シュガーのファンタイム

ようこそ、シュガーです。音楽、ライブ、小説、マンガ、アニメ、映画など私の楽しいこと、好きなことについて書いていきます。コメントもらえると嬉しいです! 基本リンクフリーですが、悪質な利用はやめてくださいね。

終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? 感想 レビュー 著者:枯野瑛 / イラスト:ue スニーカー文庫 ライトノベル

ようこそ、シュガーです。

スニーカー文庫から発売されているライトノベル

著者:枯野瑛 さん / イラスト:ue さん

終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?

を読みました。

このライトノベルがすごい!2016の新作部門2位、総合部門5位にランクインして、2017年にはアニメ化もされた大人気シリーズ。

略称は「すかすか」や「終末な」です。

アニメを見て続きが気になっていたことや、新シリーズ「終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?」が発売されていることから、いつか原作を読もうと考えており、ようやくその時が来ました。

アニメ化した作品なので、多少ネタバレが多めになっています。

お気を付けください。

それでは感想を書いて行きます。

いつもの通り、私の個人的な評価です。

 

 

枯野瑛 ue 終末なにしてますか?(すかすか) 

終末なにしてますか?(すかすか)  内容紹介 ストーリー あらすじ

《人間》は規格外の《獣》に蹂躙され、滅びた。たったひとり、数百年の眠りから覚めた青年ヴィレムを除いて。
《人間》に代わり《獣》を倒しうるのは、《聖剣》(カリヨン)と、それを扱う妖精兵のみ。
戦いののち、《聖剣》は再利用されるが、力を使い果たした妖精兵たちは死んでゆく。
「せめて、消えたくないじゃない。誰かに覚えててほしいじゃない。つながっててほしいじゃない」
死にゆく定めの少女妖精たちと青年教官の、儚くも輝ける日々。

内容紹介文はスニーカー文庫ホームページより引用

URL:https://sneakerbunko.jp/product/shumatsu/321407000109.html

 

テレビアニメのPVがKADOKAWAanime(YouTube)にあるのでコチラも紹介します。

www.youtube.com

 

終末なにしてますか?(すかすか)  感想 レビュー 評価

お気に入り度を100点満点で表すと85点。

 

ネタバレ込みでざっくりと設定や世界観を説明します。

時代感は中世の西洋っぽい感じです。

獣種や竜種、鬼種など様々な存在が共存している世界。

かつては人間族が地上を支配していました。

人間族は、絶大な力を持つ武器である聖剣(タリスマン)を扱える種族だったからです。

しかし、突如現れた「十七種の獣」と呼ばれる怪物によって滅ぼされてしまいました。

よって、生命体は現在「浮遊島」という空に浮かぶ土地で生活を送っています。

主人公となるヴィレムは、ある事情から生き残った最後の人間族です。

十七種の獣は基本的に空を飛べないため、浮遊島が侵略されることは少ないですが、稀に例外があったりします。

また、十七種の獣が蔓延る地上に降りて、過去の遺産を浮遊島に持ち帰ろうとする「サルベージャー」と呼ばれる人たちもいます。

そのため、十七種の獣に対抗できる力が必要になってきます。

ここで登場するのが黄金妖精(レプラカーン)と呼ばれる存在です。

黄金妖精とは「自分の死を認識できないほどの幼さで死んでしまった幼子の魂が、迷い出たもの」とされていて、人間族しか使えないと言われていた聖剣(タリスマン)を扱えるのです。

少女のような見た目をしており、意思もしっかりと持っていますが、厳密には生きておらず、十七種の獣と戦うための兵器として扱われます。

人間族の生き残りであるヴィレムは、何の因果か黄金妖精たちを管理する任務に就くことになり、彼女たちと関わっていく……というお話です。

 

作品全体を流れている儚さや無力感が胸に刺さって、たまらない感情にさせられます。

兵器として扱われることや、戦いの中で命を落とすことを受け入れている黄金妖精のクトリやアイセア、ネフレン達の様子を見ていると、何の力にもなれない私は、名状しがたい苦しい気持ちになってしまいます。

でもヴィレムは、ただうつむいたり嘆いたりするのではなく、彼自身ができることを考えて行動して、どうにか物事がいい方向へ転ばないかと頑張っていて、感心しながら応援しながら読みました。

ヴィレム自身、自分の身を顧みないところがあるのは少し不安ですが、それはクトリ達のことを大事に思っていることの裏返しでもあると思うので、やめてほしいとも言い切れません。

本当に複雑な気持ちにさせられる作品です。

 

続刊が前提の1巻になっており、物語の気になるところで終わっているので、続きを絶対に読まなければなりません。

アニメを見たのがかなり前なので結構忘れている部分があったり、アニメでは描かれていなかったように感じる部分があったりもして、原作を読んでよかったなぁと思いました。

最後のページ、十七種の怪物の正体ってもしかして……?

 

私、気になります!

全巻買っているので続き読みます。

 

試し読みはコチラから↓

https://viewer-trial.bookwalker.jp/03/13/viewer.html?cid=d7f0372c-4e9f-47e4-a071-9f89bab18fa0&cty=0&adpcnt=GDPL5fFh

 

アニメの主題歌 DEAREST DROP 紹介

アニメ化した時のOP曲がめちゃくちゃいいので紹介させてください。

アニメでクトリを演じていた声優田所あずさんが本人名義で歌う「DEAREST DROP」です!

www.youtube.com

動画はランティスより引用。

 

畑 亜貴さん、田代智一さん、黒須克彦さん、田淵智也さん(UNISON SQUARE GARDEN)からなる音楽プロデュースチームQ-MHz(キューメガヘルツ)が手がけた楽曲になっています。

ハードだったり儚げだったりするサウンドと、作品の世界や登場人物の気持ちにリンクした歌詞で完成度高すぎます大好き!

歌もうまい!

聞いてください!

 

まとめ

スニーカー文庫から発売されているライトノベル 著者:枯野瑛 さん / イラスト:ue さん 「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」を読んだ感想、レビュー記事でした。

私的にはめちゃくちゃおすすめできるシリーズなので読んでほしいですが、この1巻だけでお話が完結しているわけではないので、その点はご注意を。

読むなら全巻読まなければ、という感じ。

既に2巻を読み進めているので、また感想を書こうと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

参考になったり面白かったりしたら、読者になるボタンのクリックや、コメントをしてもらえると嬉しいです!

モチベーションアップになりますので、お願いします!

それじゃあ今日はこの辺で。

バイバイッ! 

pic