シュガーのファンタイム

ようこそ、シュガーです。音楽、ライブ、小説、マンガ、アニメ、映画など私の楽しいこと、好きなことについて書いていきます。コメントもらえると嬉しいです! 基本リンクフリーですが、悪質な利用はやめてくださいね。

青春ブタ野郎はシスコンアイドルの夢を見ない 感想、レビュー 著者:鴨志田一 / イラスト:溝口ケージ 電撃文庫 ライトノベル

ようこそ、シュガーです。

電撃文庫から発売されているライトノベル

著者:鴨志田一 さん / イラスト:溝口ケージ さん

青春ブタ野郎はシスコンアイドルの夢を見ない

を読み終わりました。

青ブタ、青春ブタ野郎シリーズ第4巻。

感想、レビューを書いていきます。

アニメ化したエピソードの1つです。

小説としても当然おすすめ作品です。

 

 

鴨志田一 溝口ケージ 青春ブタ野郎はシスコンアイドルの夢を見ない

青ブタ 4  内容紹介、ストーリー、あらすじ

麻衣さんの中身がシスコンなアイドル妹に? フツーな僕らのフシギ系青春ラブコメ、絶好調の第4弾!
二学期。麻衣先輩との久々の逢瀬に浮かれる咲太を待っていたのは、非情にも「あんた、誰?」という麻衣の言葉だった。 どうやら思春期症候群により、麻衣の中身が誰かと入れ替わってしまったらしい。その相手とは、金髪ギャルメイクの新人アイドル豊浜のどか。彼女は麻衣の異母妹で、母親と喧嘩をして家出し、麻衣のマンションに転がり込んできたのだという。 元に戻れない二人は、お互いの振りをして生活を送ることに。麻衣は入れ替わってしまった原因に心当たりがあり、のどかも麻衣に言いたいことがあるようで――? ちょっと待て、もしかして解決しないと麻衣さんとのいちゃいちゃはおあずけ!? けどまあ、中身が麻衣さんならアイドルと付き合うってのもありかもなあ……。 フツーな僕らのフシギ系青春ラブコメ、「お姉ちゃんの体をエロい目で見んな!」なシリーズ第4弾!

内容紹介文はKADOKAWAホームページより引用

URL:https://www.kadokawa.co.jp/product/301504001477/


青ブタ 4 感想、レビュー、評価

満足度を100点満点で表すと85点!

 

思春期症候群と呼ばれる精神状態の不安定な思春期の男女に起こる不思議な出来事と、それに関わっていく主人公の咲太を描いた青春物語。

 

今回は豊浜のどか(とよはまのどか)という新人アイドルに思春期症候群が発症します。

のどかはシリーズ初登場となるキャラクタで、麻衣の母親違いの妹になります。

症状としては、のどかと麻衣の中身が入れ替わってしまうというものでした。

咲太はこれを解決するために2人と関わっていくことになります。

 

子供のころから子役として活躍し続けて今も女優として大人気の麻衣と、駆け出しのアイドルで知名度もないのどかの対比がテーマなんだと思います。

のどかが麻衣に対して劣等感を抱いてしまうのは分かります。

私には弟がいます。

社交性は私の方が高いですが(とはいっても少しだけ)、頭脳は弟の方が優れています。

進学した高校も弟は近場では1番の進学校でした。

私は、その進学校の1個下くらいの学校に行きました。

やりたいことが違ったので進む道が違ったのは当然で、劣等感を抱いたりはしませんでしたが、客観的に見て弟の方が頭脳が優秀なのは確かな事実でした。

分野や立ち位置が違うとはいえ、似たような感じなので私はのどかの気持ちが少しだけ分かります。

幸いにも私の両親は兄弟を比較して何か言うような人たちではありませんでした。

ただ、のどかは芸能という直ぐに目に見えてしまう世界に生きており、親からだけでなく世間からも比べられてしまうわけで、辛くて苦しい立場だなぁと読みながら思っていました。

さらに大変なのが、のどか自身が自分と麻衣を比較して自信を無くしていたところです。

中身が入れ替わってしまったことで、「外見が麻衣で中身がのどか」と「外見がのどかで中身が麻衣」の2人はお互いの仕事や生活を入れ替えて過ごすことになります。

外見が麻衣ののどかは、麻衣の仕事を代わりにやっていくわけです。

その中で、仕事の関係者から麻衣が熱い信頼を受けていたり、すごいプレッシャーの中でパフォーマンスを発揮していることを文字通り身に染みて実感します。

これで更に「お姉ちゃんはすごいのに私は……」という思考に陥ってふさぎ込んでしまうんですよね。

読んでいて私がツラくなってしまうくらいにメンタルにダメージを受けてしまう。

私は昔から「自分は自分、他人は他人」という考え方を持って生きてきたので、周りが何か言ってきてもそこまで気になりません。

咲太も似たような言葉をのどかにかけますが、それを受け入れるのはのどかには難しいようで、生きるのって大変だなぁと思わされました。

 

あることがきっかけで麻衣の気持ちを知ったり、のどか自身の気持ちを吐き出せた入りして、最後はいい方向に転がって良かったです。

咲太は今回控えめな登場でしたが、それでも所々で響くような言葉をかけていたり、行動を起こしていたりして良かったです。

なんだかんだ咲太って格好いいんだよなぁ。

麻衣が「咲太が思ってるより咲太のこと好きよ」なんてラブコメ的に美味しすぎるセリフを口にしてしまうのも分かります。

面白かったです。

青春と少しの不思議要素が絡んだ物語が好きな方に全力でオススメできます!

 

青ブタシリーズ感想記事リンク

当ブログで書いている青ブタシリーズの感想記事リンクです。

一緒に見てもらえたら嬉しいです。

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 感想、評価

sugarbitter.hatenablog.com

 

青春ブタ野郎はプチデビル後輩の夢を見ない 感想、評価

sugarbitter.hatenablog.com

 

青春ブタ野郎はロジカルウィッチの夢を見ない 感想、評価

sugarbitter.hatenablog.com

 

まとめ

電撃文庫から発売されているライトノベル 「著者:鴨志田一 さん/ イラスト:溝口ケージ さん の 青春ブタ野郎はシスコンアイドルの夢を見ない」の感想、レビューを書いてきました。

人間関係や登場人物の感情の動きを非常に丁寧に深く描いてくれる作品なので、それぞれのキャラクタへの愛着がどんどん湧いてきます。

次は咲太の妹であるかえでのお話になりそうなので楽しみに読んでいこうと思います。

 

この記事を読んでいただいてありがとうございました!

参考になったり面白かったりしたら、読者になるボタンのクリックや、コメントをしてもらえると嬉しいです!

モチベーションアップになりますので、よろしければお願いします!

それじゃあ今日はこの辺で。

バイバイッ!