シュガーのファンタイム

月間PV数16000達成! ようこそ、シュガーです。音楽、ライブ、小説、マンガ、アニメ、映画など私の楽しいこと、好きなことについて書いていきます。 コメントもらえると嬉しいです! 基本リンクフリーですが、悪質な利用はやめてくださいね。本ブログはプロモーションが含まれています。お仕事や献本等待ってます!

ジョン・ウィック:チャプター2 感想、レビュー (原題:John Wick: Chapter 2) 映画 洋画 アクション PR

ようこそ、シュガーです。

アメリカのアクション映画

ジョン・ウィック:チャプター2 

(原題:John Wick: Chapter 2) 

を見ました!

面白かったです。

それでは作品紹介やストーリー、感想、評価等を書いていきます!

いつも通り、個人的な意見になります!

ネタバレが含まれますので、ご注意ください。

 

 

ジョン・ウィック:チャプター2

作品紹介 ストーリー あらすじ

www.youtube.com

ジョン・ウィック:チャプター2は2017年に公開されたアクション映画です。

主演はもちろんキアヌ・リーヴス

122分の作品。

日本でのキャッチコピーは伝説の殺し屋VS世界中の殺し屋だそうです。

動画タイトル「今度は家かよ!」は笑えますね。

前回は「犬」でしたから笑

 

あらすじはこんな感じ。

前作で、亡くなった妻ヘレンが残してくれた犬と、愛車を奪われた復讐を果たした伝説の殺し屋ジョン・ウィック

彼は平穏な日常をおくっていた。

しかし、イタリアンマフィアのサンティーから新しい仕事を依頼をされてしまう。

裏の世界から足を洗い、静かな暮らしを望むジョンは仕事を断るが、サンティーノによって思い出の詰まった自宅をバズーカ砲で破壊されてしまう。

サンティーノの依頼は断れないもので、望まない仕事をすることになるジョン。

再び裏世界の壮絶な戦いに身を置くことになる……。

 

感想 レビュー 評価

お気に入り度を100点満点で表すと85点!

 

面白かったです。

今回もジョンによる容赦ない復讐劇を楽しめました。

前作に引き続きエンターテイメントは薄く、シリアスな空気感で作品は進みます。

サイバーテクノロジーを駆使したりもせず、とんでもない兵器を使ったりもせず、ひたすら自分の肉体とハンドガンで戦っていくジョンウィック。

 

ストーリーに難しいところは一切ないので、スクリーンやディスプレイに映し出されるものを純粋に楽しむ感じでOK!

頭を使わずに見られる映画になっています。

 

アクションシーンは格好良くて容赦がない感じで良かったです。

銃と肉体を駆使して、相手を徹底的にボコボコにしていく様子は、華麗さすら感じるので凄い。

 

ジョンに手を貸してくれる人物や、コンチネンタルホテルのサービスなんかも洒落ていて、見るのが楽しかったです。

ソムリエが銃のオススメを紹介してくれたり、戦闘用にスーツをオーダーメイドしたり、潜入するために建物の配置図を提供してくれたりして、準備の段階まで魅力的。

ジョンがソムリエに「デザートは?」と問いかけて、ソムリエがナイフを提供するあたりとか気が利いていて良かったですね~。

 

サンティーノから依頼された仕事のターゲットはジアナ

ジョンが現れたことで自分の置かれた状況を把握したジアナがとった行動は、痛々しくて苦しいのに、どこか芸術的で美しさも感じるもので、貴重な感情を味わいました。

映像も、幻想的とまではいわないものの、厳かで神聖な雰囲気を醸し出していたと思います。

 

復讐に身を投じたジョンは、自分の信念に沿って目的を果たします。

しかし、その過程でコンチネンタルを掟を破ってしまい、追放されてしまいます。

彼の強い意志がルール違反をしてでも目的を果たすことを優先したのでしょう。

見ている私は、コンチネンタルの支配人ウィンストンと同じく「なんてことを……」という気持ちになりました。

ウィンストンはジョンのことを評価していたと思うので、惜しい人材を除名することになってしまったという気持ちもあったと思います。

 

コンチネンタルを追放されたことが裏社会に伝わり、ホテルのサービスも使えなくなり、家に帰っても木っ端みじんになった残骸しか残っていない。

更に、裏社会の様々なところから命を狙われるようになってしまったジョン。

そのすべてを蹴散らしながら1人孤独に生きる人生となってしまった彼に救いはあるのでしょうか?

 

物語は第3作、ジョン・ウィック:パラベラムに続くようなので、見て行こうと思います。

 

ジョン・ウィック シリーズ感想、レビュー記事リンク

当ブログで書いているジョンウィックシリーズの感想、レビュー記事のまとめです。

一緒に見て行ってください。

ジョン・ウィック 感想 レビュー

sugarbitter.hatenablog.com

 

ジョン・ウィック:チャプター2 感想 レビュー

sugarbitter.hatenablog.com

 

まとめ

映画「ジョン・ウィック:チャプター2」を見た感想、レビュー記事でした。

前作を楽しめた方にはおすすめです。

復讐を果たすために様々なものを失ったジョン。

切なさや寂しさなんかを強く感じる終わり方になっていて、胸がきゅーっと締め付けられるような感じもしました。

彼が幸せになる未来は来るのでしょうか?

続編「ジョン・ウィック:パラベラム」を見ようと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

参考になったり面白かったりしたら、読者になるボタンのクリックやコメント、SNSでの共有などをお願いします!

読者登録していただいている方、いつもスターをくださる方、ありがとうございます!

それでは今日はこの辺で。

バイバイッ! 

  

【DMM.com】DVD&CDレンタル【1ヶ月無料キャンペーン中】   

www.amazon.co.jp