シュガーのファンタイム

月間PV数16000達成! ようこそ、シュガーです。音楽、ライブ、小説、マンガ、アニメ、映画など私の楽しいこと、好きなことについて書いていきます。 コメントもらえると嬉しいです! 基本リンクフリーですが、悪質な利用はやめてくださいね。本ブログはプロモーションが含まれています。お仕事や献本等待ってます!

豚のレバーは加熱しろ (n回目) 感想 レビュー 著者:逆井卓馬 イラスト:遠坂あさぎ ライトノベル 電撃文庫

この記事にはプロモーションが含まれています。

ようこそ、シュガーです。

電撃文庫から発売されているライトノベル

著者:逆井卓馬 さん

イラスト:遠坂あさぎ さん

豚のレバーは加熱しろ (n回目) 

を読みました。

アニメ化も果たしたラブコメ×ファンタジー「豚レバ」おまけの1冊。

面白かったです。

感想、レビューを書いて行きます。

いつも通り個人的な評価です。

多少のネタバレが含まれるかもしれません。

では行きましょう。

 

 

豚のレバーは加熱しろ (n回目) 

内容紹介 ストーリー あらすじ

豚と美少女は、再会し――そして。物語のその後と、行く末を描く最終巻。

 “あれ”から一年が経とうとしていた。
「豚さんはすっかり、私がいないと生きていけない身体になってしまいましたね」
 嬉しそうに言うジェスの手には頑丈な鎖が握られている。
 鎖の先にはブヒブヒと鳴く一匹の豚――もちろん、俺だ。
 豚と美少女、二人の奇妙な共同生活がいま、舞台を変えて再び幕を開ける。

 “あれ”から四年後のメステリアでは、かつての旅の仲間たちが奮闘を続ける。
 英雄は遂に結婚式を挙げようとしていた。
 イノシシはかつての飼い主と再会。
 龍族の青年は双子の子守りに明け暮れていた。

 世界は刻々と変わっていくが、旅はずっと続いていく。
 これはそれをほんの少しだけ切り取った、おまけの一冊だ。

出典:https://dengekibunko.jp/product/butaliver/322308000294.html

 

感想 レビュー 評価

お気に入り度を100点満点で表すと80点。

 

私の印象としては、ファンアイテムですね、という感じ。

8巻まで読んでいれば物語はひと段落しています。

なので、これを読まなくても本編的には問題は無いです。

ただ、これを読めば豚レバの物語をもう少しだけ楽しめる、そういう立ち位置の作品だと感じました。

 

読めるのは「ノットとセレスのその後」だったり、「ジェスが現代にやって来る!?」だったり、「ヌリスとケントの出会い」だったり、「ずっと先の未来の話」だったり、「イツネとヨシュの過去から現在に至るまで」だったりです。

 

どれも面白く読めました。

ものによっては軽く読めたり、反対に結構重ためな話もあったり、幸せな話や未来に希望が持てるような話もあって、色々な気持ちになりました。

1番好きだったのは「ジェスが現代にやって来る?!」というようなお話でした。

お互いのことを思い合っていたのにお別れしないといけなくなった豚さんとジェスが再会できるお話になっていました。

再会に両者とも戸惑ったり、感情が爆発したりしつつも、なんだかんだで幸せそうだったので読んでいるこちらまで嬉しくなりました。

若干ヤンデレ気味な気配を感じるジェスの様子に怖さと興味深さを覚えたりもしました笑

あとジェスが現代の土地を訪れていくのはメステリアと世界観が全然違って不思議な感覚でした。

 

その他のお話では、話の流れで「青ブタ」だとか「ブタ野郎ですね」みたいなワードが使われていて「青春ブタ野郎シリーズじゃないか!?」とニヤリとできるところがあったりしました。

他には、本シリーズ作りに関わっているクリエイターの人たちのフェチズムが見えるような描写があったりして笑えました。

少し切ない気持ちになる話もあったり、登場人物が多くて仲間感を覚える話もあったりでバランスが良かった印象。

 

続きを書こうと思えば書けそうな気がしますが、これで本当に終わりのようです。

シリーズ通して楽しませてもらいました。

お疲れさまでした。

面白かったです。

 

豚のレバーは加熱しろ シリーズ感想記事リンク

当ブログで書いている豚レバシリーズ感想レビュー記事のリンクです。

一緒に見てもらえたら嬉しいです。

豚のレバーは加熱しろ 感想 レビュー

sugarbitter.hatenablog.com

 

豚のレバーは加熱しろ (2回目) 感想 レビュー

sugarbitter.hatenablog.com

 

豚のレバーは加熱しろ (3回目) 感想 レビュー

sugarbitter.hatenablog.com

 

豚のレバーは加熱しろ (4回目) 感想 レビュー

sugarbitter.hatenablog.com

 

豚のレバーは加熱しろ(5回目) 感想 レビュー

sugarbitter.hatenablog.com

 

豚のレバーは加熱しろ(6回目) 感想 レビュー

sugarbitter.hatenablog.com

 

豚のレバーは加熱しろ (7回目) 感想 レビュー

sugarbitter.hatenablog.com

 

豚のレバーは加熱しろ (8回目) 感想 レビュー

sugarbitter.hatenablog.com

 

豚のレバーは加熱しろ (n回目) 感想 レビュー

sugarbitter.hatenablog.com

 

まとめ

電撃文庫の「豚のレバーは加熱しろ (n回目)」を読んだ感想、レビュー記事でした。

原作もアニメも楽しませてもらいました。

逆井卓馬さん、遠坂あさぎさん、それから制作に関わったすべての方に感謝です。

逆井さんの次回作は青春ミステリになるとのことです。

好きなジャンルなので追いかけてみようかな?

お疲れさまでした!

 

この記事を読んでいただいてありがとうございました!

参考になったり面白かったりしたら、読者になるボタンのクリックや、コメントをしてもらえると嬉しいです!

モチベーションアップになりますので、よろしければお願いします!

それでは今日はこの辺で。

バイバイッ! 

www.amazon.co.jp

www.amazon.co.jp

250,000冊以上の取り揃え!【DMMブックス】 

 

国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイト!