シュガーのファンタイム

月間PV数16000達成! ようこそ、シュガーです。音楽、ライブ、小説、マンガ、アニメ、映画など私の楽しいこと、好きなことについて書いていきます。 コメントもらえると嬉しいです! 基本リンクフリーですが、悪質な利用はやめてくださいね。本ブログはプロモーションが含まれています。お仕事や献本等待ってます!

invert 城塚翡翠倒叙集 感想 レビュー 著者:相沢沙呼 講談社文庫 小説 霊媒探偵・城塚翡翠シリーズ PR

ようこそ、シュガーです。

講談社文庫から発売されているミステリー小説

著者:相沢沙呼 さん

invert 城塚翡翠倒叙

を読みました。

5冠を取った大人気ミステリー「medium 霊媒探偵城塚翡翠」の続編となる本作。

さっそく感想、レビューを書いて行きます。

いつも通り個人的な感想です。

肝心な部分のネタバレには配慮して書いて行こうと思います。

ではいきましょう!

 

 

invert 城塚翡翠倒叙

内容紹介 ストーリー あらすじ

★★★★★
★第20回本格ミステリ大賞受賞
このミステリーがすごい! 1位
本格ミステリ・ベスト10 1位
SRの会ミステリーベスト10 1位
★2019年ベストブック
さらに2020年本屋大賞ノミネート、第41回吉川英治文学新人賞候補
あまりの衝撃的結末に続編執筆不可能と言われた、5冠獲得ミステリ『medium 霊媒探偵城塚翡翠』待望の続編!

すべてが、反転。

あなたは探偵の推理を推理することができますか?

綿密な犯罪計画により実行された殺人事件。アリバイは鉄壁、計画は完璧、事件は事故として処理される……はずだった。
だが、犯人たちのもとに、死者の声を聴く美女、城塚翡翠が現れる。大丈夫。霊能力なんかで自分が捕まるはずなんてない。ところが……。
ITエンジニア、小学校教師、そして人を殺すことを厭わない犯罪界のナポレオン。すべてを見通す翡翠の目から、彼らは逃れることができるのか?

ミステリランキング五冠を獲得した『medium 霊媒探偵城塚翡翠』、待望の続編は犯人たちの視点で描かれる、傑作倒叙ミステリ中編集!

内容紹介文は講談社倶楽部HPより引用

https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000380401

 

感想 レビュー 評価

お気に入り度を100点満点で表すと80点!

「medium 霊媒探偵城塚翡翠」を読んだ後に読むのをオススメします!

 

大人気ミステリー「霊媒探偵・城塚翡翠」シリーズ第2巻。

面白かったです。

今回はタイトルにもある通り「倒叙集」です。

先に犯行が描かれて、探偵がトリックや犯人を明らかにしていくというスタイル。

有名どころで紹介すると「古畑任三郎シリーズ」のような感じです。

小説で紹介すると、井上真偽さんの「探偵が早すぎる」、東野圭吾さんの「容疑者Xの献身」などです。

 

さて、本編の感想、レビュー。

 

犯罪が起きた後に翡翠が登場して、そのたぐいまれなる洞察力で小さな違和感を逃さずに仮説を組み立てたり、大胆な行動で犯人の動揺を誘ったりして、犯人を追い詰めていきます。

翡翠があの手この手を使って、徐々に真相に近づいて行く様子にドキドキしました。

犯人側の視点も描かれていて、それも良かったです。

翡翠がジリジリに近づいて来るにつれて、犯人がハラハラギリギリしてくる感じも伝わってきます。

翡翠が推理をしていく中で、彼女の中で証拠が固まると、パートナーの真と読者に向かって「私は解決できるところまで来たけど、あなたは分かるかな?」みたいに問いかけて来るのも好きでした。

この本の中の世界を一緒に生きているみたいな感じを受けます。

 

ビジネスパートナーである真と翡翠の掛け合いも良かったです。

真が翡翠のことを

「殺人鬼と恋愛ごっこをすることでスリルと快感を得る変態ドS探偵」

と表現していたのには笑いました。

翡翠本人は否定していたように思いますが、やっていることはその通りなんですよね。

犯人と一緒に食事をしてみたり、犯人の職場に行ってみたりしていて、読んでいるこっちがヒヤヒヤしてしまいました。

でもそれが翡翠のやり方だし、実際に事件を解決に導いているんだから凄いし怖いですよ。

 

あとは、翡翠の言葉を通して作者の相沢さんが持つミステリー論みたいなものが見えたのも興味深かったです。

私としては、作者の主張があるのも自由だと思いますし、読者が作品をどのように楽しむかも自由だと思うので、「まぁまぁ……いいじゃないの」という感じでしたけど。

自分の創作活動や作品に強くこだわりを持つのは良いことだと思います。

 

少し感じたのは、やっぱりシリーズ第1巻の「medium 霊媒探偵城塚翡翠」が面白過ぎた、ということです。

ネタバレ防止のためにぼかして書きますが、メデイウムでは翡翠のパーソナルな部分がフリになっていて、最後に

うわ、やられたーーー!!

という感じをめちゃくちゃ受けたんですよね。

invertを読む段階では、読者は翡翠の人間的な特徴を知っているわけですから、メディウムほどの衝撃は無かったかなぁ~と。

面白いのは間違いないですが、インパクトはメディウムの方がすごかったです。

メディウムとインヴァートで楽しみ方が違うといえば違うのですけどね。

 

なんにせよ、楽しい読書体験でした。

続きも文庫化したら間違いなく購入します。

はやく読みたいです。

 

気になった方、試し読みからどうぞ。

BinB reader

kds-t.jp

 

『invert 番外編 城塚翡翠倒叙解説』

相沢さん書下ろしの番外編を、城塚翡翠古賀葵さん、千和埼真を田澤茉純さんが演じた番外編。

www.youtube.com

オーディオブックのために書き下ろされたようです。

 

相沢沙呼さん作品 感想記事リンク

当ブログで書いている相沢さん作品の感想、レビュー記事まとめです。

一緒に読んでください!

medium 霊媒探偵城塚翡翠 感想 レビュー

sugarbitter.hatenablog.com

 

教室に並んだ背表紙 感想 レビュー

sugarbitter.hatenablog.com

 

小説の神様 感想 レビュー

sugarbitter.hatenablog.com

 

小説の神様 あなたを読む物語 上 感想 レビュー

sugarbitter.hatenablog.com

 

小説の神様 あなたを読む物語 下 感想 レビュー

sugarbitter.hatenablog.com

 

マツリカ・マハリタ 感想 レビュー

sugarbitter.hatenablog.com

 

まとめ

講談社文庫の「invert 城塚翡翠倒叙集」を読んだ感想、レビュー記事でした。

mediumとは違った楽しみ方を提供してくれる物語でした。

面白かったです。

上では書きませんでしたが「午前零時」とか「サンドリヨン」とか、相沢さんのこれまでの作品を思わせるような言葉が出て来たりもして、ファンとしては嬉しかったです。

日常の謎を扱った青春ミステリー「酉乃初の事件簿シリーズ」の第1巻「午前零時のサンドリヨン」もめちゃめちゃおすすめなので、是非とも読んでみてください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

参考になったり面白かったりしたら、読者になるボタンのクリックやコメント、SNSでの共有などをお願いします!

いつもスターをくれる方々、ありがとうございます!

モチベーションあがります!

それでは今日はこの辺で。

バイバイッ! 

250,000冊以上の取り揃え!【DMMブックス】