シュガーのファンタイム

月間PV数14,000達成! ようこそ、シュガーです。音楽、ライブ、小説、マンガ、アニメ、映画など私の楽しいこと、好きなことについて書いていきます。 コメントもらえると嬉しいです! 基本リンクフリーですが、悪質な利用はやめてくださいね。本ブログはプロモーションが含まれています。お仕事や献本等待ってます!

インフルエンス・インシデント Case:01 男の娘配信者・神村まゆの場合 感想 レビュー 著者:駿馬京 イラスト:竹花ノート ライトノベル 電撃文庫 PR

ようこそ、シュガーです。

電撃文庫から発売されているライトノベル

著者:駿馬京 さん

イラスト:竹花ノート さん

インフルエンス・インシデント

Case:01 男の娘配信者・神村まゆの場合

を読みました。

第27回電撃小説大賞 銀賞受賞作!

すごく面白かったです。

感想、レビューを書いて行きます。

いつも通り個人的な評価です。

多少のネタバレが含まれると思います。

ではいきましょう。

 

 

インフルエンス・インシデント Case:01

内容紹介 ストーリー あらすじ

SNSの事件、山吹大学社会学部『白鷺ゼミ』が解決します!(多分)

 人気女装配信者「神村まゆ」として活動する男子高校生・中村真雪は、ある日SNSを悪用したストーカー被害に遭ってしまう。
 そこに手を差し伸べたのは、優秀だがエキセントリックな大学教授・白鷺玲華と助手をつとめる女子大生・姉崎ひまりだった。

「お願いします。僕を守っていただけませんか」
「任せて。お姉ちゃんたちが助けてあげるから!」
「まずSNSの原理である『六次の隔たり』の考え方に基つけば――」「教授ストップストップ!」
「……あ、あの。そもそも、なぜ僕はひまりさんの膝の上にずっと乗せられているんでしょうか?」

 女教授と女子大生と女装男子インフルエンサー)が、インターネットを起点としたさまざまな事件(インシデント)に立ち向かう!
 第27回電撃小説大賞《銀賞》受賞の新感覚ミステリー!!

内容紹介文は電撃文庫HPより引用

https://dengekibunko.jp/product/influence/322011000153.html

 

雨宮天×悠木碧『インフルエンス・インシデント』PV【電撃小説大賞《銀賞》】

www.youtube.com

人気声優の2人がメインキャラクタを演じるPVです。

悠木碧さんの声域の広さに驚かされます。

素晴らしい役者ですよね。

 

感想 レビュー 評価

お気に入り度を100点満点で表すと90点!!

 

SNSの絡む事件を解決していくミステリー。

若干サスペンスチックなところも感じました。

 

メインキャラクタは3人。

1人目は大学生の姉崎ひまり(あねさきひまり)

可愛いもの好きで格闘技の心得があります。

年下の男の子に母性を発揮する謎の癖を持っています。

2人目は白鷺玲華(しらさぎれいか)

大学の社会学部教授で専門はSNS

マスコミにも顔を出す有名な人物で、頭は切れるが生活力はからっきし。

3人目は高校3年生の中村真雪(なかむらまゆき)

女性のような外見をしており、男の娘配信者「神村まゆ」として100万フォロワーを誇る。

 

真雪がSNSを悪用したストーカー被害にあってしまい、白鷺ゼミに助けを求めるところから物語は始まります。

 

ひまりのキャラクタが好みでした。

可愛い男の子の真雪を甘やかしたり、膝の上にのせて見たりして、お姉ちゃんポイントという謎のポイントを稼いでみたり、玲華の無茶ぶりに漫才のように突っ込んでみたりと、ムードメーカーっぷりが伝わってきました。

彼女の存在が、本作を読みやすくしているのは間違いないと思います。

ただ、読んでいくとひまりにも苦い過去があると分かって来るんですけどね……。

 

現代の生活においてSNSは切っても切り離せないものだと思います。

X(旧Twitter)をはじめ、インスタグラム、TikTokFacebookなどなど、様々なサービスが存在していますよね。

インフルエンサーの方々は、大きな影響力を持っている反面、ちょっとしたことで炎上してしまったり、いきすぎた誹謗中傷を受けていたりするように思えます。

ネットの匿名性を盾に、安全なところから特定の相手を攻撃する人たちもいます。

本作では、こういったSNSの問題というかよくないところが、詳しく掘り下げられていて、それらが事件の原因になっていきます。

人ごとじゃないなぁと思いながら読みました。

1億総発信者時代を生きていく中で、言葉選びは慎重になりすぎるくらいでちょうどいいですし、アップする情報も精査しないといけないなぁと改めて実感しました。

 

最後の方はけっこう危ない事件にまで発展して、ひりついた空気が流れていました。

ひまりの活躍っぷりには「ひまりさん格好いい!!」ってなりましたよ!

惚れてしまいそうなほど格好良かったです。

振る舞いも、生きざまも、信念も、全部が素敵でした。

 

あと、ラブコメ要素もソコソコ楽しめます。

あまり書きすぎてもネタバレが酷いことになるので、ここでは控えますが……真雪がんばれ!!

私は応援するよ!!笑

 

適度な緊張感のあるミステリーを読みたい方や、女装男子が好きな方にはオススメできます!

 

試し読みはコチラ。

https://viewer-trial.bookwalker.jp/03/16/viewer.html?cid=c838607f-6b2a-4e4a-9759-573d2ed1bf95&cty=0&adpcnt=GDPL5fFl

 

まとめ

電撃文庫の「インフルエンス・インシデント Case:01 男の娘配信者・神村まゆの場合」を読んだ感想、レビュー記事でした。

こういったジャンルのラノベはあまりないと思うので新鮮でした。

キャラクタもストーリーも魅力的で、私は大好きでした。

続きも読んでいきたいと思います。

SNSは楽しいことのために使うように心掛けたいですね。

他人を攻撃する時間があるなら、その分だけ自分の楽しいことのために時間を使っていきましょう!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

参考になったり面白かったりしたら、読者になるボタンのクリックやコメント、SNSでの共有などをお願いします!

いつもスターをくれる方々、ありがとうございます!

モチベーションあがります!

それでは今日はこの辺で。

バイバイッ! 

www.amazon.co.jp

250,000冊以上の取り揃え!【DMMブックス】