誰も見ていないという場面もありましたが、今はそうじゃないんだなぁと。

 

シーズ

こちらも凄まじいステージを見せつけてくれました。

ストレイライトと同様に右側のステージでパフォーマンスをしてくれる割合が高くて、肉眼で見られて最高でした。

Fly and Flyが格好良すぎ!

低音パート、ラップ、高音パート、ハモリ、シャウト、別のパートを歌う部分、バッキバキのダンス、すべてが格好良くて目が吸い寄せられます。

結構近くで見られたのが嬉しかったし思い出になりました。

山根さんのパフォーマンスは、ゲーム内での美琴のスキルの高さに説得力をもたらしてくれているように思います。

紫月さんは、発展途上であるにちかのスキルを超えるようなハイレベルなものを見せてくれるので、にちかの将来はこんな感じなのかなぁ~と思ったりしました。

このブログで何回か書いていると思うのですが、正直私はシーズが歌うジャンルの音楽はそこまで好みではありません。

ギター、ドラム、ベースというバンドサウンドが好きなので、音楽としてはノクチル、放クラ、アンティーカがドンピシャなんです。

でも、シーズのキャスト2人にあそこまでのものを見せつけられたら、そりゃ好きになりますよ。

格好良さがハンパない。

 

ライブコンセプト 過去 現在 未来

ユニットのパフォーマンスの前に、DAY1では、それぞれのアイドルが「現在」地点から「過去」の自分に手紙を書いたという演出がされていました。

DAY2では「現在」地点のアイドルが「未来」の自分に向けて手紙を書くような演出。

それぞれのアイドルの個性が現れた手紙の内容になっていて、クスッとできたり感動したりしました。

美琴が未来の自分に向けた手紙の最初が「何も無い」だったのを見て「どんだけ今この瞬間に全て賭けてるんだよ…」って思いました。

そのあと続きがあったのは、283プロに来て少し気持ちの変化があったりしたのかな?とか考えたりもしました。

美琴、報われてほしい。

 

Synthe-Side シリーズ

シンセサイドの3曲「Secret utopIA」「Killer×Mission 」「相合学舎」も披露されました。

ユニットがコラボした楽曲で、音楽性も混ざって言います。

新鮮さはありますね。

私の個人的な印象としては、あまり好みではないですけど。

それぞれのユニットの楽曲の特徴、例えばKiller×Missionではアンティーカの「シンフォニックメタル要素」とストレイライトの「デジタルロック要素」が混ざっていて、どちらも振り切れていない感じがしてしまいます。

シンフォニックとデジタルは相性が悪い気がします。

シンフォニックメタル界で知らない人はいないであろうRhapsody of fireのコンポーザー「ルカトゥリッリ」のアルバム「PROPHET OF THE LAST ECLIPSE」では、シンフォニックとSF要素を合体させたような音楽が繰り広げられていますが、これですら乗り切れないですから。

実際のキャストのパフォーマンスは良かったですが、楽曲が好みでないだけに「好きだーー!」とまではならなかったので、やっぱり印象は変わらなかったです。

イルミネ、シーズ、アルストの曲も、私はシーズに可愛さを求めていませんし、イルミネのキラキラと友情みたいな雰囲気もあまり感じないし、アルストのキュートさも中途半端な印象。

放クラとノクチルの曲も、放クラのエネルギッシュで楽しさ全開な雰囲気が薄いし、ノクチルの爽やかで疾走感があって駆け上がる感じも物足りない。

ユニットがコラボすることで新しいストーリーが繰り広げられたり、キャスト達の関係が深くなったりして、コンテンツの発展にはいいと思うんですけど、純粋に音楽としては……う~んって感じ。

 

ライブの感想はこのへんですかね。

 

これからのシャニマス

なんとーーー!

シャニマス初の対バンライブが決定しています!

それも2公演4日間!

283PRODUCTION UNIT LIVE SETSUNA BEAT

idolmaster-official.jp

・日程 

2022年8月13日(土)
2022年8月14日(日)

・会場

東京ガーデンシアター

・出演ユニット

放課後クライマックスガールズ

アルストロメリア

ノクチル

 

283PRODUCTION UNIT LIVE MUGEN BEAT

idolmaster-official.jp

・日程 

2022年10月22日(土)
2022年10月23日(日)

・会場

武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナ

・出演ユニット

イルミネーションスターズ

アンティー

ストレイライト

シーズ

 

最初に「対バン」という文字が発表された時は、普段参加しているロックバンドのライブの対バンのイメージで「他のアーティストとのライブ」を想像しましたが、ユニット同士のライブでしたね笑

発表の数秒間の間に頭の中の妄想でシャニマス」と「虹が咲」? とか、シャニマス」と「ナナシス? とか色々考えたんですけど笑

とはいえ、出演ユニットを減らせば、1ユニットあたりの持ち時間が増えるわけで、ユニット曲やソロ曲の披露が多くなってくるでしょうから、楽しさは増えますよね!

しかし、アンティーカ、ストレイライト、シーズの格好いい系にイルミネーションスターズを入れてくるのは驚きです。

絶対アルストロメリアたちの方でしょ笑

 

とにかく楽しみにしておきます。

 

まとめ

pic3

THE IDOLM@STER SHINY COLORS 4thLIVE 空は澄み、今を越えて。、シャニマス4thに現地参加したので、感想レポートを書いてきました。

DAY1は暑かったこともあって体力の消耗も多かったですが、感動や盛り上がりが味わえてよかったです。

現地情報で言うと、アンコールをするときに、会場の壁が全面LEDライトで、「THE IDOLMASTER SHINY COLORS 4thLIVE」という文字が何週も回っていたこと、紙吹雪がユニットの7色だったように見えたこと、トロッコでキャストを結構近くで見られたこと、柱でセンターステージが見えにくい部分があったことなどなど、色々ありました。

私のもとにも届いた紙吹雪はこれでした。

紫のアンティーカカラー。

pic4

あと、DAY2では隣のホールでマキシマムザホルモンSEKAI NO OWARI、Vaundy、BiSHが出演するイベントも開催されていて、幕張メッセはカオス状態でした。

人が多すぎて酔います。

2泊するようにしていて良かったです。

海浜幕張駅は入場制限が起きていたと思います。

有給休暇万歳!笑

 

この記事を読んでいただいてありがとうございました!

参考になったり面白かったりしたら、読者になるボタンのクリックや、コメントをしてもらえると嬉しいです!

モチベーションアップになりますので、よろしければお願いします!

それじゃあ今日はこの辺で。

バイバイッ! 

pic