シュガーのファンタイム

月間PV数16000達成! ようこそ、シュガーです。音楽、ライブ、小説、マンガ、アニメ、映画など私の楽しいこと、好きなことについて書いていきます。 コメントもらえると嬉しいです! 基本リンクフリーですが、悪質な利用はやめてくださいね。本ブログはプロモーションが含まれています。お仕事や献本等待ってます!

yama the meaning of life TOUR 2024 周南RISING HALL公演 感想 ライブレポート 音楽

この記事にはプロモーションが含まれています。

ようこそ、シュガーです。

2024年3月23日(土)に開催された

yama the meaning of life TOUR 2024

周南RISING HALL公演

に参加してきました。

私にとって初めてのyamaさんライブ!

楽しかったです。

ツアーはまだ続くのでセットリストのネタバレに配慮しつつ感想、ライブレポートを書いて行きます。

では行きましょう!

 

 

yama the meaning of life TOUR 2024

感想 ライブレポート

公演中以外は撮影OKでした

オンタイムで公演スタート!

バンドメンバー4人が登場した後にyamaさん登場!

青髪、仮面、上下白衣装という映像の中で見たようなビジュアルでした。

なんか「あの姿のままなんだ」みたいな感覚でした笑

ステージ上にはひし形をたくさん連ねた特徴的な照明が複数ありました。

 

ライブの雰囲気は、基本しっとりでところどころアップテンポな楽曲が入って来るようなイメージ。

盛りあがる曲も「熱い」という感じよりは「クール」な感じ。

yamaさんの生歌は繊細な歌声だなぁ~という印象が1番強かったです。

高音域をすごくきれいに歌っていて感動しました。

ファルセットと地声を自由に切り替えて歌っているというか、ファルセットを地声みたいに歌っているというか……そういう感じを覚えました。

高い音域はシュパーッみたいな感じできれいに聞こえてくるから素晴らしい。

低めの音域ではハスキーで奥の方からぐぐぅっと出てくるような印象でしたね~。

 

yamaチームのスタッフに2名の山口県出身者がいるらしく、MCで「熱血テレビ」のジングルを歌えばウケると入れ知恵されて、yamaさんが口ずさんでいました。

山口出身の人以外には伝わらないだろう地元ネタ。

全国ツアーならではですね笑

 

アンコール1曲目は日替わり楽曲になっているらしく、山口公演では私も好きな曲が披露されて嬉しかったです。

2曲目、おそらくyamaさんが1番歌っていると思われるとある曲で歌詞を飛ばすというハプニングがあってビックリしました。

フロアのみんなが大声で歌ってなんとかパフォーマンスに戻るというライブならではの場面でした。

 

MCの中ではツアータイトル「the meaning of life」について話されていました。

アルバムのタイトルにも使って、ツアータイトルにも固定して使っているこのタイトル。

最初は「人生の生きる意味」というのを目標としてとらえて名付けたと言われていました。

でも、活動を続けていくにつれて、苦手だったライブが少しずつ形になっていったり、ライブでファンと顔を見合わせることで伝わり合うものがあったりして、このタイトルのとらえ方が少し変わって来たと言われていました。

経験が重なることで物事のとらえ方とか自分のスタンスが変わっていくことって、誰もが多かれ少なかれあると思います。

ステージに立つアーティストでもそれは変わらないんだなぁ~ってちょっと親近感。

 

気になったのがコーラスが音源だったことです。

私が普段参加しているライブだと、コーラスも生なことが多いので意外でした。

バンドメンバーが全員男性だったので、女性キーのコーラスを担当するのは難しいんでしょうけど、そこがもどかしかったです。

 

あと、ライブ本編とは関係ないのですが、私のまわりにいた5人くらいのお客さんが内輪ノリみたいな感じで盛り上がっていて冷めました。

歌が歌われているのにフゥー!!とかyamaー!とか大声出してうるさかったですし、MCでトークが展開されているのに5人くらいで喋っていてノイズでした。

盛りあがるところと聞くところの判別がつかないのかな~? と残念でした。

もう少し客観的に自分を見る力を付けられないんでしょうか?

 

ライブが良かっただけにお客さんでマイナスを感じてしまうのは率直に残念。

私が神経質すぎるのでしょうか?

 

そんな感じ。

何度も言いますが、ライブは良かったです!

今から参加される方、期待していいと思います。

公演時間は1時間40分くらい。

 

周南RISING HALLについて

周南ライジングホールは山口県周南市にあるライブハウスです。

キャパシティは約550人。

山口県最大規模のライブハウスになります。

1Fスタンディングフロアが約450人、2F座席指定で約100人の会場です。

Zeppの小さい版みたいにイメージしてもらえれば分かりやすいと思います。

音が良くてステージも見やすい好きな会場です。

最寄り駅は徳山駅

新幹線も停まります。

この会場ができたことで、有名なアーティスト、バンドが全国ツアーで山口県でもライブをするようになりました!

コインロッカーは無かった気がします。

有料クロークはあります!

以前、徳山駅からRISING HALLまでの行き方を写真でまとめた記事があるので貼っておきます。

sugarbitter.hatenablog.com

 

まとめ

yama the meaning of life TOUR 2024 周南RISING HALL公演に参加した感想、ライブレポートでした。

初めてのyamaさんライブ、新鮮でした。

2024年は近場に気になるアーティストが来たら、出来るだけ行ってみようと思っているので、それの第1弾になりました。

普段参加しているロックバンドのライブとは文化の違いを感じる部分もあったりして貴重な経験でした。

今年はいろんなライブに行ってみたいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

参考になったり面白かったりしたら、読者になるボタンのクリックやコメント、SNSでの共有などをお願いします!

読者登録していただいている方、いつもスターをくださる方、ありがとうございます!

それでは今日はこの辺で。

バイバイッ!

www.amazon.co.jp

【DMM.com】DVD&CDレンタル【1ヶ月無料キャンペーン中】